• このエントリーをはてなブックマークに追加
【2021/4/30】 消去法シークレットファイル・高橋学『天皇賞春 消去王ガイド』、関西のカリスマ・赤木一騎『天皇賞春 前日見解』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【2021/4/30】 消去法シークレットファイル・高橋学『天皇賞春 消去王ガイド』、関西のカリスマ・赤木一騎『天皇賞春 前日見解』

2022-04-30 17:00
    競馬王マガジンWebマガジン 2022/4/30

    競馬王Webマガジンの配信サンプル
    ご利用料金は月額550円(税込)で、今なら継続入会で月額会員費が1か月分無料になります。決済手段は、クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いがご利用いただけます。なお、都度課金をご利用の場合はニコニコポイントがご利用いただけます。



    [1] 消去法シークレットファイル・高橋学の『天皇賞春 消去王ガイド
    ―GⅠ格付けの1984年以降の38年間から―

    《深い絆ディープボンド》

    今年のGⅠシリーズ、ここまで1番人気馬が5連敗中だが、オッズからみるとさして騒ぎ立てるものでもないだろう。
                     (オッズ)  (前走成績)
     フェブラリーS レッドルゼル  3.9倍⑥ JBCスプリ①0.6差
     高松宮記念   レシステンシア 2.2倍⑥ 香港スプリン②
     大 阪 杯   エフフォーリア 1.5倍⑨ 有馬記念  ①0.1差
     桜 花 賞   ナミュール   3.2倍⑩ チューリップ①0.2差
     皐 月 賞   ドウデュース  3.9倍③ 弥 生 賞 ②

    オッズが1倍台の断トツ人気馬は、大阪杯のエフフォーリアだけで、同馬も「久々ぶっつけの初コース」とあればその敗退は大袈裟に驚くほどでもないだろう。
    06年の有馬記念、7戦無敗の三冠馬ディープインパクトが1.3倍の超断トツ人気で②着に敗れたほどの「衝撃」はない。
    「混戦模様」で押し上げられた1番人気馬の連敗に惑わされ踊らされるのは愚の骨頂というものだ。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2022/06/25
      【2022/6/25】伊吹雅也のトリプルフッキング/宝塚記念
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。