• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【2020/11/22】 日曜日の馬場傾向
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【2020/11/22】 日曜日の馬場傾向

2020-11-22 21:25
    競馬王マガジンWebマガジン 2020/11/22

    競馬王Webマガジンの配信サンプル
    ご利用料金は月額550円(税込)で、今なら継続入会で月額会員費が1か月分無料になります。決済手段は、クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いがご利用いただけます。なお、都度課金をご利用の場合はニコニコポイントがご利用いただけます。


    ≪日曜の馬場傾向分析≫
    文・シンヤカズヒロ


    【東京芝】
     芝はCコース2日目。馬場差はマイナス1秒5程度の高速馬場。昨日のおさらいになるが、馬番1~7番「2-3-4-33」勝率4.8%・複勝率21.4%、単14%・複36%、馬番8~18番「4-3-2-29」勝率10.5%・複勝率23.7%、単78%・複60%、と日曜も外目の枠順や隊列の外目を追走していた馬が優勢。ただし、内枠でも早々に外に出すような騎乗も見受けられ、直線は内をあけて3~5分所を選ぶ騎手がほとんどだった。それだけに極端な追い込みは物理的に不利となり、初角通過4番手以内「4-3-2-17」、同5~9番手「1-3-3-24」、同10番手以下「1-0-1-21」とポジショニングも明暗を分けている。

     含水率:G前=13.2/4F=13.8
     クッション値:9.6(標準)


    【東京ダート】
     馬場差は標準からマイナス0秒5程度。後半ほど時計が出やすくなっていたが、昼過ぎから南風(向正面からスタンド方向)が5→7m/sと強くなっていたことも少なからず影響しているだろう。日曜も差しが決まりづらい傾向にあり、初角通過5番手以内「4-3-4-16」、同6番手以下「1-2-1-48」と前々で運んだ馬が有利。また、いくらか隊列の外目を追走していた馬に分があったが、内も悪いと言うほどではなかった。

     含水率:G前=4.1/4F=4.3

    [天候・馬場の推移]
     晴
     芝:良
     ダ:良

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。