ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

1/27 WIN5 & 根岸S & シルクロードS 次走注目馬
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

1/27 WIN5 & 根岸S & シルクロードS 次走注目馬

2019-01-27 08:57
    今のところ無事京都が行われることになりました。
    ただし、中京競馬が馬運車の到着が遅れそうという理由で発走時間が大きく変更になっているのでご注意ください。

    WIN5 対象レース

    1R目 京都10R 飛鳥S 4歳上1000万下
    2R目 東京10R 早春S 4歳上1600万下
    3R目 中京11R 伊勢特別 4歳上1000万下
    4R目 京都11R シルクロードS G3
    5R目 東京11R 根岸S G3


    1R目 6.3.4.7
    2R目 8.11.4.1
    3R目 2.1.13.11
    4R目 2.10.16.14
    5R目 11.12.2.16

    今日は馬の質で見るのなら大きく荒れそうなレースは見当たらないのですが問題は京都の馬場と中京への輸送ですね。
    輸送は繊細な馬は非常に影響を受ける可能性がありますのですんなり行くかどうかはわかりませんし、京都の馬場状況もレースを見ていく中で判断するしかないですね。
    今のところJRAの発表では3場ともに良馬場での施行となっていますが…

    根岸S <G3 東京 ダート1400m>


    順当にいけばここは2頭のレースになるでしょう。
    その2頭とはコパノキッキングとサンライズノヴァの2頭です。
    しかもこのレースは別定戦。
    まあ、この2頭が◎と〇なのですが序列は後ほど…
    と、いうことでデータの分析にいきましょうか。
    まずは前もって出したデータシートから…
    データシートはこちらです

    と、いきたいところですが、まずは今回の出走馬の父と母父の系統を見ておきましょう。


    ではデータシートから…
    最も好成績を残しているのはミスタープロスペクター系
    次にノーザンダンサー系、サンデーサイレンス系と続きます。
    逆に買えないのはディープ、トニービン、レイズアネイティヴ、モンズンで今回の出走馬で見ると…
    ディープインパクト産駒のケイアイノーテックが当てはまります。

    では母父はどうなのか…
    こちらも最も成績を残しているのはミスタープロスペクター系ですね。
    その次がサンデーサイレンス系、ノーザンダンサー系となっています。
    買えないのはAPインディ、トニービン、レイズアネイティヴ、モンズンの系統ですね。
    父も母父もミスプロ系、ノーザンダンサー系、サンデーサイレンス系の3系統が他を圧倒しています。

    ペースで見ると根岸Sは前傾ラップになることが多く、逃げ馬に不利であることがわかると思います。

    では印にいきましょうか

    ◎ 12 サンライズノヴァ

    父がSS系のゴールドアリュール、母父がミスプロ系のサンダーガルチ。
    1400mの成績は2.2.0.0、東京の1400mではグリーンチャンネルC、武蔵野Sと勝利。
    スタートに難がありまず確実に出遅れます。
    しかし、ダートでラスト3F34秒台で走れるほどの走力の持ち主。
    鞍上戸崎騎手も東京1400mで38-23-31-130で勝率17.1、連対率27.5、3着内率41.4。
    前走のチャンピオンズカップは距離が長すぎで度外視でいい。

    〇 11 コパノキッキング

    父がノーザンダンサー系のスプリングアトラスト、母父がSS系のゴールドヘイロー。
    持っている能力は非常に高く、いずれG1を取れるほどの器。
    ただし、、、ベストはダートの1200m。
    過去1400mには2度出走し、0.1.0.1と1200m以下の6.0.0.0と比較するとはっきりと出てしまう。
    ただし、4走前までの逃げ一辺倒の競馬から追込もできるようになり道中省エネで走ることができるようになったことを考えれば1400mはこなせていい。
    その分サンライズノヴァの方を上としました。
    ただし、マーフィー騎手がノリに乗っている。
    土曜日11Rに乗って2.2.4.3でダートに限っても0.1.2.3と勝ち星こそないものの馬券圏内は50%。

    ▲ 6 モーニン

    16年のフェブラリーS勝ち馬。
    父がノーザンダンサー系のヘニーヒューズ、母父がミスプロ系のディストーティッドヒューマー。
    1400mの成績でも4.1.0.0、東京成績も4.0.1.3。
    鞍上もコーラルSで勝ち星を挙げている和田騎手で、休み明けの成績も2.1.0.1と3ヶ月の休み明けでもマイナスはない。

    △ 3 サトノファンタシー

    父、母父ともにノーザンダンサー系のクロフネとテイルオブザキャット。
    1400mで5.2.4.4、東京成績は3.1.3.2。
    ◎や〇ほどの脚は使えないが自在性のある脚質が武器。
    うまく展開がはまれば…

    △ 2 ユラノト

    父がミスプロ系のキングカメハメハ、母父がSS系のフジキセキ。
    本質的に一番合っているのは1700mだと思う。
    しかし、持ってる能力は高く、1400mでも1.1.0.3と勝ち星もあり対応は可能。
    道中気分良く走らせれれば…

    △ 1 クインズサターン

    1400mは初体験も東京成績4.3.0.4。
    芝スタートの1600mよりダートスタートの1400mは流れに乗りやすいはず…
    正直勝ちまでは厳しいと思うが…


    馬券
    3連複
    12-1.2.3.6.11 各1割



    シルクロードS <G3 京都 芝1200m>


    今の京都の馬場は非常にタフなコース。
    そして土曜日から雪が降り良馬場は望めない。

    ◎ 2 ダノンスマッシュ

    1200mに矛先を向けてからは2.1.0.0。
    洋芝の北海道で稍重の婆をこなしていることを考えればタフな馬場でもぬかるんだ馬場でもこなせると推測。
    乗り慣れた北村友の継続騎乗も心強い。
    前々につけてそのまま押し切りたい。

    〇 10 ラブカンプー

    昨年スプリンターズSで2着。
    重馬場の阪神で行われたセントウルSでも2着。
    タフな馬場も湿った馬場も問題にはしない。
    唯一の懸念は昨年あれだけ夏場に使い詰めて反動がないかどうかだけ。
    普通に走れれば勝ち負け

    ▲ 1 ナインテイルズ

    父がローエングリンで母父がメジロライアン。
    8歳馬だが淀短距離Sで勝利をあげたようにまだまだやれる。
    重馬場を見方につけれれば…

    △ 6 ラインスピリット

    昨年のスプリンターズS3着馬。
    前走阪神C10着も本質的に叩かれてよくなるタイプ。

    △ 13 ダイメイプリンセス

    昨年のスプリンターズS4着馬。
    スピードももちろんあるが稍重の馬場でもG1で4着、重成績も1.0.0.2とこなせる。

    △ 14 セイウンコウセイ

    なんといってもG1馬。
    昨年函館SSでも勝利をあげたように走る気にさえなれば持ってる能力は高い。
    今回ブリンカー装着で走ることに集中できれば…

    馬券
    馬連
    2-1.6.10.13.14 各5割



    「次走注目馬」


    東京8R 4歳上1000万下

    4 エングローサー

    設定された条件はダート1600m以下
    左回りで勝利もあり今回は条件に一致

    馬券
    複勝


    京都9R 若菜賞

    10 セブタリアン

    重馬場で勝利をあげているように渋った馬場でも問題にしない。
    まして前走はゲートで暴れて調教再審査で度外視でいい。

    馬券
    複勝


    東京9R セントポーリア賞

    3 カントル

    全兄はダービー馬ワグネリアン
    前走は3着といっても0.1秒差
    このメンバーでは負けるわけにはいかない

    馬連
    馬連
    3-4.8


    東京11R 根岸S

    11 コパノキッキング

    上記参照

    馬券
    複勝


    京都が中止で順延になった場合振り返り放送は月曜日以降に延期になりますのでご了承ください。

    では皆さん、今日も頑張っていきましょう


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。