NGC「カルドセプトリボルト」生放送(ゲスト:金子昇、結)から感じた著名人とニコ生の相互作用。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NGC「カルドセプトリボルト」生放送(ゲスト:金子昇、結)から感じた著名人とニコ生の相互作用。

2016-07-23 02:24
    「ガオレッドがゲーム実況に参戦!」

    それっぽくキャッチコピーをつけるならこういう感じになるんでしょうか。NGC(ニコニコゲーム実況チャンネル)にて放送された、NGC「カルドセプトリボルト」生放送の最終回ゲストとして、俳優の金子昇さんと女優・タレントの結さんが出演されました。


    【参考リンク】
    金子昇:公式プロフィール
    結オフィシャルサイト

    ご存じない方の為に補足しておきますと、金子昇さんは同チャンネルのメインキャストでもあるえどさん”と同じ事務所だった頃があり、がっつりカルドセプトで遊びまくった経験があるそうです。
    一方結さんは直接的な関わりはありませんが、一時期NGCとも縁があった渡辺浩弐さんの番組によく出演しており、また、カルドセプトは先日行われたカルドセプトリボルトの公式番組でMCを担当した経験があります。つまりどちらも「ガチ勢」みたいなものです(「リボルト」単体で見ればまだやりこみ足りない所もあるようですが)。

    ゲームプレイの経験値があるというだけでも、十分期待できる番組になるだろうなとは素人考えで思っていましたし、結さんに至ってはこれまでの出演番組を見てきた経験から大丈夫だろうと勝手に思っていました。唯一未知数だったのが、仲が良いという事前情報があるとは言え、ほぼメディア仕事はテレビ中心の活動であろう金子昇さんが、ニコ生というメディアでどう映るのだろうというのが気になっていました。

    結果から言えば、ひょっとしたら金子昇さんの芸能活動史上、最も金子昇ではない金子昇を見せる事ができた番組だったのかも、という印象でした(といっても金子昇さんの活動を網羅してる訳じゃないのですが)。

    原因は実にシンプルだと思います。

    1.えどさん”との関係値が「よそ行き感」を消した
    2.ゲームが金子さんの「素」を引き出した

    これが絡みあった結果だと思います。
    とどのつまり、「友達ん家でゲームやってる状態」という事です。

    これはそもそも公式番組に限らず、ニコ生全般に言われている事なのですが、「子供部屋感」とでも言うべき空気感が心地よいのがニコ生の魅力の一つだと思います。

    結さんに関して言えば既に自分でニコ生もやっていた方なので、初出演とはいえ彼女がよそ行き感のない、素をさらけ出した状態で生放送できるのは想定できる事でした。ですが金子さんに関してはこういった放送に出演したという前例を知らない(無い?)ので、どうなるのかと思っていました。ですが結果は同じでした。見事に「友達ん家でゲームやってる金子昇(ある意味中の人)」になれたのです。

    こうなってしまえば、共演者とのやり取りを間違えない限りは後は野となれ山となれで突き進む事が可能になります。そして実際おそらく、想定よりも金子さんはゲームをやりたくなって深夜遅くまで出演してくれました。結さんも翌日仕事があったのですが、そこは必殺のフリーランスパワー。確か朝5時ぐらいまでやっていた気がします。放送時間が長すぎて振り返るのが大変という点を除けば( - -)大成功の放送だった気がします。

    ネット発のタレントがネットで素を晒すのは、ある意味王道ですが、今回の金子さんのケースの様に、バラエティに特化しているわけでもない、役者としてしっかり代表作がある人がこういった形で自分をさらけ出すのは、ある意味今後のニコ生、いやニコ生に限らずネット放送の一つの理想なのかもしれません。

    そういえば今では芸能界を引退された元芸人の上岡龍太郎さんがかつて、

    「テレビの笑いというのは、素人が芸をするか、芸人が素を見せるものや」

    なんて事を仰ってた記憶があります。
    そういう意味で言えば、芸能人が素を見せる事で成立した今回の番組は、上岡さん的に言えばテレビの笑いだったのかもしれません。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。