【ゲーム】テイルズオブベルセリアの話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ゲーム】テイルズオブベルセリアの話

2020-05-02 22:36
    1本目は「テイルズオブベルセリア」です。

    5時間前くらいにこのゲームクリアしたんですけど、いいなあ、と思ったので
    ツイッターに書き殴ろうともしたのですが、備忘録的に残したいこともあったのと
    新鮮なうちに抑えて文字にしておきたいところが多かったので、
    だらだらと書き残すわけです。
    物書き的にも読み返せると楽かなって思って。

    1.家族


    徹頭徹尾 家族 のお話を書くんだというのが感じられてとてもよかった。
    パーティーメンバー全員家族ないし家族と呼べる存在に対して問題があり、
    ストーリーの途中で出会うキャラ達もまたくどいくらい家族にまつわる話をする。
    テイルズにおいて家族関係に問題を抱えているキャラは多くいるけれど、
    ここまで問題のある人たちが集まったのは初めてだと思う。

    ここまでわかりやすくやってもらえると、結局何の話をしたかったんだ? となるユーザーは
    そうそう出ないと思うので、一周プレイするのに60時間かかるゲームシナリオのデザインとしてはとてもよかったと思う。60時間前のことは結構忘れますからね人間。
    同じくクソ長いJRPGというとペルソナシリーズがあるけれど、
    あれは寄り道で色んな人と出会って色んな問題とブチ当たるのを繰り返して成長していく、
    いわばペルソナシリーズのお約束が土台にあって(※個人の感想です)ベルセリアとはまた別のアプローチだな~などと思ったりする。
    個人的にはペルソナシリーズみたいな話の方が作りやす、そう。

    2.ド悪党な主人公一行の料理の仕方

    主人公であるベルベットご一行、もちろん本人達には流儀であったり信条があってのことだし、プレイヤー的には冒頭で今回の大ボスのヤバさを見せられているので、おうやっちまえベルベット! という感じだけど、周りのモブからしたらマジでただのヤバい連中でしかない。

    何人殺した? とかいうレベルではなく、街とか村とかついでに壊滅させるんだからすごい。
    昔は街を一個故意ではないにしろ破壊しちゃってめっちゃへこんだ主人公もいたっていうのにね。

    とはいえ、これはベルセリアの前作で世界観で直接関係のあるゼスティリアがあるからできたことなのだろうと思う。
    ゼスティリアにおいて、ベルセリアのパーティーメンバーはロクな目に遭わなかったり、
    そもそも彼らの戦いの後に待っているのはまた別種のヤバい問題であることが明示されていて、やっている途中も「でもこの後(ry)」という気持ちになった。
    だからこそ、モブからしたらまさしく災厄のような行いも許されるというか、
    つり合いがとれるのだろうと思う。
    ラスボスは結局己の業が具現化したようなベルベットに敗れ、ベルベットもまた、己の業のせいだけではないにせよ、大切な仲間たちがマジで酷い目に遭うのである。

    とてもじゃないがゼスティリア製作時点でベルセリアのプロットがあったとは思えないので
    ある意味逆転の発想というかなんというか、ようやったなという感じである。
    完結作品もようやってほしかった。ていうか諦めてないのでアライズは高いの買うよ。

    この辺インタビュー漁ったら出てきそうだけど、まあまあその手ので本当の事言ってるかわかんないことよく知ってるからね。

    3.サブキャラがかわいい

    どのサブキャラも凝ってた。パーティーメンバーと同じくらい、心血と愛情を注いで
    作ったキャラなんだろうなということがよく伝わってきた。
    というかモアナとかメディサとか、シリーズがシリーズなら仲間になる濃さである。
    でもこのゲームのパーティーは悪党しかなれないんだ…………

    ゲームの世界観を構成する上でやっぱりサブないしモブは凝れるなら凝った方がよいし
    キャラの人生までちゃんとしっかり考えてあげれば、ある程度よい結果となって返ってきてくれるだろう。これからもサブとかモブを出しすぎて抜き台本書く時に地獄を見ような。

    4.ご長寿シリーズを作るということ

    ン十年続くゲームのお話を書くのはとても大変そう! 当たり前の話である。
    一応自分も十年選手の作品を書いていたりするけど改めてそう思う。
    ベルセリアは間違いなくテイルズの中でもしばらくは極北であり続けるだろうし、
    極北が新たに見つかるからこそ、その道中で、あ、こういうのもアリなのか、
    という気付きが得られるんだろう。

    とはいえいまゲーム作るの金かかるから冒険するのも大変だよね。
    ほんとベルセリアよく企画通ったなって思う。
    アライズもそんな冒険心に満ちた作品であることを期待しつつ、
    テイルズオブシリーズがまだまだ続いていくことを願ってやまないし、
    一回ぐらい書きたいので、とにかく長生きしてほしい。

    で、アライズいつ出るんだっけ?
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。