• このエントリーをはてなブックマークに追加
【2022/6/4】消去法シークレットファイル・高橋学『安田記念 消去王ガイド』、関西のカリスマ・赤木一騎『安田記念 前日見解』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【2022/6/4】消去法シークレットファイル・高橋学『安田記念 消去王ガイド』、関西のカリスマ・赤木一騎『安田記念 前日見解』

2022-06-04 17:00
    競馬王マガジンWebマガジン 2022/6/4

    競馬王Webマガジンの配信サンプル
    ご利用料金は月額550円(税込)で、今なら継続入会で月額会員費が1か月分無料になります。決済手段は、クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いがご利用いただけます。なお、都度課金をご利用の場合はニコニコポイントがご利用いただけます。



    [1] 消去法シークレットファイル・高橋学の『安田記念 消去王ガイド―春季の短距離・マイル路線が「高松記念→マイラーズC・京王杯SC→安田記念」に再整備された00年以降の22年間から―

    《無事之名馬》

    “骨折!”
    今年の桜花賞・オークス2冠のスターズオンアース、皐月賞ジオグリフとクラシック馬の骨折が判明した。
    またか、というか、やはりな、という苦い気持ちがわいてきた。

    ドウデュースが勝ったダービー、2分21秒9はダービーレコードだった。
    “速すぎる…”と思った競馬ファンは多かっただろう。
    ひと昔前、89年のジャパンカップ、人気絶頂のオグリキャップを外国参戦馬ホーリックスがクビ差②着に退けたときのタイムが2分22秒2。当時の世界レコードを記録し、「さすが世界だ」と鳥肌が立ったのを思い出す。
    時代が経って、競馬が進化したとはいえ、その時計を3歳馬が凌駕するなんて、と“鳥肌”よりも“キナ臭さ”を感じてしまった矢先の“ジオグリフ骨折”だった。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。