• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【2013/11/27】 ジャパンCダート馬券特集! 競馬王プロ予想家のラップ分析、フォトパドック診断、ファミリーナンバー予想を大公開!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【2013/11/27】 ジャパンCダート馬券特集! 競馬王プロ予想家のラップ分析、フォトパドック診断、ファミリーナンバー予想を大公開!

2013-11-27 16:00
    競馬王マガジンWebマガジン 2013/11/27号

    本日のメニュー ※掲載順に表示
    [1] 先週(11/23~11/24)の競馬王Webマガジン的中報告
    [2] ラップ分析のプロ・半笑いによる『ジャパンCダート・ラップ分析術』
    [3] パドック診断のプロ・古澤秀和氏による『
    ジャパンCダート・フォトパドック診断』
    [4] ファミリーナンバーの使い手・片野治雄による『
    ジャパンCダートの注目馬』

    先週の競馬王Webマガジン(水曜版)では、半笑い氏のジャパンC注目馬(ジェンティルドンナ、デニムアンドルビー)がキッチリ好走!本日の配信にもご期待ください!

    競馬王Webマガジンは、毎週水曜、木曜、金曜、土曜の20時前後に配信いたします。各曜日の配信コンテンツはこちらでご確認ください。ニコニコ公式チャンネル『競馬王チャンネル』の会員様は、全ての記事を無料でお読みいただけます。

    競馬王チャンネル入会方法
    右下の『チャンネルに入会して購読』から入会手続きにお進みください。
    ※ご利用料金は月額525円(税込)で、今なら継続入会で月額会員費が1か月分無料になります。
    ※決済手段には、クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いがご利用いただけます。



    [1]
    先週(11/23~11/24)の競馬王Webマガジン的中報告

    <11/24(日)の的中一覧(3着以内好走馬)>
    血統ビーム・亀谷敬正『ジャパンCのポイント&今年の注目馬』
    デニムアンドルビー(2着/7人気)

    調教捜査官・井内利彰の『勝負レース調教予報』/ジャパンC
    デニムアンドルビー(2着/7人気)、トーセンジョーダン(3着/11人気)

    『血統ビーム 黄金ガイド』発売記念企画 ~日曜日の該当馬で儲けよう!
    東京07R ロサギガンティア(2着/3人気)、ダノンマッキンレー(3着/7人気)
    東京10R シャドウバンガード(2着/2人気)
    京都01R キタサンウンゲツ(2着/3人気)
    京都10R ダイワレジェンド(3着/1人気)

    1億5000万円稼いだ馬券裁判男が重要視していた激走馬マーク該当馬
    東京11R トーセンジョーダン(3着/11人気)

    1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法から編み出した『明日の卍固め馬』
    東京07R ショウナンワダチ(1着/4人気)
    東京11R トーセンジョーダン(3着/11人気)
    京都11R メイショウイザヨイ(3着/3人気)

    競馬王連動企画 『血統ビームドル箱ノート該当馬』
    東京07R ダノンマッキンレー(3着/7人気)

    <11/23(土)の的中一覧(3着以内好走馬)>
    『血統ビーム 黄金ガイド』発売記念企画 ~土曜日の該当馬で儲けよう!
    東京11R サトノギャラント(1着/1人気)、トリップ(2着/11人気)、メイケイペガスター(3着/4人気)
    東京08R バーディーイーグル(3着/6人気)
    京都08R ダイナミックウオー(3着/8人気)

    1億5000万円稼いだ馬券裁判男が重要視していた激走馬マーク該当馬
    京都11R アースソニック(1着/7人気)
    東京11R メイケイペガスター(3着/4人気)

    1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法から編み出した『明日の卍固め馬』
    東京09R トーセンマイティ(3着/10人気)
    東京11R メイケイペガスター(3着/4人気)
    京都11R アースソニック(1着/7人気)

    競馬王連動企画 『血統ビームドル箱ノート該当馬』
    東京03R ロッカバラード(2着/7人気)
    東京10R ソルレヴァンテ(1着/3人気)
    東京11R サトノギャラント(1着/1人気)
    京都05R ジョウノムサシ(1着/2人気)、アドマイヤデウス(2着/5人気)



    [2]
    ラップ分析のプロ・半笑いによる『ジャパンCダート・ラップ分析術』

    来年からは冬の中央競馬ダートG1は中京施行のチャンピオンズカップになるので、阪神でのジャパンカップダートは今年が最後。その歴史の掉尾を飾るレースは、どのような決着になるのでしょうか。

    過去のJCダート分析(G1・阪神9F)
    08年 36.7-35.9-36.6=1'49"2 (カネヒキリ)
    09年 36.3-36.5-37.1=1'49"9 (エスポワールシチー)
    10年 35.9-36.4-36.6=1'48"9稍 (トランセンド)
    11年 35.8-37.4-37.4=1'50"6 (トランセンド)
    12年 35.8-36.6-36.4=1'48"8 (ニホンピロアワーズ)
    ※ラップは「3F-3F-3F」で表記、( )内は勝ち馬

    ラップを3つに分けると、テン・中盤のうち1つは「36秒台前半以内」という厳しいラップが刻まれる、底力勝負のレース。このため、穴馬の激走は差し馬の方が多くなります。08~11年の4回では、5番人気以下の馬が6頭も馬券に絡んでいますが、その全てが4角6番手以下。先行馬が恵まれて穴を開けるのは極めて難しいレースです。

    ここまで差し偏重になるのは、厳しいラップに加えてコースの起伏がポイント。阪神1800m戦は、テンと上がりの2回、急な上り坂を上るので、道中緩まなければ必ずラストで息切れします。12月13日発売の競馬で喰うためのラップタイムの参考書(半笑い・著、ガイドワークス・刊)でも詳しく説明していますが、ラップを見る際にはコース起伏との組み合わせが重要なのです。

    これを踏まえて12年のレースを見ると、例年並みに厳しい流れなのに、1~3着が全て5番手以内の先行馬になっています。その人気は6・3・9番人気なので、これまでに例がない「5番人気以下が先行して馬券に絡む」という現象がいきなり2頭も起きたのです。

    なぜでしょうか。答えは簡単です。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。