ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

S.IDE 26
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

S.IDE 26

2016-12-04 20:43
    いやはや、もしや、と思いましたが。
    井手正太郎選手が現役引退となりました。
    寂しいですね。
    あと少しで12球団からホームラン達成だったのですが。

    井手正太郎選手との出会いはなかなか面白いものでした。
    最初は「パワポケ11」でホークスにやたらミートの高い控え外野手で「井手正」っていて、「なんぞこの選手」と、思ったのがきっかけでした。
    それからちまちま追いかけていたら当時気になりだしていたいろんな球団から戦力補強していた横浜にトレードされました。

    それからのこと。
    横浜に来てからの井手は、

    2010年…サヨナラタイムリー打ったりトレード1年目で候補外、外野からは下窪坂本大西がクビになり森笠が引退

    2011年…出番がなく戦力外候補に挙がるものの桑外早川とそれ以上に鉄板だったのが2名いた為生き残る スレッジ桑外戦力外に加えて早川引退

    2012年…終盤まで昇格がなく(一軍に帯同練習はあった)今度こそクビかと思いきや終盤に2HR打つ執念を見せ残留 外野からの戦力外はなく吉村北がトレード

    2013年…前半に二軍打率2割未満ながら昇格するとヒットを打ち続け一時期は3番として活躍 故障で離脱するも打率3割をマークし当然残留 内藤森本ラミレスモーガン戦力外に加え小池引退

    2014年…序盤は主に代打で活躍しヤクルト戦でサヨナラタイムリーを打つも初の2試合連続HRを打ってから成績下降しクビかと思いきや執念の同点タイムリーを放ちやっぱり残留 野手の戦力外は少なく外野からは引退勧告された金城がFAで移籍したのみ


    ね。

    この「延命打者・井手」というものが、
    さらに私が応援するきっかけになりました。


    2010年補強組としても、
    スレッジ→解雇 清水直→解雇、引退 早川→引退 
    橋本→解雇、引退 杉原→解雇、引退 稲田→解雇、引退 
    松山→解雇 弥太郎→西武にトレード後解雇、引退 江尻→ソフトバンクにトレード後解雇、引退 
    篠原→引退 王→解雇 ハーパー→解雇 大家→解雇 ブーチェック→解雇 カスティーヨ→解雇



    唯一、この年まで生き延びたというのも一つあります。
    「この井手正太郎は絶対になにかやってくれる。」
    それからというもの、出るたびに期待しましたね。
    凡退しても、凡退しても、
    シビれる場面で決めるときは決める。
    そこが魅力でした。



    ”夏の暑い盛りに明治天皇(めいじてんのう)が崩御(ほうぎょ)になりました。その時私は明治の精神が天皇に始まって天皇に終ったような気がしました。最も強く明治の影響を受けた私どもが、その後(あと)に生き残っているのは必竟(ひっきょう)時勢遅れだという感じが烈(はげ)しく私の胸を打ちました。私は明白(あから)さまに妻にそういいました。妻は笑って取り合いませんでしたが、何を思ったものか、突然私に、では殉死(じゅんし)でもしたらよかろうと調戯(からか)いました。

    「私は殉死という言葉をほとんど忘れていました。平生(へいぜい)使う必要のない字だから、記憶の底に沈んだまま、腐れかけていたものと見えます。妻の笑談(じょうだん)を聞いて始めてそれを思い出した時、私は妻に向ってもし自分が殉死するならば、明治の精神に殉死するつもりだと答えました。私の答えも無論笑談に過ぎなかったのですが、私はその時何だか古い不要な言葉に新しい意義を盛り得たような心持がしたのです。
     それから約一カ月ほど経(た)ちました。御大葬(ごたいそう)の夜私はいつもの通り書斎に坐(すわ)って、相図(あいず)の号砲(ごうほう)を聞きました。私にはそれが明治が永久に去った報知のごとく聞こえました。後で考えると、それが乃木大将(のぎたいしょう)の永久に去った報知にもなっていたのです。私は号外を手にして、思わず妻に殉死だ殉死だといいました。”

    (夏目漱石 こころ 青空文庫より)




    私は井手正太郎の引退を聞いて、ふと、私もこうすべきかなと思いました。

    が、よくよく考えてみれば、
    勝手に動画で使って、勝手に応援して、勝手に辞める。
    なんとも阿呆でありました。今考えると反吐が出ますね。


     井手には変わった「美学」がある。「レギュラーを獲ろうとは思っていない。細く長くが一番なんです」。

    2015年、5月23日のスポニチの記事です。前日の22日に井手は同点二塁打、そしてサヨナラ本塁打を打ちました。とても強く印象に残っています。

    細く、長く―。

    私はまだ4年しか活動していません。でも、井手選手は15年。
    しかもこのあと球団職員としてイベントや野球教室でユニフォームを着るかもしれない。

    そういえば、もう井手のユニは買えないんですよね。残念でなりません。
    誰かお持ちでないものか。
    しかし、確か自分で文字を入れるユニが作れると聞いていますので、いつか作らないとなぁ。

    自分も15年ぐらい、やりたいですね。
    むしろ次に26をつけた濱口が引退するぐらいまで続けてやりたい。

    いつぞやツイッターで私が「ここで井手がHR打つから」とつぶやいたら、
    マジで打ってくれました。最高でしたね。震えました。

    いつぞやスレで「ワイも井手P好きやで」という文字を
    エゴサで見つけてグサっと来ました。
    がんばります。

    溢れる涙と一緒にMAXコーヒーをあおりつつ
                    井手正太郎P



    そして、

    皆様に謝罪することがございます。
    いろいろ作業を滞らせてしまいもうしわけありません。
    しかし12月、1月と長期休暇があるのでなんとかします。そこはやります。
    いろいろ時間がかかりまして申し訳ありませんでした。











    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。