ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

1/26 愛知杯 次走注目馬 狙い馬
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

1/26 愛知杯 次走注目馬 狙い馬

2019-01-26 10:14

    愛知杯 <G3 中京 芝2000m>

    舞台である中京芝2000mで過去3年で勝ち星が多いのは、
    ディープインパクト(14勝)
    ハーツクライ(12勝)
    ステイゴールド(11勝)
    キングカメハメハ(8勝)
    ハービンジャー(8勝)
    なのですが…
    実は勝率にするとこの5頭は全て8~9.5%程度。
    ならば…敢えて違うところから入ってみたい。

    ◎ 1 レッドジェノヴァ

    この馬を本命視下大きな理由は騎手。
    Mデムーロは過去3年でこのコース設定で14-6-5-20と一番勝ち星を挙げている。
    勝率31.1%、連対率44.4%、3着内率55.6%もさる事ながら単勝回収率135.6%、複勝回収率106.9%と優秀。
    馬としても前目に付けることが出来ることと父シンボリクリスエスとパワーもあり、中京には合ってるはず。
    瞬発力勝負になってしまうと厳しいが中京は直線入口に坂があり瞬発力勝負にはなりにくい。
    京都大賞典2着、エリザベス女王杯4着とこのメンバーなら能力で劣るとは思えない。
    連軸で

    〇 11 ノームコア

    ハービンジャーxクロフネの血統構成で紫苑S勝ち馬。
    先行できる脚質、急坂のある中山で2勝を上げてるようにパワーでも見劣りはない。
    そして何よりレベルが高い現4歳世代でデビュー以来掲示板を外したことがない。
    間隔は空いているが4ヶ月休み明けで紫苑Sを勝っているように問題にならない。
    鞍上ルメールも心強い。
    相手筆頭

    ▲ 8 ランドネ

    父はロベルト系のブレイム、母父はAPインディ。
    先行力があり、左回りでは1.1.0.1で2000mは1.0.1.2。
    坂のあるコースも苦にしない。
    ベストは1800mも2000mは対応可能。

    △ 9 ウラヌスチャーム

    1000万下、1600万下と連勝中。
    持ってる能力も高く、自在性のある脚質も魅力だがコース特性上ローズSのような末脚にかける競馬をされるとマイナス。
    できることなら前々走のような競馬をして欲しい。

    残り2頭は少し穴を狙ってみたいと思います。

    △ 14 キンショーユキヒメ

    中京成績2.0.0.2、2000m成績3.1.0.10。
    持ってる能力は重賞でも勝負できるほど高い。
    しかし、、、安定して力を発揮できない。
    もちろん、展開面や馬場状態などの条件もあるが気分屋の面が大きい。
    パドックどころかレース直前…いや、レース中も含めいつ気分を損ねるかわからないので軸にはしずらいが…
    この人気なら穴として馬券には入れておきたい。
    真面目に走ってくれれば…

    △ 12 エテルナミノル

    前年の覇者。
    忘れた頃に好走してくる…。
    過去2017年以降で馬券に絡んだ時も9着→2着(4人気)、5着→1着(3人気)、5着→1着(6人気)、11着→3着(13人気)と、人気に関わらずいつ走るかわからない。
    ならば…人気がないなら馬券に絡めてみたい。


    馬券
    3連複
    1-8.9.11.12.14 各1割


    「次走注目馬」

    東京4R 3歳500万下

    4 ハヤヤッコ

    8 ガンケン

    ハヤヤッコはダートで狙いたいと前々から言ってた馬で前走ダートに矛先を向けてくるもあのメンバー相手で初ダート4着なら上出来。
    距離短縮はプラスに出るはず。
    ガンケンは前走は距離が短かった。
    しかし、距離短縮でいい刺激になっていれば今回は行きっぷりも変わってくるはず。
    ダートマイルは初めてだが前々に付けることができれば勝負になるはず。

    馬券
    複勝
    4 7割
    ワイド
    4-8 3割

    東京8R 4歳上1000万下

    9 リゾネーター

    2100mは若干長い。
    東京でも4着、4着、6着
    今回はケン

    中京10R はこべら賞

    10 ロマンティコ

    芝で3着、ダートも重馬場で2着、1着。
    湿った馬場ならより信頼できたのだが…
    ただし、距離短縮はプラスに出そう。

    馬券
    複勝 10 10割

    東京10R クロッカスS(リステッド)

    6 ルガールカルム

    前走は何があったのかというと…
    戦争11/25と言えば…そう、ジャパンカップ。
    当週の振り返り枠でも言ったのだがこの日ルメールは2頭のロードカナロア産駒の2頭でアーモンドアイのための試走を行っていた。
    その2頭とは8Rのオリエンタル賞のゴールドギアと7Rのこの馬の2頭。
    ゴールドギアは後方から大外、この馬は直線入口後方2番手から進めるも壁にどん詰まりその後馬場外目に出すも伸びきれず…
    マイルからの距離短縮になるがその分流れてくれれば…
    相手にはこの距離で勝ちがあり距離短縮がプラスに出そうな4

    馬券
    ワイド
    4-6 10割


    「狙い馬」

    東京11R 白富士S (リステッド)

    1 トリコロールブルー

    確固たる逃げ馬不在。
    末脚勝負濃厚で今のタフな京都や東京と同じ左回りでも直線入口に急坂のある中京ではなく東京を選んで遠征してきた。
    東京では1.0.0.1も負けた青葉賞は距離が長かった。
    今回はベスト距離の2000m
    勝ち負けになるはず。

    馬券
    複勝
    1 10割


    では今日も一日頑張っていきましょう


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。