• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【2021/2/26】競馬王編集部の重賞予想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【2021/2/26】競馬王編集部の重賞予想

2021-02-26 14:00
    競馬王マガジンWebマガジン 2021/2/26


    競馬王Webマガジンの配信サンプル&配信スケジュール

    ご利用料金は月額550円(税込)で、今なら継続入会で月額会員費が1か月分無料になります。決済手段は、クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いがご利用いただけます。なお、都度課金をご利用の場合はニコニコポイントがご利用いただけます。

    今すぐ競馬王チャンネルに入会

    PCで閲覧されている方

    この画面の右下&下に表示されている『チャンネルに入会して購読』から入会手続きにお進みください。ご利用はPC・スマホ両方可能です。

    スマートフォンで閲覧されている方
    この画面下に表示されている『チャンネルに入会して購読』から入会手続きにお進みください。ご利用はPC・スマホ両方可能です。


    【競馬王4月号は3月8日発売!】
    01c5505b41a2f65a3f398b8b735a53e5a4694bf3

    特集は「内か外か?前か後ろか? 現代競馬 枠順と脚質の新常識」。今井雅宏、亀谷敬正、キムラヨウヘイ、TARO、馬場虎太郎、棟広良隆ら豪華執筆陣が全方位から「枠」と「脚質」を馬券に落とし込む方法を分析しています。巻頭インタビューはアントニー(マテンロウ)。また、適性を深掘りして激走馬を見抜く「適性チャート」を引っ提げ、新予想家の馬ノスケが初登場!



    競馬王編集部の重賞予想
     
    以前はニコ生「リアル競馬王」の中で発表していました編集部員の重賞推奨馬をブロマガにて公開します。それぞれが担当する馬券術を使いながら、簡潔にまとめたいと思います。


    阪急杯の見解

    編集部・下M
    ◎8.レシステンシア

    『血統偏差値2021-2022 コース別「儲かる種牡馬」ランキング』のマストバイデータ該当馬。条件に合致した馬は複勝率41.1%、複勝回収率147%となっています。前走で初めて馬券圏内を外してしまいましたが、骨折明けで古馬初対戦という過酷な条件でした。調教師から「坂路で競馬をやって欲しい」と冗談が飛び出すほど、ここ2週は坂路で絶好の動き。復活を期待します。


    編集部・編集A
    ◎14.トライン

    ここは絶賛発売中の「ウルトラ回収率2021-2022」を使って予想します。阪急杯が行われる阪神芝1400mの激走条件は、「父がディープインパクト系種牡馬」、且つ「前走の4コーナー通過順が5番手以内」、且つ「馬番が7~18番」というものです。今回この3つの条件をクリアして、見事「正ウルトラ」に該当しているのがトラインです。前走は積極競馬で5着。一度使われた今度は上積みがありそうです。


    編集部・ハタ某
    ◎13.ジャンダルム

    先週より競馬王チャンネルの「理論該当馬」のコーナーでスタートした「Pickup理論該当馬」。先週は該当馬の中から京都牝馬Sのギルデッドミラー、小倉大賞典のテリトーリアルなどが好走を果たしました。当レースの該当馬は7.クリノガウディー、8.レシステンシア、10.インディチャンプ、13.ジャンダルムの4頭となっています。過去の傾向から前走阪神Cからの直行ローテ組は、3着以下に負けた馬の巻き返しが目立っていることを加味して13.ジャンダルムに期待します。


    編集部・ヒデ坊

    ◎07.クリノガウディー

     阪神の芝もかなり早くなったので、展開や血統からこの馬を本命に推奨します。

     土曜日の最終レースの2勝クラスは先週の京都牝馬Sと同じ1:20.0で決着。前にいった馬たちには苦しい一戦となりました。その中で来たのがロードカナロア×母父サンデーサイレンスのルブリュフォール。一気の末脚が冴えました。この阪急杯はレシステンシアの逃げ宣言と短距離の逃げを型にするロードアクアがいるだけに、ペースが流れることは必須。馬場も相まって、今日の最終レースのような展開になるのではないかと予想します。そこで本命を打ちたいのがクリノガウディー。阪神Cでは馬場の悪い最内に進路とりながら粘って5着。その実力を見せたと考えています。今回のような流れならば若武者望来騎手が外へ回せば3強に割って入る地力は十分です。スクリーンヒーロー産駒はこのコースで回収率100%を超えているのも遺伝の後押し。パワー×スピードで一気に馬券内を期待しています。

     対抗で狙いたいのはダノンファンタジー。そしてインディチャンプ。この2強は揺るがないと思います。

     
     

    中山記念の見解

    編集部・下M
    ◎2.コスモカレンドゥラ

    『血統偏差値2021-2022 コース別「儲かる種牡馬」ランキング』によると、中山芝1800mの血統偏差値1位は63.5のノヴェリスト。つづくルーラーシップが55.9ですから、圧倒的な数字です。競馬王4月号の記事「標準偏差で解くトラックバイアス」(横手礼一)には、中山芝1800mは2枠が好成績との記載もあります。
    ホープフルS4着という実績からG2戦でも通用する下地はあり、ポンと好位の内を追走できれば。


    編集部・編集A
    ◎8.ヒシイグアス

    ここは絶賛発売中の「ウルトラ回収率2021-2022」を使って予想します。中山記念が行われる中山芝1800mの激走条件は、「前走の着順が1着」、且つ「前走のコースが今回と異なる距離」、且つ「前走との間隔が中8週以内」というもの。今回この3つの条件をクリアして、見事「正ウルトラ」に該当しているのがケイデンスコールとヒシイグアスです。奇しくも、前走で東西の金杯を勝ち上がってきた馬同士。馬券はこの2頭軸で攻める予定ですが、一応ここでの本命はヒシイグアスの方にしておきます。デビュー以来、まだ底を見せておらず、強敵不在の今回も勝ち負け必至と判断します。


    編集部・ハタ某
    ◎4.ケイデンスコール

    先週よりスタートした新コンテンツの「Pickup理論該当馬」。当レースでは4.ケイデンスコールと5.マイネルハニーが該当しますが、イン有利馬場を利することが出来そうなケイデンスコールの方に期待します。


    編集部・ヒデ坊

    ◎ 04.ケイデンスコール

     土曜日の傾向を見ていると、血統構成にヨーロッパを経由した短距離サンデー系とアメリカのスピード因子、そしてノーザンテーストの子孫が馬券になるのが1800mのバイアスとして出てきています。このようなバイアスが出てきている要因に芝コンディションがあげられます。クッション値は土曜の競馬が始まる段階で11.9と9月の後半並みで、かなり時計の出やすい展開になっています。そこで本命にあげたいのは4番のケイデンスコール。前走は先行から内を突いて一着。距離面の心配もご無用。叔父にはバランスオブゲーム(中山記念連覇)がいる血統であり、狙ってみる価値はありそうです。

     対抗で狙いたいのはコースを得意とする血統の2番のコスモカランドゥラ、ヒシイグアスも押さえたい所です。

     




    競馬王Webマガジンは、メールで購読することも可能です。ページ右上にある『チャンネルに入会して購読』から競馬王チャンネルへの入会登録(配信登録)にお進みください。また、下記のヘルプページもご活用ください。

    ブロマガ(競馬王Webマガジン)のメール購読手順
    競馬王チャンネルに入会したがメールが配信されない


    競馬王チャンネルに関するご意見・ご要望・ご質問等がありましたら、下記項目を明記の上、sp@keibaoh.com 宛にメールでお送りください。

    ・氏名
    ・競馬王チャンネルに登録しているメールアドレス
    ・内容

    ※ドメイン指定受信を設定している場合は、@keibaoh.comからのメールが受け取れるように設定をお願いいたします。細かな設定が分からない場合は、メールにお客様の連絡先をご明記ください。内容次第では個別対応を行います。

    会員様のご意見を参考にさせていただき、サービス改善に鋭意取り組ませていただきますので、今後とも競馬王チャンネルをよろしくお願い申し上げます。
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    競馬王Webマガジン ~最先端の儲かる理論を発信し続ける『競馬王』が週末の攻略情報をお届け!
    更新頻度: 毎週水,木,金,土,日曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。