ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

11/3 WIN5 & アルゼンチン共和国杯 & みやこS & 次走注目馬 ほか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

11/3 WIN5 & アルゼンチン共和国杯 & みやこS & 次走注目馬 ほか

2019-11-03 12:29
    いよいよラグビーW杯が終わってしまいましたね
    優勝はスプリングボクスこと南アフリカでした
    まさに横綱相撲というべき試合運びでオールブラックスの良さを無力化したレッドローゼスですら完敗という内容
    日本戦で見た以上に強さを感じましたしあの南アフリカ相手によく頑張ったんだと実感しました
    千里の道も一歩から・・・
    ローマへの道は一日にしてならず・・・
    今大会はじめて決勝トーナメントにたどり着いたブレイブブロッサムズにとってまだまだ世界の頂には遠く険しい道のりが待っているんだと・・・
    いつかはあの決勝の舞台に立ち、そして、WebbEllisCup(ウェブ・エリス・カップ)を高々と掲げるその瞬間までたどり着いて欲しい
    自分がラグビーを見始めたのは神戸製鋼の平尾さんや大八木さんの時代からなのですがあの時代からすれば今回のような盛り上がりをする日が来るとは思ってませんでした
    その後、ラグビーの人気は下降線をたどり一部のファンだけとなり、試合のお客さんは企業からのチケットが大半で運営的にも厳しかったと思います
    トップリーグ開幕後も集客には苦労し、スタジアムにも空席が目立つ・・・
    そんな状況でした
    もちろんナショナルチームも今ほど活躍していたわけではなく一部の人気選手に頼る状況でした
    今解説をなさっている大畑さんがその一人ですね


    W杯にも9大会全てに参加していることを知っていた人は果たしてどれだけいたのでしょう・・・
    ちなみに・・・1987年に始まり今回で8回大会となったラグビーW杯ですが過去の優勝国を見てみると
    第1回 オールブラックス(ニュージーランド)
    第2回 ワラビーズ(オーストラリア)
    第3回 スプリングボクス(南アフリカ)
    第4回 ワラビーズ(オーストラリア)
    第5回 レードローズ(イングランド)
    第6回 スプリングボクス(南アフリカ)
    第7回 オールブラックス(ニュージーランド)
    第8回 オールブラックス(ニュージーランド)
    唯一北半球で優勝しているのが今回準優勝に終わったイングランドです
    次回は第10回の記念大会
    2023年にフランスのサン=ドニ / スタッド・ド・フランスで開催されます

    そこでマスコミに一つお願いしたいのは・・・
    地上波での全試合放送
    ですね

    ラグビー熱を一時のもので終わらせないためにもやはりより多くの子供たちが見れる環境で放送するべきです
    次世代の育成こそ何より重要
    そして国民のラグビーを見る目を養わなければいけない
    そのためには、トップリーグはもちろん、スーパーリーグも見れる環境が非常に重要です
    過去サッカーもJリーグが始まるまで日本ではマイナースポーツでした
    そんなサッカーが今のように日本でもメジャースポーツになったのはプロ化と、子供たちが気軽に見れる環境ができたことです
    今では放映権も高くなり、民放での放送は減ってしまいましたが開幕当時は代表戦だけでなくJリーグの試合もよくやっていました
    今のようにネット環境が揃っている時代でもありませんでしたし気軽に見れるのがテレビがメインという時代ではありましたが・・・


    ラグビーにもサッカーのように気軽に見れるというところからはじめて見てはどうでしょう?
    バレーのVリーグ、バスケのBリーグなど後発でプロ化した競技がイマイチ盛り上がりに欠けるのはやはり気軽に見れる環境がないからではないでしょうか?
    どちらも競技に魅力がないとは言えないです
    お年寄りや子供にとってやはり一番気軽に見れるのは「テレビ」なのではないでしょうか?

    土曜日にこんなニュースも入っています
    「女子プロ野球」40人が大量退団…来季は2球団体制か

    現在4チームで活動している女子プロ野球ですが来季は2チームになる可能性が高いそうです
    4チームともわかさ生活が運営する形だったそうですが1社で4チームはやはり無理ですよ・・・
    ニコニコでやっていたこともあり何試合か見る機会がありましたが確かに凡ミスも多くレベル的にも厳しいなと感じてはいましたが・・・
    なんとか存続し、わかさ生活以外の運営チームの参入を望みたいですね

    ラグビーも女子プロ野球もより多くの方に試合を見ていただき、ファンを増やすことができないと先は厳しいものになってしまうでしょうね

    でもそれはどのスポーツでも同じなのですが・・・

    では競馬の話にいきましょうか

    WIN5

    1R目 東京10R 錦秋S
    2R目 京都10R 清水S
    3R目 福島11R みちのくS
    4R目 東京11R アルゼンチン共和国杯
    5R目 京都11R みやこS

    1R目 2.4.6
    2R目 4.5
    3R目 15.2.6
    4R目 5.1.4
    5R目 16.5.9

    では重賞にいきましょう

    アルゼンチン共和国杯 <G2 東京 芝2500m>

    東京2500mの重賞と言えばこのレースと目黒記念ですね

    この2つのレースのラップタイムにどのような違いがあるのか?またはないのか?
    見比べてみましょう

    まずはアルゼンチン共和国杯の過去10年のラップタイムです



    目黒記念の過去10年のラップタイムです



    比較するとこうなります




    では印です

    ◎ 5 ルックトゥワイス

    ○ 1 アフリカンゴールド

    ▲ 4 アイスバブル

    △ 7 ムイトオブリガード

    △ 11 パリンジェネシス

    △ 13 ウインテンダネス

    馬券
    3連複
    5-1.4.7.11.13 各1割


    みやこS <G3 京都 ダート18000m>

    京都のダート1800mは重賞でいうとこのレースのみなので比較するレースはありません
    こちらも過去10年のラップタイムを見てみましょうか




    では印です

    ◎ 16 インティ

    ○ 5 スマハマ

    ▲ 9 アナザートゥルース

    △ 1 ヴェンジェンス

    △ 8 ワイドファラオ

    △ 11 テーオーエナジー
    夏場に弱い馬なので暑さに敏感なんだと思う
    涼しくなってきたので狙ってみたい

    馬券
    3連複
    16-1.5.8.9.11 各1割


    「次走注目馬」

    京都9R 醍醐特別
    7 ドナウデルタ
    馬券
    単勝
    7  10割

    福島12R 西郷特別
    14 ガンケン
    馬券
    複勝
    14  10割

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。