• C90の後日談【3日目西n-06b・ひとゆめ】

    2016-08-15 07:17
    夏コミおつかれさまでした。
    サークルひとゆめ代表のタナカカズムです。
    物騒な話
    物騒な話もあがっていましたが、虚言で済んで何よりでした。
    この話はまた別にまとめたいとおもいます。あんまり楽しい話ではないですので。
    反省1「色」
    名刺の印刷所を買えました。仕上がりはもっともイメージに近いものでしたので◎。
    今回の新刊の表紙はかなり失敗でした。
    「どうしよう、色違う。申し訳ないな」という気持ちでいっぱいでした。
    かなり予算は厳しいのですがカラーキャリブレーション導入を本気で考えてます。
    あの情けない色でお渡しするわけにはいかない。
    反省2「線」
    売り切った後にエルさんに新刊交換で渡した自分の本を見返して線の緩急がなくモニターよりも画面映えしてないことに頭を抱えました。作画全般技量不足な点は長期的ですが、線の緩急は対策できた短期的な問題だったなぁと。
    反省3「頒布数の読み違え」
    委託サークルの主ことエルさんによるとボイロ勢は他のジャンルとは異なる動き方をすることを完売後に勉強させて頂きました。
    東方の延長で考えていたので大誤算でした。
    (私は東方にも出してます。次は紅楼夢でスペース頂いてるので、そちらです)
    頒布物の話
    サークル「L総合研究所」@eru_l_9687
    再販「結月ゆかりデータ分析2016」は持ち込み分完売でした。
    在庫はまだあるそうで10月のイベントで頒布されます。逃した! という方は是非。

    サークル「ひとゆめ」@TanakaKazumu
    新刊「二人の夏」は開始1時間足らずで完売しました。ありがとうございます。
    委託分もすでに完売しているようです。再販の予定はありません。



    今回はじめてのコミケでしたが、問題なく無事終えることが出来ました。
    皆さんおつかれさまでした。また次のイベントでお会いしましょう。

  • 広告
  • 地獄の塔マラソン自動化によるレベリングについて

    2016-08-04 13:00

    概要

    幻想人形演舞-ユメノカケラ-クリア後のクリア後経験値稼ぎである地獄の塔周回プレイを自動化し、効率的なレベリングを行う方法についてです。

    用意するもの

    • TinyTask(キー入力記憶・再生ソフト)
    • 狂気の地獄妖精 エシュアが全抜きできる人形1体(Eしずは...)
    • レベリングしたい人形
    • 予め育てる人形を手持ちに入れ、経験値UP装飾品をもたせておく

    方法

    TniyTaskを用いてキー入力を記憶、リピート再生することで自動化します。
    キー入力を記録する際は、キーの間に間をもたせないと、痛烈の表示やラグによってズレが発生します。そのため、長時間の記録はズレが発生しやすい傾向がありました。
    キー入力も最小に留めループさせたほうがズレが減り、安定します。
    • Ctrl+Alt+Shift+R→キー記憶開始・終了
    • Ctrl+Alt+Shift+P→キー再生
    • .rec形式で操作を保存できる
    • オプションからSet Reapert Caunt でリピート回数を決められる

    おすすめのキー入力記録の手順
    1. 人形箱前でCtrl+Alt+Shift+R
    2. Shiftで自転車から降りる
    3. ダッシュさせず塔に入り、エシュアの前で間を置いて話しかける
    4. テキストがしっかり最後まで表示されたのを確認し、間をおいて決定
    5. 連打しないこと
    6. スキルを順に選ぶ
    7. 一撃で倒した後連打しないこと
    8. 次の人形を処理するとき、痛烈メッセージが出ることを想定して間をおく
    9. リザルト画面で連打しないこと
    10. 間をおいてエシュアのテキスト読む
    11. 塔をでるが走らないこと、間をおいて入り直すか、回復へ
    12. 純狐に話かけるときも連打せず、間を置く
    13. 最後は人形箱前でShift→Ctrl+Alt+Shift+Rで記録終了

    キーの再生方法
    キーの再生は幻想人形演舞の画面を選んでいなければなりません。
    選んだ状態でCtrl+Alt+Shift+Pでキーを再生できます
    Set Reapert Caunt で回数を決めておくとその回数繰り返します。

    デメリット

    • 幻想人形演舞のウィンドウをアクティブにしていなければならない。
    • アクティブしわすれると回数がずれて面倒なことに
    • 途中でやめたい場合はCtrl+Alt+Shift+Pのあと、TniyTaskを終了。一旦幻想人形演舞を最小化したあとアクティブにするとキー操作できるようになる。

    参考記事(2016/08/04/アクセス)

  • 主催が読んでおきたい企画考察

    2016-08-02 18:56
    宣伝方法
    SUWAKOのトップ(必ず宣伝を入れよう)
    ツイッター固定ツイート(演舞ユーザーがフォロワーなら有効)
    生放送(生放送を見ているユーザーに限定される)
    動画(労力はかかるが、宣伝になる? 本家の踏襲か)
    人数の多い生放送におじゃまする(マナーを守って宣伝すること)

    わかりやすい要項を書くこと
    テンプレート参照。

    参加者のモラルについて考察すること
    時間をどこで削減できるか考察すること
    どこに大会の面白さが有り、時間削減がその面白さを削らないか考察すること

    既出ルール
    種族値の合計縛り
    コスト縛り
    33ルール

    廃案ルール
    ストーリーパーティの流用(ガチパやさとり、6体揃っていない場合などがある)

    考察中
    チーム対抗戦(嫁を使いたい人が集まらない
    ドラフト(時間がかかる
    装飾品縛り(逆手にとれる
    死に技しばり(活かし方があるため難しい

    66大会が流行らない理由
    • エンジョイ勢が多いため、66が嫌煙される。
    • サイクル戦の慣れが必要(演舞はサイクル戦が苦手な人(エンジョイ勢)が多い。
    • 読み合いが楽しみたい人向け
    • 単属性縛りなど、縛りによって読み合いの面白さが減ってしまう場合も
    • 長時間の対戦になりやすく、大変。