【ゲーム】ポケットモンスターのお話の話 その1(ガラルとアローラとか)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ゲーム】ポケットモンスターのお話の話 その1(ガラルとアローラとか)

2020-05-25 19:14
    ぼちぼちDLCも来そうだからってんで、
    対戦はしないけどレイドバトル快適にやりたいし図鑑埋めたいなと思い立ち、
    ウルトラムーンを買ったんです。
    ちなみにアローラは初体験。アニメは見てたんですけどね。
    そしたらまぁ面白いこと!
    ただ、剣盾と若干テーマが近しい気もしたりしたので、
    考えをまとめがてら書いてみようとなったわけです。

    1.大人と子供の話

    基本的にポケモンって、子供がポケモン図鑑をもらって旅に出て、
    旅先で悪さしてる悪の組織をなんとなく壊滅させて、
    伝説のポケモンをゲットしてチャンピオンに、っていうのが
    言うならば構文みたいな形で出来ていたんですけど、
    第五世代であるBWから若干捻ってくるようになったんですね。
    どう捻ったかとかはやったのが随分前なのもあるのであんまり触れないんですけど、
    良くも悪くもNくんの存在はポケモンのシナリオ構造を大きく変えたなあと思うわけです。

    まぁそれでアローラとガラルのストーリーって、
    テーマに近しいものがあるなって思ったんです。
    ガラルはわかりやすく大人から子供への継承の話で。

    アローラも偉大な先代と自分を比べて悩んでたり
    毒親と色々あったりするんですけど、
    そういう子達に形は色々あれど、手を差し伸べる大人がいるんですね。
    ククイでありグズマでありクチナシであり……
    それ以前に同世代の主人公一行の友人関係も重要なんだけども。

    そういう大人達も子供からいい影響を受けたりもしてたりしてね。
    それって子供が主人公の作品においては当然の要素ではあるわけなんですが、
    こういうこと考えてると剣盾の、ガラルという土地に「ン?」ってなったわけです。


    2.開かれたアローラと閉じたガラル

    アローラってゲームでもアニメでもそうなんですけど、
    めっちゃ自由なんですよね。開放的というか。
    もちろんその裏には島キングとか島クイーンとカプの関係だとか、
    キャプテンになれない苦しみだとか、仄暗い土着信仰みたいなのもあって、
    一概に最高! ってわけじゃないんだけど。
    (島巡りの途中で死んだお子さん結構いそうじゃない?)
    グズマはグレちゃうしね。とはいえそのグレたグズマとスカル団も、
    結構洒落にならない悪さをしてるんですけど、アローラの人達って、
    困った子達やな~みたいなのんびりしたもんなんですよね。
    まぁほんとにやばいことしたらカプやキングがなんとかしてくれるだろみたいな
    安心感もあるのかもしれないけど……

    一方でガラルはというと、そもそも悪の組織がいない!
    それだけダンデやローズ委員長の威光が効いてたってことなんでしょう。
    個人的にあの地方の悪の組織はダンデじゃなくてローズが始末してると思う。
    表に出ない形で。その時にダンデを利用したこともあったかもくらい。

    そんな中で悪さしてるエール団なんてスカル団と比べたら月とすっぽんですよ。
    グレる程度が違いますわよ。の割に結構な言われようしてて可哀想。

    それでまぁガラルって色んなところで言われてるけど、
    完全に停滞した世界なんですよね。
    ダンデは最強だし。ローズ委員長の下で世界はうまくやれてるし。
    とはいえこの停滞した世界はほどほどに過ごしやすいので、
    そりゃ確かにムゲンダイナで一生エネルギーに困らなくしたら最高ですわ。
    あれでムゲンダイナのエネルギー転用がうまくいってたら鎖国とかしてたんじゃない?
    イギリスもEU離脱したしさ。
    一生ダンデのチャンピオンタイム見せられてもたぶんあの世界の人々は幸せなんだと思う。

    ただ、ソニアはそれなりに息苦しさも感じていたし、
    ホップも雁字搦めになっちゃったりするし、
    まあこのふたりは主人公と関わって吹っ切れていくんだけど。

    薄明では多様な役回りを求められるジムリーダーとして、ルリナやサイトウもしんどそうにしてたので、万人にとって完璧によいわけではないんだけど(まあどんな世界でもそうよね)あの人達は続けることを選択してるんですね。
    あのガラルという土地は停滞している故に、
    ファーストチョイスは「続ける」ことになっているなと。
    だからこそ後継者を見つけ、託す先があったポプラやネズがあの世界においては魅力的に見えるのかもしれない。


    でもガラルがああなったのはしょうがないなって思うんです。

    科学技術はポケモン赤青時代から剣盾になるにつれて現実の科学技術とほぼほぼ同じように進歩していて、さらにそこに、あの世界には便利なポケモンがいるわけで、そんな世界だったら
    まあこのままでいいじゃん……みたいな方向にいくのもやむなしだよなと。

    ワイルドエリアだって自然のままとはいえ街に囲まれてて、作られた箱庭感があるし(個人の感想です)とことんアローラとは対極だなあと思ったわけです。

    ガラルの街を移動する列車とかもなんかね、意味深に見えてきたりね。
    レールの上ね……

    すごい長くなりそうなので一回この辺で
    次はアローラとガラルの主人公のこととか色々
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。