3万以下でバイノーラルマイク用意してみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3万以下でバイノーラルマイク用意してみた

2017-03-18 17:33



    タイトルで3万以下と書いていますが、純粋にバイノーラルマイクだけの値段です。
    バイノーラルマイクの録音環境や配信で使用する環境を用意するのにオーディオインターフェスやらアンプやらが必要になるので完全にゼロの環境から用意するともう少しお金がかかります。


    ■必要なもの
      ○マイク用
        ・イヤホン型バイノーラルマイク
          Roland-ローランド-バイノーラル-マイクロホン-CS-10EM
          9,136円くらい

        ・音響を耳からみたいにする用
          耳鍼モデル2個セット
          7,000~9,000円くらい

        ・スタンド部用
          ラップの芯とか適当なもの
          プライスレス

        ・接着剤
          シリコンと芯材くっつけられるやつ
          100均とかのでいい気がする

        ・キリ
          シリコンの耳をほじほじして貫通させるのに必要
          100均ry

      ○録音のみ
        TASCAM リニアPCM/ICレコーダー  DR-05
        PC繋がない人用、PC使う人はいらない

      ○PC接続用
        ・オーディオインターフェース(ステレオ対応)
          Roland ローランド オーディオインターフェイス TRI-CAPTURE UA-33
          12,294円
          配信向けと考えればコスパは良い部類
          配信向けといえばTASCAMとニコニコが共同で作ってる1万円以下のIF
          あちらは音質がやばいのでどうしても1万円以下の予算の場合以外
          購入しないほうが良いと思われます
          
        ・アンプ(プラグインパワー対応)
          audio-technica マイクロフォンアンプ AT-MA2
          5,970円
          単純に綺麗にアンプが音をブーストしてくれるので
          普通に配信用にも使える


    ■必要なものについて
    ・マイクについて
    マイクで使用するものが今回純粋にバイノーラルマイクの作成にかかる費用として計算したものになります。
    合計で大体1万6千前後くらいになります。

    音響を人の耳みたいにするために耳のモデル、録音用にイヤホンといった形になります。
    あとはそれを配置するのにスタンド部分が必要なので適当にラップの芯でも使えばOKです。
    私はちょうどだんぼっち改装で使用したデコレーションシートの芯があったのでそれを使用しました。

    あと割りと重要なのは接着剤。
    シリコンの耳がなかなかサラサラな素材でくっつきにくいので私の場合は手持ちの業務用両面テープとか無理やり使って、それと安物の接着剤使ってくっつけました。
    偶にぽろりします。落ちると微妙な気持ちになる……


    ・録音用とPC接続用について

    録音用は配信とかで使ったりしない人、録音環境にこだわりがない人の場合でしょうか。
    環境音録音をする人はこの環境の人が多いみたいですね。

    PC接続は配信とか録音環境にこだわる場合ですね。
    あとは広域録音の代わりに使えるくらい?


    ■組み立て
    まず耳に穴あけます。道具としてはキリでもあれば十分です。
    イヤホンが入りそうなサイズよりちょっと小さいくらいに穴あけます。

    シリコン耳にあけた穴にイヤホンを押し込みます。少し小さく穴あけると抜けにくいのでちょっと強めに押し込みましょう。

    シリコン耳を横向きにしたラップ芯にくっつけます。
    縦向きと横向きにラップの芯をくっつけてT字型にします。

    ラップの芯が重量なくて不安定な場合は粘土とか適当に重さのあるものを土台にして組み立てると使い勝手がUPします。


    以上でマイクの組み立ては終了です。
    完全に図画工作レベルですね。


    ■使ってみた感想
    ・耳付近での音
    まず耳周りで出した音ですが結構バイノーラル特有の感じが出てるっぽいです。
    耳の近くで音だしたり、耳元にで声だしたりするといい感じ。

    ・正面、ちょっと離れた音
    環境音拾うように広域になってるので周りの雑音やらキーボードの音は結構拾っちゃうみたいなのでキーボード使ったりする配信だとガチャガチャうるさいっぽです。
    やはり純粋な雑談向きなんでしょうかね?
    耳付近以外の音は普通に広域マイクと大差ないっぽいです。
    もうちょっと高いバイノーラルマイクなら綺麗に環境の音を立体的に拾うんでしょうか。

    ・コスパ
    耳型のバイノーラルマイクが6万5千するので3分の1で用意できるのは魅力。
    音そのものは耳付近のが結構良いので雑談とそれっぽい使用する分には十分。
    広域マイクとしても結構使えるっぽいので同価格帯の広域マイク買うくらいだったらこれを作るという手段も無きにしもあらず。

    ■まとめ
    マイクの性能なのかはわかりませんけど耳元は結構良い感じ
    離れると普通の広域マイクみたいな感じ
    といったところでしょうか。
    用途としては雑談向き。作業系の配信だとキーボードうるさい。

    全体的に音質はクリア。私の1万5千くらいのコンデンサーマイクよりは音がクリアということらしいのですがアンプの効果のような気がします。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。