“新型コロナウイルス”に関するかをるなの対応(10/19更新)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

“新型コロナウイルス”に関するかをるなの対応(10/19更新)

2020-05-11 23:00

    いつも、かをるなの動画をご覧いただきまして、ありがとうございます。
    新型コロナウイルス感染拡大を受けた対応をお知らせいたします。
    2020/10/19更新。


    9月14日より条件付きで解禁しました。

    なお、当面は以下の条件を設けます。■10/19から一部変更■
    ▼宿泊を伴う長期の鉄道旅は自粛し、日帰りを原則とする
    ▼常時マスク着用する
    ▼撮影地に到着したら必ず手を洗う

    ▼混雑した場所を避け、人との距離がとれる位置で撮影する
    往来自粛」を呼びかけている2県での撮影は自粛する。
    ・群馬県(県民に対し東京都への不要不急の移動を自粛するよう呼びか
    けていることを踏まえて)
    ・佐賀県
    (首都圏との往来自粛を呼びかけているため)
    ※10/19から「往来自粛を求めている県」に絞って撮影の自粛を継続することにしました。

    ※9/26解禁…
    熊本県(不要不急の県外外出自粛の要請解除のため解禁)
    10/1解禁…秋田県(首都圏との不要不急の往来自粛を呼びかけが解除されたため解禁)

    10/19解禁…静岡、長野、愛知、福井、香川(自粛基準変更)

    ※10/12~10/18、東京都の人口10万人あたりの感染者は9.02
    ※うp主はCOCOAアプリDL済みです。

    ただし、
    ▼国が緊急事態宣言を発出したり
    ▼国や都が「外出自粛」「旅行の中止」を呼びかけ
    ▼国・都などの状況を鑑みて中止が必要と自主判断した場合
                     撮り鉄そのものを自粛いたします。


    10/19 NEW】2020-21年冬は、宿泊を伴う長期の鉄道旅を行わない可能性があります。
    2020年夏は、宿泊を伴う長期の鉄道旅を行いませんでした。
    2020-21年の冬については、東北への鉄道旅を計画している…と以前のブロマガでお知らせしましたが、新型コロナウイルスの感染拡大が収束しない中、仮に急速な蔓延が発生し自治体から急きょの自粛要請が出た場合に対応できない可能性が考えられるため、宿泊を伴うものとはしない可能性があります。「日帰りに縮小」するか「中止」するかを検討中です。


    新シリーズを開始しました「鉄道×コロナ」

    このシリーズは、新型コロナウイルスとの戦いを強いられた鉄道の“生き残りをかけた戦い”に焦点を当てています。
    ※「鉄道にも広がるコロナショック」は削除いたしました。ご覧いただきありがとうございました


    特報シリーズ「TOKYO発2020レ(列車)」は、全2回をもって打ち切りました。
    “東京2020大会”が2021年夏に延期となりました。
    国内でも感染拡大によって情勢が大きく変化し「東京2020大会に向けての変化をとらえる」という、この特報シリーズの役割を果たすことができないと判断いたしました。非常に中途半端なシリーズとなってしまいますことをご了承ください。


    【これまでの経緯メモ・2020年】
    2月25日~ 撮り鉄の自粛を開始
    4月7日~5月25日…緊急事態宣言 発出(東京都内)
    5月25日…“5月30日から条件付きで撮り鉄再開”とお知らせしました
    5月29日…撮り鉄再開時期を6月1日に変更
    6月1日…条件付きで撮り鉄を再開。
    【6月1日~6月18日に設けた、撮影にあたっての条件】
    ▼撮影地に到着したら 手洗い
    ▼マスクを着用(6月1日は除菌ジェルを“補助的なもの„として持参しました)
    ▼10時~15時のみ撮影可能とする
    ▼混雑した場所を避けて撮影する
    ▼東京都内のみで撮影する
    ▼ただし「国が緊急事態宣言を再発出」「東京都が東京アラートを発動」
     「国・都・世田谷区の状況を鑑み中止を要すると自主判断した場合」は撮り鉄中止

    6月2日…都が「東京アラート」を発動したため撮り鉄の自粛を再度開始
    6月13日…条件付きで撮り鉄を再開(6/1の条件と同様)
    6月19日…撮影に当たっての条件を変更。
    ▼10時~15時のみ撮影可能→解除。ラッシュ時間帯の駅周辺など混雑した場所での撮影は控えます。
    ▼東京都内のみで撮影する→関東1都6県と静岡・山梨で撮影する
     (6/28に、静岡・山梨・茨城・栃木・群馬は取り消しました。
      なお、6/19以降にこれらの県を訪問したことはありません)
    ▼東京アラートが事実上運用されなくなったため記述削除
    7月2日…東京都内で1日に100人を超える感染確認。自主判断で撮り鉄自粛開始
    7月16日都より、不要不急の都外への外出を控えるよう要請されました
    7月23日~26日の4連休、都が「外出はできるだけ控えて」と呼びかけ
    8月…都より「夏休みの旅行自粛」を要請されました
    9月14日…東京・神奈川・埼玉・千葉のみ 撮り鉄解禁
    9月21日…往来自粛」「往来について慎重な判断」を求める県を除き 撮り鉄解禁
    【9月21日からの、撮影に当たっての条件】
    ▼宿泊を伴う長期の鉄道旅は自粛し、日帰りを原則とする
    ▼常時マスク着用する
    ▼撮影地に到着したら必ず手を洗う
    ▼混雑した場所を避け、人との距離がとれる位置で撮影する
    ▼「往来自粛」「往来について慎重な判断を」呼びかけている2県での撮影は自粛する。

    9/21~撮り鉄を自粛する県は、秋田・群馬・静岡・長野・愛知・福井・香川・佐賀
    ・熊本
    9/26~熊本県は解禁、10/1~秋田県は解禁
    10月19日…撮影を自粛する県の基準を変更
          “「往来自粛」を呼びかけている県での撮影は自粛する”にしました

    10/19~静岡・長野・愛知・福井・香川は解禁

    ※当面の間、撮影日を動画の概要欄に記します。経緯メモと照らし合わせてご覧ください。


    このページをご覧の皆様におかれましても、撮り鉄の際は地域の状況や国の発表をご確認いただき、感染防止対策をしていただければと思います。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。