妙味指数 半年間の配信の成績を公開
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

妙味指数 半年間の配信の成績を公開

2018-08-31 18:01
    妙味指数のブログより転載

    妙味指数の半年間の成績を掲載します。
    厳密にはアップデートが入っているため、実際の配信とは異なる部分があります。

    妙味指数発行から現在までの指数1位馬の成績(回収率)
       単 / 複 / 単適
    3月 95 / 98 / 85
    4月 64 / 105 / 77
    5月 72 / 92 / 84
    6月 71 / 95 / 89
    7月 101 / 104 / 101
    8月 130 /100 /116

    計  88 / 99 / 92

    指数1位かつ115点以上の成績
       単 / 複 / 単適
    3月 122 / 113 / 106
    4月 79 / 85 / 88
    5月 66 / 86 / 87
    6月 81 / 93 / 102
    7月 106 / 122 / 95
    8月 179 / 105 / 137

    計  103 / 101 /101

    指数1位かつ115点以上 前走6着以下or昇級馬の成績
       単/複/単適
    3月 109 / 104 / 120
    4月 100 / 80 / 140
    5月 46 / 86 / 69
    6月 52 / 75 / 75
    7月 131 / 152 / 114
    8月 227 / 113 / 175

    計  110 / 103 /114
    単純に単複で狙うのであれば、前走6着以下で負けている馬のリアルオッズを確認し、単勝オッズが5倍以上ついているような馬を狙うのが良いかと思います。1番人気の場合はどのような条件でも、単複で狙えません。
    複勝下限オッズで3倍以上ついているような馬は、複勝1点でも狙えると思います。
    複勝下限オッズ3倍がつくのが、大体単勝15倍~20倍あたりなので、その辺りを目安にすると良いと思います。

    過去データ(2009/1~2018/8)

    条件:指数1位 115点以上 前走着順6着以下or昇級馬

    1番人気の馬
    単 91%
    複 93%

    単勝オッズ1~6.9倍の馬(1番人気を除く)
    単 112%
    複 98%

    単勝オッズ7~19.9倍の馬
    単 118%
    複 100%

    単勝オッズ20倍~50倍の馬
    単 142%
    複 117%

    単勝オッズ50~99.9倍の馬
    単 124%
    複 131%

    単勝オッズ100倍~の馬
    単 77%
    複 86%

    複勝下限オッズ1~2.9倍の馬(1番人気を除く)
    単 114%
    複 97%

    複勝下限オッズ3倍~の馬
    単 132%
    複 114%

    ※重要
    競馬は試行回数が稼げないゲームであるため、月単位で安定してプラス収支は難しいです。
    過去データにおいては半年間マイナス収支が続くきついドローダウンも確認されています。
    実際に配信した指数は、5,6月は不調期、7,8月は好調期だったと思います。7,8月で軍資金が増えたからレートアップを目論んでる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

    しかし、勝ったからといってすぐにレートを上げたり、負けたからといってレートを下げたりをしているような資金運用をしていると、競馬における本質的不利をまともに受けてしまいます。
    詳しくは、過去のブログ「馬券は的中率が大事!穴党が本質的に不利な理由」をお読みください。
    ?content_type=blog&content_id=1977&type=


    画像のように、期待値がプラスにも関わらず、資金運用のミスによってマイナス収支になるケースが考えられます。

    資金運用を勝ったらレートを上げ、負けたらレートを下げた場合の収支について、仮に、月単位で収支を考えるとすると、、、
    (勝ち:回収率105% 負け:回収率95%とします。)

    勝ち→勝ち:収支大幅にプラス レートを引き上げてさらに勝つため、大幅に資金が増える
    勝ち→負け:収支ややマイナス レートを引き上げるため、次の月に負けた額の方が多い
    負け→勝ち:収支ややマイナス レートを引き下げるため、次の月の勝ち額が少ない
    負け→負け:収支マイナス レートを引き下げた状態で負けるため、負け額が軽減される

    このように、勝ち→勝ちとくるパターンでしか、収支においてプラスになるシナリオがありません。
    その場合、短期的に爆発的に収支が増えますが、スランプに入ると一気に資金を減らすことになります。

    ちなみに、馬券裁判で有名なM氏の収支グラフは、勝ち→勝ちのパターンで大幅にプラス収支を計上した後に、大幅なドローダウンで資金の9割を吹っ飛ばしています。詳しくは、馬券裁判の本を購入してください。

    ですので、7,8月と好調で軍資金の多寡を増やした方もいらっしゃると思いますが、安易にレートを引き上げたりしないことを推奨いたします(もちろん個人の自由ですが…)。


    パチンコ・スロットのようなギャンブルはレートが一定のため、期待値プラスの台を叩き続ければプラスになりますが、競馬はレートが一定でないため、ある意味「欲」との戦いであるとも言えます。資金管理ができない人は高確率で負け組になります。

    いくらお金を増やそうかと考える「攻め」の資金管理ばかりではなく、お金を「守る」資金管理をお考え下さい。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。