• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【2018/10/20】 夜店のGⅠ備忘録/菊花賞
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【2018/10/20】 夜店のGⅠ備忘録/菊花賞

2018-10-20 16:35
    競馬王マガジンWebマガジン 2018/10/20

    競馬王Webマガジンの配信サンプル
    ご利用料金は月額540円(税込)で、今なら継続入会で月額会員費が1か月分無料になります。決済手段は、クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いがご利用いただけます。なお、都度課金をご利用の場合はニコニコポイントがご利用いただけます。



    今すぐ競馬王チャンネルに入会
    PCで閲覧されている方
    この画面の右下&下に表示されている『チャンネルに入会して購読』から入会手続きにお進みください。ご利用はPC・スマホ両方可能です。

    スマートフォンで閲覧されている方
    この画面下に表示されている『チャンネルに入会して購読』から入会手続きにお進みください。ご利用はPC・スマホ両方可能です。


    【競馬王11月号は好評発売中!!】

    10月6日発売の競馬王11月号』のテーマは「知らなきゃ損する 秋競馬の勝ち方」となっております。

    eef1abe9473d31e4785d221b947f0fcf79777eb5

    【次回のニコ生・リアル競馬王】
    10/26(金)21時より「リアル競馬王」を放送します。【リアル競馬王/天皇賞秋】豪華メンバーの中距離決戦。ゲストに絶対軸馬・米田幸憲が登場!

    【メインMC】伊吹雅也
    【賑やかし・運営】競馬王編集部



    菊花賞の備忘録(分析&文=屋台の二代目)
     
    先週から始まったこのコーナーですが、ありがたいことに視聴者様からコーナー名についてコメントを頂いたので採用させていただきました。中身の記事同様よろしくお願いします。では、菊花賞についての展望を始めましょう。

    まずはメンバーを見渡して、個人的にポイントだと思ったのが、

    ①『瞬発力型』と『持続力型』それぞれに有力馬がいて流れがどちらに展開が向くのかを見極めるのが難しそう。
    ② 前走でトライアル以外のレースから参戦してきた馬の力関係とその体調は?
    ③ どの馬を軸にするのか?を含めた買い方の取捨選択が難しい。

    この3つが大きなポイントになりそうな気がしています。もちろん個人的な意見ですので『こんなポイントがありそう』というご意見があればコメントしてもらえれば日曜の午前中までにはコメントで返信できると思いますのでお願いします。

    ではまず①ですが、最後の直線での瞬発力を武器としているブラストワンピースとエタリオウに対し、そういう流れにしたくないジェネラーレウーノと、エポカドーロ、メイショウテッコンなどの持続型が前半からペースを上げていくのではないか?という展開予想が大まかなところになると思うのですが、問題はその程度です。
    スタート後2ハロン目から1ハロン12秒3、4辺りのラップで持続的にゴールまで行くのか、前半はゆっくり入って、向正面の登り坂の前から一気にペースを上げるような形になるのか、3コーナーの坂の下りの残り800M~1000M辺りからのスパートになるのかで大きく流れと結果が違ってきそうですが、どの形もありそうなのが今回の菊花賞の悩み所の一つなのではないでしょうか。というのも、トライアルの神戸新聞杯が『瞬発力勝負』になり、セントライト記念が『持続力勝負』だったので、それを踏まえて各馬が菊花賞での作戦や動きを決めそうな感じがするからです。特にメイショウテッコンは瞬発力勝負の流れになったらエタリオウには勝てない可能性が高いと言えるので、前半から積極的に動いていきそうですし、エポカドーロも前哨戦では出遅れて先行できなかっただけに菊花賞ではダービーのように先行する、あるいはハナを叩いていくという作戦もありそうです。こうなると当然ジェネラーレウーノも下手に抑えるとよくない馬だと思うので、先行争いが激化しそうとも言えるわけです。対して瞬発力型のブラストワンピースとエタリオウは先行馬がどう動くにせよ、自分の位置はほぼ変わらないでしょう。なにせブラストワンピースは新潟記念で、エタリオウは神戸新聞杯で差し切って結果を出しているわけです。しかも不器用な2頭ですから中団に位置する可能性は少ないはずです。こういう理由から馬群がかなり縦長になる可能性が高いのではないかと思うのです。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。