映画泥棒は逮捕されるのに、何故ゲーム実況者は逮捕されないのか。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画泥棒は逮捕されるのに、何故ゲーム実況者は逮捕されないのか。

2014-01-31 03:16
  • 7
※ぐっだぐだな長文雑談です。嫌な予感がするなと感じたら、迷わず撤退せよ!


CMとキャラ自体が有名になっている映画泥棒ですが、まぁリアルな映画泥棒が最近逮捕されたそうで。

でもよく考えたら、いやよく考えなくてもだけど、「人様のコンテンツを無断拝借して勝手にバラ撒く」という意味じゃ実況許諾の出てないタイトルのゲーム実況も、二次使用許諾の出ていない音源での歌ってみたも踊ってみたも同類なんですよね。

でもあの数十万再生余裕で叩き出すゲーム実況者も、生放送でゲーム実況もやっちゃう某歌い手さんも逮捕されてないし、それどころか実況放送や動画が消されたりもしない、なんて事が結構あったりする。

踊り手さんでも、例えばPerfumeならCD音源丸上げは割と消されるのに、踊ってみたのバックでCD音源を流している動画は不思議と消されていなかったりする。名を伏せなくても好きな人なら解る人もいると思いますが、某踊ってみた3人組なんて公式企画に出て、Perfume本人らに存在すら認知されている、つまりアーティスト側も存在を知っている状態なのに、彼らのCD音源丸流しの踊ってみたは一向に消される気配がなかったりする。

音楽関連でも、私が応援している某演奏してみたの人は、ゲーム音楽の演奏・アレンジで一部から知られるようになって有名になり、現在はミュージシャンをマネジメントする事務所に所属し、プロの音楽家になりました。

ゲーム音楽の多くはジャスラックなどの著作権管理団体ではなく、ゲーム会社自体が権利を信託せずに持っている事が多いジャンルです。その為、あのイトケンこと伊藤賢治さんでさえ、自分の曲なのにスクエニに権利がある曲はスクエニに許可を取らないと堂々と演奏できない、という状況が発生するぐらいです。

ですが、彼はプロになってもそうしたゲーム音楽の演奏・アレンジ動画を上げたままにしていますし、権利者側からも削除依頼は来ていません。ちなみに彼はスクエニの公式イベントにも出た事があるので、知らないから削除依頼してないんじゃないかというのは考えにくいです。

とまあ長々と書いてますが、何故こういう状況が発生するかというと、権利関係に興味のある方ならご存知だと思いますが、著作権違反は「親告罪」だからです。つまり「訴えられない限り話は進まない」という事です。なので前述した映画泥棒も著作権法違反での逮捕と書いてあったので、訴えられての逮捕の筈です。逆を言えば映画泥棒ですら訴えられないと逮捕されないのです。

法的に言えば悪い事なのですが、皮肉な事にゲーム実況文化はこの親告罪システムを利用する事で拡大、発展してきました。もしこれらが非親告罪だったら、それこそニコ動以前のピアキャス配信でゲーム実況をやっていた時代にでも逮捕者が出て、ゲーム実況者は撲滅され、ゲーム実況という概念すら定着しなかったかもしれません。

ですが、未だ違法の巣窟であるニコ動もYOU TUBEも潰されないどころか、権利者側が公式にメディアとして利用するケースがどんどん増えています。角川などはかつてMAD動画の公認化なんて事もやったりしました。著作物の無断使用、無断改竄、無断配信というどこをどう切っても違法しか出てこないMADすら公認するというのは、著作物の権利を持つ会社として考えれば、本来正気の沙汰じゃありません。

ですが彼らは「違法コンテンツ許すまじ」で完全撲滅する方向には動きませんでした。それは乱暴に言えば「利害」の「利」、つまり権利者側にとって得になる部分がある、と判断したからに他なりません。

公式に作られた物で無い限り、MADは無断で作られたコンテンツです。それは言い換えれば「権利者が一切のコストを払っていないコンテンツ」という事でもあります(まあ元映像を作ってる時点のコストはありますが)。

つまり権利者からすれば、これらを全て排除するのではなく、公認としてそのまま許してしまえば「権利者側のコスト0で作成された映像コンテンツ」になる訳です。仕事として、お金をもらってもいないのに作りたい人がいるのなら、だったら好きに作らせといて、ええもんは許可してそのままに、悪いもんは削除依頼出して退場してもらう、とした方が権利者にはお得な話なのです。

角川は公式のお墨付きをつける、というスタイルを試しましたが、その他の権利者・組織はそこまで踏み込まず、「黙認」という選択肢を利用している場合が多いかと思われます。下手に公認してしまうと「あれは消されたのに似てるこっちは何故消されないの」みたいに延々と揉め続ける事に成りかねません。

ゲーム実況も歴史が積み重なった事で、多くの実況者が任意の線引きを行う様になりました。一番多いパターンは新作は実況しない、というものです。したがって新作市場の存在しないレトロゲームをやっている実況者も結構います。まあといってもゲームアーカイブスの様に公式エミュレータで販売しているレトロゲームもあるので、古けりゃ大丈夫というわけでもないのですが。

こうして違法ながらも双方の利害の絡み合いもあって発展していったゲーム実況文化ですが、現在ではガイドラインを権利者が提示したり、そもそも完全実況OKにしたりして、必ずしも「ゲーム実況者=違法配信者」という状況ではなくなりました。このシステムが出てくるまで、ゲーム実況界で完全に合法でゲーム実況をやれていたのは、途中からプロに転向して法人化し、現在は「ニコニコゲーム実況チャンネル」を運営しているえどさん”&ふみいちぐらいでした。

それでもゲーム実況黎明期には、彼らは完全に合法だったにも関わらず、金を稼いでいるという点が気になるのかアンチをよく見かけました。有償でやる合法実況者よりも、無償でやる違法実況者の方が偉いというのはそうとうおめでたい思考回路なのですが、それもまぁ未熟な時代だったのでしょう。

ちなみに業界としては真っ白な立場の実況者の方が依頼しやすいらしく、えどさん”&ふみいちはプロ化から約5年経過した現在でもゲーム実況で生計を立てていて、週6本のレギュラー実況放送を抱えています。ですが、動画再生数や生放送の来場者数だけでみれば、彼らより数字を叩き出す実況者は他にもいます。それでも彼らに仕事が集中するのは、その立場の明確さと、長年「宣伝媒体としてのゲーム実況」をやり続けた故に貯まった放送ノウハウという「企業秘密」があるからだと思われます。

未許諾実況者は基本、「宣伝の為のゲーム実況」という目的を背負わされません。だからこそフリーダムにやり、結果それでファンも付く訳ですが、それでは「面白いゲーム実況動画/生放送」のノウハウは貯まっても前述の宣伝ノウハウは必ずしも貯まりません。かといって宣伝を意識した実況を公式でやると「●●は公式出るようになってつまらなくなった」と言われたりするのです。それは実況者本人にそういうノウハウが無い事に加え、ファンも宣伝ではない「ゲームプレイを通じたお笑い動画/生放送」としてゲーム実況に接しているので、必然的にそういう反応になりやすいのです。

抱えているファンの方向性を如実に表すエピソードがある。かつてえどさん”&ふみいちが番組内で「風ノ旅ビト」を面白いゲームだと話した事があった。すると、視聴者から膨大な量のアクセスが発売元のSCEに来たらしく、後日「何かしました?」と直々に連絡があったそうだ。どこからアクセスしたのか調べてみたら大半が彼らの放送からだったそうだ。こういうファンを多く抱えているのは、宣伝としてのゲーム実況を長年続けてきたからだからこそだと思います。具体的な「楽しそう」が実況から見えてくる→買う→やっぱり楽しいという連鎖が彼らへの信頼の連鎖となる。結果、実況を依頼するクライアントが増える。という好循環が生まれているのです。それはやはり、彼らが早いうちに立場を明確にしたからこそ得られたものだと思うのです。


広告
×
どこまでやっていいか、やってはいけないかという線引きは明文化してほしいね。
著作権が非親告罪化して厳密に適用されたらイラストも音楽も動画も二次創作は全て全部ダメになる。
創作活動全体が萎縮するのは間違いない。
63ヶ月前
×
ゲームは下手だから見てる方がいい派の人は置いといて、
ゲームはプレイヤーが遊ぶ事で完成する代物だからってのはある。
63ヶ月前
×
妹のラノベゲームを発売まもなくで実況したら原作者から訴えられて削除されて云々ってあったから
黒なんだけど、現状権利者側がメリットを感じてるのか放置してるだけじゃないの?だからTPPで著作権関連も来ちゃったら
たぶん、ゲームの実況動画もアングラに潜るかつぶされるのかの二択になりそうだ
63ヶ月前
×
ゲームにしろなんにしろ、娯楽は人に知られることが第一段階。知らなければ好きも嫌いもないからね。
ゲーム実況が黙認ないし認められているのは、そのゲームを知るいいきっかけとなるからだろう。
ただし、それは同時にゲーム会社の影響より実況者の影響が大きくなったということ。あるいは会社の宣伝云々がそれだけ小さな存在になった。
63ヶ月前
×
逆に会社側が損害だと感じるケースってなんだろうね
キャサリンなんかはネタバレ嫌って実況禁止してたけど、ネタバレが致命的なゲーム(サウンドノベルとか)でも黙認されてたりするよね
63ヶ月前
×
あ、と、外国人のゲーム実況は画面うつさないでリアクションだけ見せてることが多い。たぶんすぐ訴えられるからだよね
損得勘定以外にも、単純に訴訟文化が根付いていないのも影響が大きいんじゃないかな~
63ヶ月前
×
訴えるのは権利者である制作会社であって、その権利者が自分らにとって利益になるなら訴える必要がないんだよ。
63ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。