ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

1/20 WIN5 & AJCC & 東海S & 次走注目馬 他
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

1/20 WIN5 & AJCC & 東海S & 次走注目馬 他

2019-01-20 03:42
    今回のWIN5対象レースです。

    1R 舞鶴S 1600万下 京都ダート1800m
    2R アレキサンドライトS 1600万下 中山ダート1800m
    3R 東海S G2 中京ダート1800m
    4R 岩清水S 1600万下 京都芝1400m
    5R AJCC G2 中山芝2200m

    なんと…
    今回は3Rが1600万下の条件レースで3Rがダート1800mという偏ったWIN5になってます…。

    1R 2.1.3.5
    2R 7.1.2.9
    3R 3.5.4.1.7
    4R 3.6.1.14
    5R 5.6.1.4

    比較的平穏なWIN5にはなりそうですが最後のフィエールマンが来るかどうかが鍵になると思います。



    AJCC <G2 中山 芝外回り2200m>



    AJCCとは(アメリカンジョッキークラブカップ)です。
    舞台は中山2200m。
    この中山2200mという舞台の傾向はデータとして別記事で出していますのでそちらで確認してください。
    AJCC データルーム 過去3年(2016~)

    ではAJCCの過去6年間のラップタイムも見てみましょう。



    何か気がつきませんか?

    改修前の2013年以外の5年間を見てください。
    2014年は7ハロン目、2015年は6ハロン目、2016年は8ハロン目、2017年は7ハロン目、2018年は8ハロン目に仕掛けられています。
    特にその中でも2014.2015.2017年は一度ペースを上げた後に落とし、再加速するラップになっています。
    もちろんこれはレースラップなので先頭の馬のタイムになります。
    そして後半5ハロンのラップタイムで見てみると60.6、58.7、59.2、60.0、60.0となっています。

    中山のこのコースの特徴が非常によく出てるのですが中山の外回りの特徴はコースを上から見てみるとおにぎり型になっていることです。
    さらに言うと、スタート後1度目の上り坂があり、1コーナーで最高点に達し、残り250mあたりまで下り坂が続きます。
    とくに、残り1300mから700mまでの約600mで約4m下ります。
    その後ほぼ平坦ですが4コーナーから直線途中までまた下り、その後2度目の上り坂になります。
    ラップタイムの最後のハロンが極端に落ちるのはこの2度目の坂のためです。
    逃げ馬や、先行馬はコーナーが緩やかで長い3コーナの途中から加速していきます。
    もちろん差し馬や追込み馬もの鞍上もそれは分かっているので全体的にここでペースが上がります。

    これをまず頭に置いて予想していきましょう。

    まずこのレースで重要なのはディープインパクト産駒の取り扱いですね。
    昨年の菊花賞馬フィエールマンが出走してきますし、断然の一番人気となっています。

    では、まずディープ産駒の芝コースの全場の累計成績です。

    累計で勝率13%超はすごいの一言ですね。
    中山は年によって差があるのは馬場状態も関係していると思われます。

    では中山の距離別の成績を見てみましょう。

    1200mと2500m、3600mはディープの守備範囲外なので成績は落ちてしまいます。
    内回りと外回りで見てみると内回りの方が成績がよく特に勝率の面ではっきり出ています。

    中山2200mの成績上位の種牡馬成績です。

    ドリームジャーニーとルーラーシップの成績が優秀ですね。
    ただし、ドリームジャーニーの成績の中ある馬の成績が3-0-1-1なのでそれを差し引くと2-2-0-6で勝率20%、連対率40%、3着内率40%になります。

    では、データはこのあたりにして印にいきましょう。

    ◎ 5 ダンビュライト

    こちらが中山2200で馬券に絡んだ時の成績です。

    父はルーラーシップ、母父はサンデーサイレンス。
    父の産駒はこの条件を非常に得意としており、この馬自身も1-0-1-0です。
    血統構成、自身のキャラともにこの条件にぴったりな上に昨年の優勝馬で中山ではG1皐月賞で3着もある。
    G1でも常に上位争いできる能力もある。
    鞍上の北村友一も今年非常に調子がよく9-5-6-27で勝率19.1%、連対率29.8%、3着内率42.6%。
    芝に絞ってみても5-1-3-10で勝率26.3%、連対率31.6%、3着内率47.4%と非常に高い数字。
    ノーザンファーム関係の馬に乗ることも多く、ノーザンF系の日本人の主戦騎手と言ってもいい。
    唯一の懸念材料はここ数戦スタートが悪いこと。
    すんなり前につけれれば…
    勝ち負け

    ○ 6 ミライヘノツバサ

    こちらが中山2200で馬券に絡んだ時の成績です。

    父はドリームジャーニー、母父はシルバーチャーム。
    ドリームジャーニー産駒のある馬とはズバリこの馬。
    中山2200mでは3-0-1-1。
    中山2200mはベストの条件で2年前のこのレースで3着もある。
    切れる脚はないが長くじわじわ伸びる脚質はこの馬にとってうってつけ。
    展開次第ではあるが…

    ▲ 7 ステイインシアトル

    父はステイゴールド、母父はビロングトゥミー(ND系のダンジグ系)
    血統構成的には合っている。
    昨年鳴尾記念に勝利し、新潟大賞典でも2着。
    8歳馬だが7歳で重賞制覇するなど晩成型で能力落ちはない。
    展開次第で上位争い

    △ 1 ジェネラーレウーノ

    こちらが中山2200で馬券に絡んだ時の成績です。

    勢いのある4歳馬。
    中山では3-0-1-0と得意舞台で中山2200mでもセントライト記念で勝利あり。
    菊花賞のような競馬ではなく、セントライト記念のように後続に足を使わせる競馬ができれば…
    頭まであってもいい。

    △ 4 フィエールマン

    問題のディープ産駒で母父はグリーンチューン(ND系ニジンスキー系)
    4戦目で菊花賞を勝つほど能力自体は非常に高い。
    デビューが遅かったのもあるが無理にダービー出走コースにのせなかったのも好感がもてる。
    ただし、この馬の特徴は前走の直線でも見せた非常に切れ味のある末脚。
    だが、、、その脚質がこのコース設定には絶望的と言ってもいいほど合ってない。
    残り5ハロン~4ハロンで間違いなくラップタイムが上がる。
    しかし、そこでなし崩しに足を使ってしまいとこの馬の良さは出ない。
    そこで我慢し直線に賭けた場合3つの可能性がある。
    1つは大外をぶん回し追い込みにかける、1つは馬場の真ん中で前が開くのを待つ、もう一つは強引に前をこじ開ける。
    おそらく一つ目の案が有力なんだろうと思う。
    ただ、中山の310mしかなく坂の急な中山で差し切れるのか…?
    それはディープさんくのこの距離の成績を見てもらえばわかると思う。
    勝率が低めで連対率、3着内率が高いと言うことは差し届かなかった馬が多いということ。
    あくまでも相手まで…

    △ 10 メートルダール

    父がSS系のゼンノロブロイで母父がロベルト系のシルバーホーク。
    データルームを見てもらえばわかるがこのレース母父にロベルトの血を持つ馬がよく走る。
    能力的には正直厳しい面があるとは思うが、予想される展開とこのコースのコース適性を考えると上位争いがあってもいい。
    相手で


    馬券
    3連単
    1.4.5→1.4.5.6.7.10→1.4.5.6.7.10 60点
    3連複
    5-1.4.6.7.10 10点

    推奨は3連複
    資金がある方は1万円なら3連複各400円、3連単各100円なら夢が見れるかも!


    東海S <G3 中京 ダート1800m>

    こちらは印と買い目だけ

    ◎ 3 チュウワウィザード

    ○ 5 スマハマ

    ▲ 4 インティ

    △ 7 アンジュデジール

    △ 11 マイネルバサラ

    △ 1 グレンツェント


    馬券
    複勝
    3 7割
    単勝
    3 3割


    「次走注目馬」

    なし


    <狙い馬>

    京都9R 3歳上500万下

    5 ミエノウィンウィン

    正直今の京都の馬場はハービンジャーにあってるはず。
    ダートでも掲示板を外していないことを見るとパワーがあり、今のタフな馬場はこの馬向き

    馬券

    単勝 5 3割

    複勝 5 7割




    京都9R 睦月賞

    1 フォイヤーヴェルグ

    正直今の京都の馬場はパワーが必要で軽いタイプのディープ産駒では太刀打ちできないがこの馬は母父がサドラーズウェルズ系のショコロフ、母母父がモンズン。
    過去を見ても切れ味勝負では厳しいが今の京都の馬場状況を考えればプラスに働くはず。
    今回からブリンカーを付けるが走ることに集中できれば勝ち負けも…

    馬券

    単勝 1 3割

    複勝 1 7割



    京都12R 4歳上1000万下

    8 バレーロ

    去勢後1着、2着でタイムも大幅に短縮。
    間違いなく去勢がいい方にでて得意の京都ダート1400mなら上位争いできる。

    馬券

    複勝 8 10割




    なんとか当ててトンネルから脱出したいな…

    原因はわかってるけど今後のためにも今年から変更した今の予想方法で結果を出したい…
    今も少しずつ微調整かけてるので当たり始めると連続するはず…

    では振り返り枠でお会いしましょう。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。