ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

4/14 WIN5 & 皐月賞 & アンタレスS 他
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

4/14 WIN5 & 皐月賞 & アンタレスS 他

2019-04-14 09:46
    いや~ウインクスは強かったですね
    勿論2着のクルーガーも頑張りましたが最短距離をロスなく競馬したクルーガーに対して4コーナー大外を回したウインクス。
    着差以上の強さを見せつけられた気がします・・・
    それと同時にもし、アーモンドアイと同じレースをしたらどんなレースになったんだろうな・・・と
    一度見てみたかった気もします
    そしてWINXは何付けるんでしょうね~
    相手はオーストラリアの種牡馬になるののでしょうが瞬発力に優れた日本の種牡馬との子供が見てみたいと思うのは自分だけじゃないはず
    ただ、ディープもキンカメも種付けは厳しい状態ですのでカナロアつけに来てくれたらいいのにな~と
    相手が決まるのを楽しみにしたいと思います


    ではWIN5の予想にいきましょう

    1R目 阪神10R 難波S 1600万下 芝1800m
    2R目 中山10R 京葉S リステッド D1200m
    3R目 福島11R 福島民報杯 リステッド 芝2000m
    4R目 阪神11R アンタレスS G3 D1800m
    5R目 中山11R 皐月賞 G1 芝2000m

    候補馬にいきましょう
    今回は土曜日の放送で絞ったのでその馬番だけ書きますね

    1R目 2.4
    2R目 4.8
    3R目 3.5.10
    4R目 2.4
    5R目 12


    3R目はさらに絞るのなら5.10の2頭かな・・・と
    阪神と福島は騎手が微妙なのでもしかするとどれか荒れるかもしれません

    では重賞にいきましょう

    皐月賞 <G1 中山 芝内回り2000m>

    まずは馬場改修後の2014年から2018年のラップタイムを見てみましょう








    では次は同じ中山同じ距離で行われた弥生賞と皐月賞を比較してみましょう
    左が皐月賞 右が弥生賞です




    では改修後の平均ラップタイムを比較してみましょう

    皐月賞の方がよりタイトな流れになるというのがお分かりいただけたと思います。

    では朝日杯、ホープフルS、弥生賞、皐月賞の関連性を見てみましょう
















    では次は前哨戦のラップタイムを比較してみましょう


    さて、ではこのデータを参考にもしながら予想していきましょう
    正直サートゥルナーリアは今の時点でどれほどの能力を隠し持っているのか測りしれません。
    それ以外の馬で見ると能力的に上位だと感じるのは
    ダノンキングリー
    ヴェロックス
    この2頭はタイプも違いますが高い能力の持ち主だと思います。

    アドマイヤマーズも高い能力を持ってると感じますが前走を見てもやはりベストはマイル。
    しかも、ベストはパワーと持久力を必要とされる馬場

    それ以外ではファンタジスト
    こちらもベストはマイルのタイプ

    展開はランスオブプラーナが逃げ、ラストドラフト、ブレイキングドーンなどが続く展開か・・・

    では印にいきましょう

    ◎ 12 サートゥルナーリア
    ホープフルS勝ち馬
    今週の調教でもノーステッキでシャケトラを子供扱い
    前走のホープフルSでも直線半ばまで前が詰まった状態もそこからこじ開けてあっさり突き抜ける内容
    とんでもない能力の持ち主なのかもしれない。
    距離的には2000mがベストのタイプだと思う。
    唯一負けるような展開になるとすれば極端な持久力勝負になった時か究極の瞬発力勝負になった時だと思うがこのメンバー、この距離でそれが出来るメンバーはほぼ見当たらない。

    〇 4 ダノンキングリー
    瞬発力ならNO.1
    現在3連勝中で内容も非常に濃い
    瞬発力勝負になった場合この馬にとって一番向く
    不安をあげると持久力勝負には向かずそういう展開になると脆さを見せる可能性は高い。
    あとは騎手・・・

    ▲ 7 ヴェロックス
    若駒S、若葉Sとリステッドレースを連勝中
    共にメンバーのレベルも低くなくその中での圧勝
    若駒Sのサトノウィザードはその後勝ててないと言われるかもしれないが明確な理由がある
    あの馬は非常に綺麗な飛びをする馬で外からかぶせられたり前が詰まったりして自分のフォームを崩されてしまうと能力を発揮できない馬なのだが鞍上が理解できておらずこの2戦直線内に突っ込むという乗り方・・・あれではあの馬の良さは出ない。
    この馬のタイプとしては瞬発力では劣るがトップスピードとスピードの持久力に優れるタイプ
    瞬発力勝負には分が悪く願うことなら4コーナーから吹かしていくくらいの思い切った乗り方をして欲しい

    △ 17 アドマイヤジャスタ
    正直内目の枠が欲しかった
    同じジャスタウェイ産駒でもヴェロックス以上に瞬発力には劣るタイプ
    しかし、じわじわと伸びるタイプでできることならホープフルSのときのような積極的な競馬を・・・

    △ 2 サトノルークス
    この馬も非常に高い能力の持ち主
    タイプ的には皐月賞よりもダービーでこそのタイプ
    昨年で言うとワグネリアンのようなタイプ

    △ 13 ブレイキングドーン
    ヴィクトワールピサの産駒で中山は非常に合うタイプ
    能力的には厳しいと思うが穴馬で狙うなら・・・
    馬場が多少渋っても問題なくむしろ他が苦手とするのなら・・・

    馬券
    馬連
    12-4.7 各3.5割
    ワイド
    12-17 3割


    アンタレスS <G3 阪神 ダート1800m>

    早速ですがこちらはいきなり印にいきたいと思います。

    ◎ 4 グリム
    強い4歳世代の一角と言っていい
    内目の枠に入ったのもよくオルナを行かせて番手で運べれば・・・

    〇 2 テーオーエナジー
    1800mはベストの距離で調教内容もよくここは見直してみたい

    ▲ 14 ヒラボクラターシュ

    2月以降で4戦目
    斤量面では〇より1k軽く応力的にもそんなに見劣らないが流石に前走からの上積みは疑問で・・・

    △ 3 ロンドンタウン
    距離的にはこれくらいがベスト
    ただし、直線に坂がある阪神よりは平坦コース向きの印象

    △ 10 ウェスタールンド
    昨年のチャンピオンズC2着を評価
    休み明けも気にするタイプではなくここでも・・・

    △ 9 アナザートゥルース
    今回からブリンカー装着
    気まぐれな面を見せる馬だけに馬具矯正で変わり身を見せられれば・・・

    馬券
    馬連
    4-2.3.9.10.14 各2割


    「次走注目馬」

    中山11R 皐月賞

    2 サトノルークス
    12 サートゥルナーリア
    17 アドマイヤジャスタ

    各馬上記参照

    馬券
    ワイド
    12-2.17 各5割

    今日は「狙い馬」はございません
    ご了承ください

    では振り返り枠でお会いしましょう ⊂・^ミ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。