BABYMETALの新曲「KARATE」の公式PVが上がっていた。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

BABYMETALの新曲「KARATE」の公式PVが上がっていた。

2016-03-18 15:00
    既にライブでは昨年からパフォーマンスされていた曲ですが、動画としてもPVとしても初めて公式でアップロードされました。



    ネットの反応では「狙いすぎて寒い」という評価の方もいらっしゃいましたが、個人的にはベビメタって「本気で狙って本気で引用する」バンドだと思うんですよ。

    だって「イジメ、ダメ、ゼッタイ」って曲があるんですよ?
    歌詞には「愛しくて切なくて心強くて」なんてフレーズもあるんですよ?
    「紅月」では冒頭にわざわざ「アカツキだー!」って叫ぶんですよ?
    さっきの評価をした方は、じゃあイジメ、ダメ、ゼッタイも紅月も狙い過ぎで寒い曲なんでしょうか。何かその方は、ベビメタがまるですごい独自性を「生み出した」アーティストだと思っているんでしょうか。もちろん唯一無二という意味では凄い存在だし尊敬もしますが、少なくともゼロから全てを生み出したバンドではありません。音楽の歴史を辿れば見えてくる「引用と配合」で生まれた音楽、それがBABYMETALだと思います。

    ここからは曲の話から外れますが、ベビメタに対するコメントを見てると、AKB否定をしたがる人が紛れているのは何なのでしょうね。もちろん個人の感性は尊重したいんですが、何故ここでいちいちAKBを否定しておく必要があるのか、いわゆる「KSDD」(聞こえよく言い換えれば博愛主義)な私としてはそこが解せなかったりするのです。

    メインボーカルの中元すず香が圧倒的な歌唱力を持っているか故、一部の自称ファンは「あいつらとは違うのだよ」という痛い選民意識を持ってしまいがちです。ですがそんな事を言ってしまえばボーカリストとしてはそういう領域に至っていない両翼のゆいもあはどう語ればいいのでしょうか。ゆいもあこそ、ベビメタがアイドルであり続けている大きな理由だと思いますし、決意だとも言えます。ただ実力で押し切るのなら、ゆいもあを正規メンバーとして存在させておく必要はなく、BABYMETALを中元すず香のソロプロジェクトとしてしまえばいいのですから。

    アイドルに限らず、あらゆる音楽は「曲にふさわしい技術で表現する」のが正解だと思っています。

    例えば世代によって代表的な曲が違いますが、「ポニョ」「黒ネコのタンゴ」「山口さんちのツトム君」など、いわゆる「子供がボーカルの曲」を思い浮かべて下さい。これらの曲は歌唱技術的には「未熟」な筈の人が歌っていますが、楽曲としては物足りない表現でしょうか?実力不足でしょうか?寧ろ超絶ボーカリストが歌ったらネタみたいに聞こえる筈です。

    つまり技術は高ければ高いほどいいというのは嘘です。間違いです。低けりゃ低くて済む名曲を作り、それを表現すればいいんです。ある意味AKBグループはそれを宿命づけられているグループなんです。だってメンバー数が膨大ですから、山本彩みたいな実力派ボーカリストしか歌えない曲を作ってしまうと公演で歌えなくなってしまいます(そう考えると「365日の紙飛行機」がいかに異例な曲だったかが解りますが)。確かにAKBグループは「歌えない奴」は多いのかもしれません、でも決して「いい曲がない」とも思いません、まぁここは個人の趣味が関わってくるので「ない」という意見の方を否定はしませんが(でもせめて言い切るなら公演曲レベルまで知った上で語っては欲しい)。

    つまり「すげー技術をもってるベビメタ(中元すず香と神バンド)」と「大した技術を持ってない(一部)AKBグループ」という比較構造を彼らは持っているのだと思います。その結果「あいつらとは違う」という事を言ってしまいたくなるのでしょう。

    でも私からすればそれは「違いの解る俺自慢」にしか聞こえません。そんな次元の話、私はメンバーすら望んでいないと思います。だって彼女らはアイドルとして生きて、今ここにいるのですから。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。