12/15 WIN5 & 朝日杯FS ほか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

12/15 WIN5 & 朝日杯FS ほか

2019-12-15 08:24
    さて、12月も中旬に入り、JRAの重賞も残すところわずかになってきました。
    今年の目標だった全重賞の予想掲載はなんとか達成できそうです。
    しかし、予想結果は・・・
    このままだと、なんとも無残な結果になってしまいそうですね。
    WIN5も前半に的中があったのですが後半の結果は散々ですね・・・
    今年中になんとかもう1本当てたいところなのですが・・・

    NOTEで書いてる記事もあるので来年は予想記事においてもNOTEで書く事にするかもしれません。

    まあ、なんとかNOTEの閲覧数も上げたいですしね。

    そしてNOTEの方ですがアルゼンチンの後はオーストラリアにいく予定なのですが、オーストラリアの重賞ってアルゼンチンの倍以上あるんですよ。
    しかも、開催団体が多く、データ収集にも苦戦しそうな感じです。
    なのでアルゼンチン終了後オーストラリア開始までしばらくかかるかもしれません。
    ただし、アルゼンチンもまだ連載の半分ほどですのでアルゼンチン編の連載が終わるのは来月の中旬あたりになりそうです。
    無事オーストラリア編を始めることが出来るのでしょうか・・・

    では予想にいきましょう

    WIN5
    1R 寒椿賞
    2R 元町S
    3R ディセンバーS
    4R 浜松S
    5R 朝日杯FS

    1R 2.13.10
    2R 2.14.3.7
    3R 3.11
    4R 8.10.4.12
    5R 6.3.12

    難解なレースが多いですね。
    なかなか一筋縄ではいかないかもしれません。

    では重賞にいきましょう


    朝日杯FS <G1 阪神 芝外1600m>


    先週同舞台で行われた阪神JFではリアアメリアがまさかの6着・・・
    ダイワメジャー産駒のレシステンシアが制しました。
    非常に強い勝ち方で、春シーズンが楽しみになる勝利だったと思います。
    メンバーを見てみると、サウジアラビアRC勝ち馬のサリオスが1番人気になりそうですね。
    非常に強い勝ち方でしたし、メンバー的にも少し恵まれた感があります。
    と、言うのも東スポ杯の1~3着馬は不在でマイルの重賞を勝っているのは同馬と、デイリー杯2歳S勝ちのレッドベルジュールのみ。
    小倉2歳S勝ち馬のマイネルグリット、京王杯2歳S勝ち馬のタイセイビジョンはともに距離に限界がありそうな馬でマイル向きとは思えない。

    では予想にいきましょうか

    ◎ 6 サリオス
    新馬戦、前走ともに勝ち方は非常に優秀。
    特に前走は先週の阪神JFのレシステンシアと同じ1:32.7とタイム的にも優秀。
    初の右回りだけが唯一心配ではあるが問題ないと見る

    〇 12 レッドベルジュール
    こちらも2戦2勝で重賞勝ち馬。
    前走は出遅れから差し切る競馬もタイム的にはそうレベルは高くない。
    今週の調教タイムはよかった。
    ただ、能力的に◎とはかなりの差を感じる。

    ▲ 3 ペールエール
    新潟2歳Sの2着馬で、デイリー杯3着馬。
    デムーロからマーフィーへの乗り代わりは問題ない。
    切れるというタイプではなくスピードの持久力勝負に持ち込みたいタイプの馬。
    瞬発力勝負になると◎や〇には及ばないので持久力勝負に持ち込むことができれば・・・

    △ 1 ジュンライトボルト
    △ 7 ウイングレイテスト

    では買い目にいきましょう。

    馬券
    馬単
    6→3 3割
    6→12 7割


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。