• このエントリーをはてなブックマークに追加
【2022/11/26】消去法シークレットファイル・高橋学『ジャパンC 消去王ガイド』、関西のカリスマ・赤木一騎『ジャパンC 前日見解』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【2022/11/26】消去法シークレットファイル・高橋学『ジャパンC 消去王ガイド』、関西のカリスマ・赤木一騎『ジャパンC 前日見解』

2022-11-26 17:00
    競馬王マガジンWebマガジン 2022/11/26

    競馬王Webマガジンの配信サンプル
    ご利用料金は月額550円(税込)で、今なら継続入会で月額会員費が1か月分無料になります。決済手段は、クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いがご利用いただけます。なお、都度課金をご利用の場合はニコニコポイントがご利用いただけます。



    [1] 消去法シークレットファイル・高橋学の『ジャパンC 消去王ガイド
    ―過去41回から―(※02年は代替中山2200m)

    《サムライブルー!青い帆ヴェラアズール》

      今年のジャパンⅭはちょっとした異変が起こっている。
    前2走内に日本のGⅠレースで①~③着の好走歴がある馬が1頭しかいないのだ。
    ダノンベルーガ=GⅠ天皇賞秋③着だけだ。
    過去10年では前2走内に日本のGⅠ①~③着歴がある馬は平均3~4頭で、5頭の年が3回あった。もっとも少なかった2頭の19年は、その2頭、3番人気①着スワーヴリチャード(2走前GⅠ宝塚③)=5番人気②着カレンブーケドール(前走GⅠ秋華賞②)で結着した。
    唯一前2走内に国内GⅠ好走歴を持つダノンベルーガが連対にからむのか、注目の一戦だが、“迎え撃つ日本の精鋭たち”とジャパンⅭ2022キャンペーンCMで謳っている割には盛り上がりに欠けるメンバー構成となってしまった。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。