ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

近畿令和鉄道旅 Chapter-16の解説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近畿令和鉄道旅 Chapter-16の解説

2019-11-25 23:10


    ●13番目のチェックポイント 橿原神宮

    橿原神宮は、駅から徒歩10分。
    初代の神武天皇が即位の礼を行ったとされる場所に、1890(明治23)年に創建されました。
    神武天皇陵も行ってきましたよ。


    日本の神話によると、神武天皇は日向から大和へ向かったとされています。
    日向というと宮崎県を想像するだろうと思いますが、この神話でいう「日向」には諸説あり、「九州のどこか」という以上のことは言えません。


    2月11日が「神武天皇即位の日=建国記念の日」である理由は、日本の神話で「旧暦の1月1日に神武天皇が即位した」とされているからで、旧暦の1月1日を現在用いられているグレゴリオ暦に換算すると2月11日になるわけです。

    注訳その1】元号の始まりは、神武天皇の時代からだいたい1200年くらい後の話です。
         念のため。
    注訳その2】当動画では、日本の神話(古事記や日本書紀といったもの)が絡む話では
         神話であることを表記するとか「~とされている」という一言を入れています
         記紀ってSFめいた要素とかもあって結構面白いですけど
         真実はどうでしょう、そうだったらすごいけど。っていうものなので。

    ●橿原神宮前11:03発 普通/京都行(近鉄8600系 8610F)
    では、次のチェックポイントに向かいます。
    ひとまず京都に向かいますので、橿原線の各駅停車に乗車です。


    乗車率50%程度といったところでしょうか。座席には座れました。

    ●大和西大寺11:40着

    すっごい平面交差。

    一般列車から特急まで。京都市営地下鉄や近鉄もチラッと映ります。
    映像でお楽しみください

    ●大和西大寺11:55発 特急/京都行(近鉄22000系)


    うーん、南大阪線が新型だったので旧型に乗りたい気もしたんですけど、仕方ない。

    近鉄京都線は初乗車だったので、車内から五重塔が見られるのは新鮮に感じましたね。

    ●京都12:42発 普通/亀岡行(JR西日本221系 キトK13)

    久方ぶりに感じるJR。嵯峨野線で梅小路京都西まで移動します。

    梅小路京都西駅を建設するにあたって、JRは、デルタ線(現在の梅小路京都西付近から東海道線大阪方面に伸びる線路)を“旅客列車・貨物列車ともに走らなくなり、梅小路京都西駅の建設の支障になる”として廃止しました。
    ●梅小路京都西12:45着

    あっという間に梅小路京都西に到着。
    ちなみに、嵯峨野線初のホームドア設置駅だったりします。

    次回、京都鉄道博物館に入ります。ではノシ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。