ネズミと協力!PSVRのパズルアドベンチャー『Moss』レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ネズミと協力!PSVRのパズルアドベンチャー『Moss』レビュー

2018-05-13 18:29
    本作はQuillというネズミの少女を操作しつつ、また、プレイヤーは物言わぬ巨人として岩などを動かしQuillと協力して難所を突破していくPSVRのパズルアクションゲームだ。

    操作系は非常にシンプルで、Quillを移動(左スティック)、ジャンプ(×)、攻撃(■)というオーソドックスなスタイルで操作する。また、『物言わぬ巨人』として岩などの大きいオブジェクトを掴んで動かせる。PS4コントローラ自体がモーションセンサになっていて、L2/R2を押すと掴む/離すの操作ができる。



    まず特質すべきは美麗なグラフィックだ。ゲームは一冊の本を読む人物の視点から始まる。荘厳な教会の雰囲気、立ち並ぶロウソクたちの火の揺らぎ。その中にプレイヤーはただ一人立ち、本を読む。
    対して、本の物語は森の中から始まる。川を流れる水のせせらぎ、緑豊かな木々たちがプレイヤーを迎え入れてくれる。ゲーム中は前半を森、中盤を洞穴、後半を廃墟や神殿のような場所を探索する。どの箇所も非常に美しく、芸術的といって差し支えない。

    プレイヤーの視点は前方にジオラマを置いたような形になっている。左右や後ろを見回すようなことはほとんどない。ただし、時折フィールド自体が入り組んでいることがあり、上下左右から覗き込むような動作を強いられるシーンもある。それが本作のVRらしさであり、パズルに通常のゲーム以上の奥行きを作り出している。

    前述した通り、物語の主人公はネズミのQuillであり、たまに入るナレーションもQuillの状況を説明するように話す。素晴らしい物語も基本的にはQuillの気持ちになってプレイすることになる。
    ただ、このゲームの場合、プレイヤーは物言わぬ巨人としてQuillと協力する関係でもある。それ意識させられるシーンも多く、プレイヤーが謎解きに手間取っていると、Quillが『あっちのオブジェクトを動かすんだよ!』言わんばかりに身振り手振りで何かを伝えてくるシーンもある。また、難所をクリアするとQuillからハイタッチを求めてくるシーンもある。
    通常時はQuillの気持ちでプレイしながら、要所要所では彼女と協力する巨人の気持ちになれる。このバランスは秀逸の一言だ。

    総じて難易度は高くなく、誰にでもおすすめできる内容になっている。もしあなたがPSVRを持っていて、未だプレイしてないのであれば是非プレイしてみて欲しい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。