10/6 WIN5 & 毎日王冠 & 京都大賞典 & 凱旋門賞
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

10/6 WIN5 & 毎日王冠 & 京都大賞典 & 凱旋門賞

2019-10-06 05:05
    今晩はいよいよ凱旋門賞が行われます
    日本からはキセキ、フィエールマン、ブラストワンピースの3頭が出走し、現地の馬に武豊騎手が騎乗します

    凱旋門賞は下に書いていますのでまずはJRAのレースから見ていきましょう

    WIN5対象レース

    1R目 藤森S
    2R目 グリーンチャンネルC
    3R目 信越S
    4R目 京都大賞典
    5R目 毎日王冠


    1R目 3.11.2
    2R目 13.10
    3R目 6.2.7
    4R目 16.4.11
    5R目 9.3



    京都大賞典 <G2 京都 芝2400m>

    ポイントになりそうなのはこの時期の芝と距離適正と京都適正ですね
    京都は主要4場で唯一直線に坂がないコースです
    全くないというわけではないですがほぼ平坦です
    その代わり向正面~3コーナーにかけて坂がありそこから急な下り坂(150mで1.5m以上下る)がありそこから2ハロンほど緩やかな下り坂になります
    今回のメンバーで京都で勝利がないのは8.10.13.17
    2400mで勝利がないのは3.4.7.9.11.12.13.14
    エタリオウに関しては勝ちこそないものの4度の2着
    アドマイヤジャスタは唯一の2400mがダービーで出遅れ
    と、この2頭については見限るのは早計
    逆にエアウインザーは出走そのものがないものの馬体からどう見てもベストは2000m

    では印にいきましょう

    ◎ 16 グローリーヴェイズ
    今回と同じ舞台設定の日経新春杯勝利
    天皇賞春で2着とあるように京都は得意舞台
    馬体からベストは2400mであると個人的に推測している馬
    流れる展開よりはスローの瞬発力勝負向きで目立った逃げ馬のいないこのレースは向きそう
    また休み明けも2.1.0.2と苦にはしない
    一番減点材料が少ないのがこの馬

    〇 4 エタリオウ
    1.7.0.4の成績が示すように勝ちきれない
    馬体からは胴が長めで後脚が非常に長い
    典型的なステイヤー
    得意なのは末脚の持久力を生かすレースで京都の外回りはそういうレースになりやすい
    鞍上も2回目で特徴は掴んでるはずだしその鞍上が非常に怖い(いろんな意味で)

    ▲ 11 アドマイヤジャスタ
    人気サイドだけでは面白くないと思うので次走注目馬でもあるこの馬を穴馬としてピックアップ
    母父エリシオで母方からスタミナは十分
    同じ父のヴェロックスが神戸新聞杯で2着だったように気にしすぎる必要はない
    ダービーでは出遅れてしまいレースにすらならなかったので度外視でいい
    鞍上に全く心配がないわけではないがスタートを決めて前目で積極的なレースを期待したい

    以下は簡単に・・・

    △ 6 シルヴァンシャー
    非常に見栄えのする好馬体の持ち主
    3連勝中で距離もベスト
    ただし相手強化でどこまで・・・

    △ 1 ノーブルマーズ
    内枠を引き当てた
    距離はベストで京都成績も1.3.5.5
    勝ちきれないまでも重賞でも通用することは証明済

    △ 15 レノヴァール
    前々走で今回と同じ舞台設定のレースで勝利
    京都2.0.0.1、2400m1.0.0.0
    父はハーツクライで瞬発力勝負では分が悪いが末脚の持久力を活かせる展開なら・・・

    馬券
    3連複 軸1頭ながし
    16-1.4.6.11.15 各1割



    毎日王冠 <G2 東京 芝1800m>

    ポイントは非根幹距離ということ開幕週の馬場
    東京1800mはスタート後まもなくコーナーがある
    特に注意したいのが内枠の逃げ馬
    開幕週でもありオール野芝ということもあり前に行った馬は簡単には止まらない
    直線も長いがよほどの足がなければ後方からの直線一気は決まらない

    では印にいきましょう

    ◎ 9 ダノンキングリー
    皐月賞3着、ダービー2着
    この世代の上位に位置する馬
    ある程度前に付けることもでき決め脚もある
    降級制度がなくなった今、今の賞金では今後G1戦線に安定して出走するためにもここで賞金を稼いでおきたい
    もちろんこのあと天皇賞に出るんだろうがこここそがこの秋のこの馬の勝負レースだと予想
    54kの斤量も魅力

    〇 3 アエロリット
    内枠の逃げ馬
    この馬に無理に絡んでいくような馬も見当たらずマイペースでの逃げが濃厚
    すんなり逃げれれば簡単には止まらないし開幕婆がこの馬の味方になるはず
    あとは鞍上の乗り方だけ・・・

    ▲ 2 ギベオン
    偶数枠の内枠と最高の枠が当たった
    得意舞台でここでも勝負になる器
    ただし、鞍上が新人の岩田の息子
    まだそこまで信用できるほどではなく・・・

    △ 5 ランフォザローゼス
    距離短縮はプラス
    東京も一番合っている舞台
    今回ブリンカー着用で効果があれば・・・

    △ 10 モズアスコット
    チグハグな競馬が続き結果につながっていないが持ってる能力は決して低くない
    あまり後ろからだと届かないと思うが先行勢の直後くらいに付けることができれば・・・

    △ 6 ペルシアンナイト
    距離は問題なくむしろハービンジャー産駒は非根幹距離に向く馬が多い
    立ち写真を見たが状態は本当に良さそう

    △ 4 インディチャンプ

    最後まで入れるか悩んだ馬
    馬体からベストはマイル
    しかも今回はアエロリットの作る速い流れが濃厚
    マイラーズカップのようなことになる可能性は低くない

    馬券
    3連複 軸2頭ながし
    3-9-2.4.5.6.10 各2割



    「次走注目馬」


    京都3R 未勝利
    9 アージオン

    鞍上にそこまで信頼を置けない現状はあるが前走のタイムは優秀

    馬券
    馬連
    8-9 10割


    京都7R 1勝クラス
    8 トップウイナー

    勝ちきれない面があるが・・・

    馬券
    複勝
    8 10割


    東京10R グリーンチャンネルC
    13 イーグルバローズ

    ベストは東京D1400mのこの条件
    休み明けも向くタイプ

    馬券
    馬連
    10-13 5割
    ワイド
    10-13 5割


    京都11R 京都大賞典
    11 アドマイヤジャスタ

    軽ハンデ、人気落ち
    勝つのは厳しいと思うが・・・

    馬券
    ワイド
    11-16 10割


    東京11R 毎日王冠
    10 モズアスコット

    上記参照

    馬券
    ワイド
    10-3.9 各5割


    京都12R 2勝クラス
    6 カレンモエ

    完成はまだ先
    もっと良くなってくる
    が、ここで立ち止まるほど能力は低くない
    新馬勝ちしているように休み明けでも苦にしない

    馬券
    単勝
    6 10割


    「海外競馬」

    凱旋門賞 <G1 パリロンシャン 芝2400m>

    当日パリロンシャン競馬場では8Rが行われG1レースが6R、アラブのG1レースが1RとHCレースが1R行われます

    正直エネイブルに逆らうのは無謀
    持っている能力が他馬とは違いすぎる

    ただし、着差をつけてかつタイプではないのでこの馬をモノサシにするのは間違い
    今回複数頭数を出しているのはオブライエン厩舎(2頭は馬主も同じ)とルジェ厩舎と馬主でアヴドゥラ殿下
    海外はチームプレーが基本

    オブライエン厩舎で言うとともに馬主も同じで
    ことごとくエネイブルに負けているマジカル
    3歳で連勝中で前走クリスタルオーシャンにも勝利しているジャパン
    鞍上はジャパンがR.ムーア、マジカルがD.オブライエン
    どちらが優先か推測すると当然ジャパンが優先

    ルジェ厩舎は追加等力料を払ってまで出てきたソフトライトと今年の仏ダービー馬ソットサス
    鞍上はソフトライトが武豊、ソットサスがクリスチャンデムーロ
    こちらも3連勝中でニエル賞も買っている仏ダービー馬ソットサスが優先

    アヴドゥラ殿下は
    現役最強馬エネイブルと4連勝中で前走ベルリン大賞勝利のフレンチキング
    まあ、ここはエネイブル優先で間違いないでしょう

    では次は日本馬を見ていきましょう
    ブラストとフィエールマンは現地や欧州で前哨戦を使わず滞在先も英国のニューマーケット
    5日にフランスに輸送されレース日を迎える臨戦過程
    特にフィエールマンはかなりの能力を持つ馬だとは思っているしブラストの父ハービンジャーは欧州の芝が合っている種牡馬だとは思っているが・・・
    前哨戦も使わずさらに前日輸送では流石に・・・
    来たらごめんなさい!
    キセキに関しては前哨戦は3着も力の差を感じた方も多いと思う
    ただし、前哨戦を使い、フランスで滞在し、名手スミヨンで前哨戦本番と続けて騎乗
    日本馬で一番人気はないと思うが一番チャンスがあるとすればこの馬だと推測する

    あと気になるのは・・・
    3 ガイヤース
    ガイヤースは前走バーテン大賞勝利でビュイックが騎乗

    印にいきましょう

    ◎ 8 エネイブル
    説明不要の現役最強馬
    正直負ける姿が想像できない

    〇 10 ジャパン
    え?この馬が勝ったら日本馬扱いでいいよね?
    という冗談は置いといて・・・
    父ガリレオ、母父デインヒルという配合
    鞍上ムーアでオブライエンのエースはこちら

    ▲ 12 ソットサス
    そっと差す・・・
    日本語じゃん!
    すみません、、、これも冗談です
    ニエル賞で2400mを克服
    地元フランス勢の1番手

    △ 9 マジカル
    ジャパンが優先ではあってもこの馬が今年負けているのはクリスタルオーシャンとエネイブルのみ

    △ 3 ガイヤース
    ゴドルフィン唯一の出走馬
    前走は2着に2.3秒差の圧勝
    相手関係は一気に強化されるが・・・

    △ 1 フレンチキング
    ペリエ騎乗で4連勝中の勢いを買って・・・

    △ 4 キセキ
    日本馬ならこれ

    馬券
    3連単
    8→10.12→1.3.4.9.10.12 各1割




    ちなみに武騎手が当日凱旋門賞以外で騎乗するレースと馬は・・・
    21:15
    1R Qatar Prix Marcel Boussac - Criterium des Pouliches
    1600m G1
    8 Savarin

    21:50
    2R Qatar Prix Jean-Luc Lagardere Sponsorise Par Manateq
    1600m G1
    5 Helter Skelter

    23:55
    5R Prix de l'Opera Longines
    2000m G1
    12 Commes

    24:30
    6R Prix de l'Abbaye de Longchamp Longines
    1000m G1
    16 Jolie
    になります。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。