11/17 WIN5 マイルCS ほか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

11/17 WIN5 マイルCS ほか

2019-11-17 11:05

    昨日少し書いた国際セリ委員会の「Entire 2019 Book」なのですがとりあえずABC順にいこうと思いアルゼンチンからやってるのですがPart1国であるアルゼンチンの重賞の数を皆さんはご存知ですか?

    その数は
    G1    40R
    G2    51R
    G3    69R
    Listed  74R
    合計   234R    

    日本(JRA)はというと
    (障害レースを除く)
    G1    25R
    G2    35R
    G3    69R
    Listed  103R
    合計   232R

    Listedレース以上のレース数としてはほぼ同じですがG1とG2の数が日本より多いですね
    ではちょっと賞金の視点で見てみましょう
    アルゼンチンの通過単位はペソです
    (ペソ=PHP)
    1PHP = 2円

    G1
    最多賞金 10000000PHP = 2000万円
    最小賞金 800000PHP = 160万円

    G2
    最多賞金 2550000PHP = 510万円
    最小賞金 510000PHP = 102万円

    G3
    最多賞金 1700000PHP = 340万円
    最小賞金 391000PHP = 78.2万円

    Listed
    最多賞金 750000PHP = 150万円
    最小賞金 326400PHP = 65.28万円

    同じクラスでも賞金にかなりのバラツキがあるのが分かるかと思います
    日本のように一定の賞金ではなくかなりの格差がありますしクラスが上だから賞金が高いというわけではないのがわかりますね

    まだ作成中なのでまた続きはどこかで書きたいと思いますが本にするとおもしろいかもしれませんね~

    海外の競馬情報の本に需要があるかどうかわかりませんけど・・・
    マニアックな本になりそうですしね・・・

    では予想にいきましょう

    WIN5
    1R 東京10R 晩秋ステークス
    2R 京都10R 嵯峨野特別
    3R 福島11R 福島民友カップ
    4R 東京11R 霜月ステークス
    5R 京都11R マイルチャンピオンシップ

    1R 15.14.2.4.5.9.11
    2R 4.3
    3R 3.9
    4R 11.15
    5R 1.14
    最初の東京10Rが難関ですね
    正直すんなり決まるとはとても思えないがオッズも割れ気味
    なのでいつもとは違いここを手広く狙って見るのはどうでしょう?
    残りに関してはそこまで大荒れするとも思えないので・・・
    WIN5を購入の方は東京10Rのパドックを見てから買われる方がいいと個人的には思います

    では重賞にいきましょう

    マイルチャンピオンシップ <G1 京都 1600m>

    ◎ 1 ダノンキングリー
    父ディープインパクト、母父ストームキャット
    皐月賞3着、ダービー2着
    栄冠には一歩届かなかった春シーズン
    夏を越しての毎日王冠で目が覚めるような快勝劇
    主戦の戸崎騎手がJBCで大怪我をし、乗り代わりだが横山典騎手なら・・・

    〇 14 ダノンプレミアム
    父ディープインパクト、母父Intikhab
    2歳時にディープの最高傑作になると思ったのだが3歳以降G1勝利なしも前走の天皇賞秋での2着は価値ある2着
    ただ、懸念は鞍上・・・
    秋シーズンのG1でスプリンターズS3着、秋華賞8着、菊花賞3着、天皇賞秋2着、エリザベス女王杯6着
    上位にはくるものの勝ちきれない
    リーディングでもキープしてた首位をルメールに奪われイマイチ波に乗りきれない点が気になる

    ▲ 7 ペルシアンナイト
    父ハービンジャー、母父サンデーサイレンス
    一昨年のこのレースの覇者で昨年も2着
    ハービンジャー産駒のG1勝利を見ると・・・
    ペルシアンナイト(マイルCS)、モズカッチャン(エリザベス女王杯)、ディアドラ(秋華賞)、ブラストワンピース(有馬記念)、ノームコア(Vマイル)
    と、5勝中3勝が京都で他にも重賞で3勝を上げている舞台

    △ 5 インディチャンプ
    父ステイゴールド、母父キングカメハメハ
    安田記念の勝ち馬
    主戦の福永騎手が騎乗停止による乗り代わりで池添騎手に
    能力は認めるがそんなに乗りやすい馬とも思えない馬で初騎乗
    さらに言えば過去のレースを見ても明らかに京都よりも東京向きで・・・

    △ 10 アルアイン
    父ディープインパクト、母父エッセンスオブドバイ
    昨年の3着馬で京都成績1.1.1.3、マイル成績2.0.1.1
    鞍上は名手ライアン・ムーア
    勝ちきれるとまではいかないと思うが上位争いは必至

    △ 17 レイエンダ
    父キングカメハメハ、母父シンボリクリスエス
    一番悩ましいのがこの馬
    能力を活かしきれていない上に京都は初めて
    前走の富士S2着は素直に評価していいと思うし、今回からブリンカー着用予定
    レースに集中できれば・・・

    馬券
    3連複
    1.14-1.7.14-1.5.7.10.14.17 各1割

    本日は以上です

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。