サイバーエージェントがゲーム実況者を200人も携えてるらしいが、果たして実況者は食えるのだろうか。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

サイバーエージェントがゲーム実況者を200人も携えてるらしいが、果たして実況者は食えるのだろうか。

2015-06-21 17:13
  • 15

※6/22追記
ニコニコの運営さんが勝手に【話題の記事】としてニコ割にピックアップしておりますが、コメント数をご覧頂ければお解りの様にたいして話題にはなってません( - -)。あとニコ割では

>かのリア充企業がゲーム実況者を200人携えてるらしいが、果たして実況者は食えるのだろうか

という文言になっていますが、この記事のタイトルをご覧頂ければお解りのように「かのリア充企業が」というのは運営さんが勝手に改題したものです。私は別にサイバーエージェントさんにそんな恨みはありませんのであしからず。



>渋谷クリップクリエイト、ゲーム実況に特化した動画プロモーション
「PLAY CLIP」の提供開始 200名を超える国内最大のゲーム実況主ネットワークを構築
(株式会社サイバーエージェント) https://www.cyberagent.co.jp/news/group_press/id=10282

だそうな。以前私はインフォ・スパイシーという会社がゲーム実況者を50名以上携えている(2013年時点)と書いたことがあるが、まさかの4倍である。てか50名ですらそんな人数のゲーム実況者の名前に心当たりがないのだが、200名ってそりゃ過疎レベルの人いるんじゃねーのってレベルの人数だ。

にしてもインフォ・スパイシーさん絡みでもそうだが、今回も案の定200名って規模なのに、私の知っている(たぶん)有名な実況者からこんな話が出たのは聞いた事がない。せっかくなら完全顔出し(マスクやグラサンは対象外)の有名実況者ぐらい引っ張りだしてアピールしてもいい気がするのだが。まぁ、そんだけゲーム実況者の多くは「組織との関わり」を匂わせたくないという事なのだろうか。

「再生回数保証モデルや成果報酬モデル」という言葉が並んでいるので、おそらくこの組織が仲介して何らかのゲーム実況依頼を受け付け、それを各実況者に通達し、それを元に実況者はゲーム実況を行い、そして再生数などを元に実況者に謝礼が支払われる。といったYouTubeタイプのやり方になるのだろうか。

ここらへんのシステム構築の仕方次第で話は大きく変わる。この組織が単なる「仲介人」でしかないなら、正直別にここに依頼しなくてもいいんじゃないか?という気がする。別に依頼などかけなくても、ゲーム会社側でルール策定して、「実況OK」のGOサインを出せば彼らはゲームに飛びついてくれる筈だ。そこに依頼料などいらない、彼らは合法的に実況やっていいというお墨付きが欲しいのだし、既にメーカー側の懐があまり傷まない形でゲーム実況を促す方法論はニコ動も稼働している。それでもわざわざサイバーエージェント(の子会社)に金を払ってよくわからない実況者にゲーム実況をお願いする人などいるのだろうか?

ゲーム実況者のやる事をコントロールしたい。つまり勝手に実況させるのではなく、事前の打ち合わせを元にゲーム実況のプランを練りあげたいという会社がある場合は、もはや仲介人ではなくゲーム実況者本人と打ち合わせした方が話が早い。だったら仲介人に払う仲介料を実況者本人に回してより打ち合わせの精度を高めればコンテンツもコントロールできるし、実況者もギャラが増えるしでWIN-WINの関係である。

とまあ、考えれば考えるほど、このサイバーエージェント(の子会社)の仕組みは謎が多い。果たしてこんなシステムに乗っかるゲームメーカーはあるのだろうか?そしてあったとして、実況者たちにメシを食えるだけのご褒美(ギャラ)が貰えるのだろうか?


※喋りたくなったのでお喋り版もつくってみた

広告
他5件のコメントを表示
×
普通にバナー広告感覚で小銭でも貰えればいい程度なんじゃね?
48ヶ月前
×
インディーズや地方局、深夜枠ではっちゃけてた番組が
キー局ゴールデン周辺に配置されて毒抜きされててガッカリって感じの

ビジネスモデルと安全性で作品の角を削られて有象無象の番組郡って事になりそう
48ヶ月前
×
「何これおもしれーww」しか言わない提灯実況プレイが増えてるわけだわ。しかも見てる側には何が面白いのか全く伝わってこない。
48ヶ月前
×
こういう記事を見て、本当にプロを目指す人が現れないことを祈る。
48ヶ月前
×
ギャラを発生させる実況にどういう役割を与えるか、ギャラが発生せず人気になっている実況者と比較してどういう立ち位置の差別化を図るか、いやそもそもゲーム実況が娯楽の1ジャンルとしてどういう種類になっているか、正否はともかくとしてもきちんと分析し方針を打ち出している人が手がけないと「コレジャナイ」で終わる予感しかしない……し、逆に言えば分析して新しいビジネスモデルとしてつくり上げることもできると思う。
同じゲームだって、※3さんが仰ってるように自由気ままにやってる実況の方が受けるのとスキルがある人の実況が受けるのとで違いはあるだろうし。

何にせよ今後に期待する面は大きい。
「会いにいけるアイドル」が究極的に定着した、すなわち「会いにいけるアイドル」の価値が普遍的になった今だからこそのビジネスだとも思う。
48ヶ月前
×
こんなの既に自力で有名な人に金渡して
最近見つけたこの人面白いwwww(RTされた相手がこの組織所属)
ってルート使えば余裕だよ

有名歌い手にコネのある事務所が
無名だけど歌が上手い新人を動画サイトつかってブレイクさせる時にやるルート
48ヶ月前
×
ゲーム実況、さすがにスプラトゥーン多すぎない?こんなに実況する人が多いのに日々増えてく不思議。
イカ動画ばっかり何人分も実況見れないよ(笑)
48ヶ月前
×
いるわけねーだろ・・・
48ヶ月前
×
大体ゲーム実況者とかユーチューバーはおいしい思いをしてるかもしれんが、
「それ」だけで今後食っていけると思ってんのかね
40、50代とかになってもまだゲームばっかやんの?
48ヶ月前
×
数より質が大事だと思うんだけどな
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。