• このエントリーをはてなブックマークに追加
【2021/3/5】 消去法シークレットファイル・高橋学『弥生賞 消去王ガイド』、関西のカリスマ・赤木一騎『大阪城S 前日見解』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【2021/3/5】 消去法シークレットファイル・高橋学『弥生賞 消去王ガイド』、関西のカリスマ・赤木一騎『大阪城S 前日見解』

2022-03-05 17:00
    競馬王マガジンWebマガジン 2022/3/5

    競馬王Webマガジンの配信サンプル
    ご利用料金は月額550円(税込)で、今なら継続入会で月額会員費が1か月分無料になります。決済手段は、クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いがご利用いただけます。なお、都度課金をご利用の場合はニコニコポイントがご利用いただけます。



    [1] 消去法シークレットファイル・高橋学の『弥生賞 消去王ガイド
    《―GⅢ格付けの1984年以降(87年にGⅡ昇格)の38回から―
                         ※88年は代替東京開催
     
    《ドウでる?》
     
    クラシック第一弾GⅠ皐月賞のトライアルレース弥生賞。ここをステップに幾多のクラシックホースが誕生している。
    今回前年の2歳GⅠ朝日杯①着馬ドウデュースが参戦してきたが、ちょっと気になるデータがある。
     
    過去50年、朝日杯①着馬の皐月賞成績は[4-3-4-15]、76年マルゼンスキーを筆頭に強力外国産馬・持込馬がクラシックに出走できなかった時代があったとはいえ、まずまずの結果を出している。
    が、朝日杯①着馬で、皐月賞の前走が弥生賞だった馬は[0-1-3-7]と皐月賞で勝ったことがないのだ。86年ダイシンフブキ1番人気⑦着、88年サクラチヨノオー2番人気③着、90年アイネスフウジン1番人気②着、16年リオンディーズ2番人気⑤着などの人気馬なども含みことごとく皐月賞で負けている。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。