馬券の買い方 私の購入基準
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

馬券の買い方 私の購入基準

2019-09-20 18:29

    私の馬券術は、配信している妙味指数を使ったものです。

    指数で推奨された馬をオッズを見ながら購入しています。

    条件

    券種:単勝、複勝、ワイド

    指数条件:指数1位、115点以上、指数差5点以上
         指数差5点未満の場合:指数1位、130点以上

    オッズ条件:5倍以上、30倍以下

    除外:2歳限定戦、充足率80%以下

    券種の選び方

    狙い馬が単勝オッズ5倍~30倍の時→単勝を均等払い戻しで買う

    狙い馬が複勝下限オッズ3倍~の時→複勝を単勝の同額もしくは倍額買う

    人気馬で高い指数の馬がいる時は、追加で狙い馬から人気馬に流すワイドを買う

    こんな感じです。

    ・単勝オッズ5倍未満は見送り。

    ・複勝下限オッズ3倍未満の場合は、単勝のみ買います。

    ・購入後に基準のオッズを切ってしまった場合でも、過去データ上では回収率が95%~99%くらいの馬券になってるので、そこまで酷い損にはならないので、積極的に買うことにしています。


    ・メイン券種は単勝に据えていて、複勝は収支の安定感のために購入しているので、単勝と同額が良いと思います。
    ・同額購入していれば、複勝だけ当たった場合にはほぼトントン~微益くらいの収支になります。

    ◉均等払い戻しの設定額について

    均等払い戻し額を高く設定してしまうと、資金がパンクしてしまうリスクが高まります。
    逆に低く設定してしまうと、なかなか資金が増えない事態となります。

    推奨は自己資金の3%~5%を均等払い戻し額と設定し、半年または1年毎に資金を見直す、です。
    毎月単位だと、下振れてマイナス収支になることも多いと思いますので、最低でも半年くらいのスパンが必要だと思います。

    ◉単勝30倍までしか買わない理由

    単勝30倍以上の馬は、的中率が低く、馬券の収支が年単位で荒れるためです。
    馬券の安定感が重要なことは、投資競馬にチャレンジされている皆さんなら、身をもって実感されているかと思います。
    厳しく設定するなら20倍まで
    通常設定なら30倍まで
    緩く設定するなら50倍まで
    くらいかと思います。50倍以上を買うのは収支が年単位で荒れる覚悟が必要だと思います。
    外れ続けることは、メンタル崩壊にもつながりますので、オススメできません。
    30倍までが良いと思ってます。



    もっと詳しい考え方を知りたいと思われた方は、馬券の買い方の記事(有料で9800円)に書いてますので、興味があれば。




    単勝の該当馬


    複勝の該当馬






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。