ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

自転車で北海道を縦断してみた(2014 夏)Part0 装備紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自転車で北海道を縦断してみた(2014 夏)Part0 装備紹介

2015-05-12 17:58
    はいどうもこんにちは。

    ここまでだらだらと適当に書き綴ってきた旅行記も、
    この北海道編でひとまず終わりを迎えると言うことで。

    とりあえず、本編入る前に、
    今まであえてしてこなかった装備紹介なんかを始めちゃいますよ。


    ・自転車
    当然だけどこれがないと自転車旅行は始まらない。



    ルイガノさんのRSR-4っていう、
    フラットバーロードって括りではあるものの
    もうクロスバイクだろ、って感じの自転車をベースに、
    ハンドルをドロップハンドルにして、
    それに伴ってコンポーネントもTiagraに積み替え。
    ブレーキだけは、クロスバイクだろ、って感じだったおかげでサイズが合わず、
    シマノの同価格帯の別のやつですが。

    それからサドルも変わってて、ペダルもSPDになってます。

    ペダルは無駄にULTEGRAクラスのになってる。
    SPDだとこれ以上のモデルはなかったんじゃないかな。
    一つ下のとあんまり価格差なかった(気がする)し、見た目が好きだったので。

    購入時から変わってないのはフレームとホイールぐらいかな?
    ホイールも替えたかったけど、
    荷物が多くて重いし、
    スポーク少ないホイールにするのは不安すぎたんですよね。

    サドルとかペダルについては後述しますよ。

    べべの自転車については、写真がなくて申し訳ないですけど、
    ライトウェイのシェファードアイアンFっていうフラットバーロードをベースに、
    やっぱりドロップハンドルにして、
    コンポーネントは確かクラリス、サドルとペダルも変更、そんな感じ。
    色は水色。


    ・サドル



    こいつです。
    フィジーク アリオネ R3。
    とりあえずペダリングがめっちゃスムーズ。もうほんとスムーズ。

    サドルって人によって合う合わないがあるし、
    他人のインプレで高評価だったから買ってみたけど全然だめじゃん!
    みたいなこともよくあるっぽいので、
    どうせそんな参考にならないだろうしあんまり詳しくは書かないですけど、
    個人的には、
    「こいつのおかげでだいぶ快適に長距離を走れたなあ」
    って感じではありますね。
    そこまでお尻の痛みに苦しめられることもなかった。


    ・ペダル



    SPDです。
    こいつなら歩きやすいシューズとかもあるし、ツーリングには使いやすい。

    と思ったけど、今思うとトゥークリップの方が便利なのでは?って気もします。
    それなら普通のスニーカーとかでも問題ないわけですし、
    合わせてシューズ買う必要もなくなるわけで。

    もちろんSPDにもトゥークリップにない利点がありますし、
    一長一短だと思うので、お好みでどうぞ、って感じですかね。

    ちなみにぼくとべべがつかってるシューズに関しては、
    最近輸入がストップしちゃったらしくて買うのが難しくなったらしいので、
    もう紹介は省きますね。
    なんか革のオシャレなやつです。イタリア製(?)


    ・灯火類



    フロントはこれ。とにかく明るい。
    周りに灯りがないところなら、星だって照らせちゃうぞ!
    って感じの一品。

    北海道の某道の駅でこれを空に向けて、
    「あれがデネブ、アルタイル、ベーガー♪」ってやってた。

    本気で真っ暗な道走るとなるとこいつでも心許ないから、
    最低でももう1,2個はライトを用意しとくことを強くオススメします。

    あ、自転車乗りが大好きな点滅機能はついてないよ。
    でもあの点滅、対向車とか歩行者的には結構鬱陶しいから、
    たぶんやめた方がいいと思うんですよね。誰が流行らせた。



    リアはこれ。
    デザインもいい感じだし、単4電池2本で結構光ってくれます。
    4種類ほどモードがあって、こっちは点滅もさせられるよ。
    防水性はあんまりないから、濡れたらちゃんと拭きましょう。


    ・サイクルコンピュータ

    通称“サイコン”



    速度、ケイデンス、平均速度がわかったり、
    その他諸々の機能がついてる便利アイテム。

    このモデルは心拍も測ってくれたりします。
    リンク先のは心拍測る機械が別売りになってるけど、
    セットになってるモデルもあります。

    でも正直、
    レース出たりそれ前提の練習したりしないなら心拍測る必要ってある???
    って感じなので、なくても問題ないんじゃないかな。

    ていうか斜度とかが計測できるモデルもあるらしい(?)ので、
    そっちの方がツーリングには便利というか、楽しいかもしれない。


    ・リアキャリア



    サイドバッグとかドライバッグとか積むためのキャリア。

    日本一周した方がブログで紹介ししていたのを見てこれにしました。
    ぼくの自転車の場合、取り付けはちょっと無理矢理気味になりましたけど、
    特に使ってて不具合とかはなかったし、
    耐荷重に関しても充分すぎる性能なんじゃないかと思います。


    ・フロントキャリア

    ぼくの自転車はフロントフォークにダボ穴がないので取り付けできませんが、
    べべはつけてました。どんなの使ってたかはしらない。


    ・携帯ポンプ



    安いし、空気圧も見られるし、ちゃんと空気も入るし、
    必要最低限な感じのポンプですね。

    お金に余裕があるなら
    もっとスマートで尚且つ入れやすいのが買えると思うので、
    特にオススメはしません。

    とりあえず安い。


    ・パンク修理キット



    チューブの穴が空いたところをヤスリでならして、ペタっと。

    それだけ。

    ノリ要らずでめちゃくちゃ簡単。
    あのノリって、長期間置いとくと使い物にならなくなっちゃうし、
    そう言う意味でも、ノリが必要ないこいつはオススメ。


    ・チューブ



    パンクは修理キットで直しますが、
    どうしようもないときはチューブを替えるしかないので。
    チューブも数本必要です。

    なんとなくシュワルベが好きで、なんとなくロングバルブが好き。


    ・タイヤ



    なぜか「今履いているタイヤを限界まで使い潰したい…!」
    とかいう願望が湧いてしまったので、潰れた時用にタイヤを1セット。
    荷物増えるだけなので出発前に履き替えた方が絶対にいいです。

    ツーリング用には、定番というか鉄板というか
    「マラソン」っていうめちゃくちゃ丈夫なタイヤがあるんですが、
    如何せん重すぎるのが嫌すぎて、
    行きつけの自転車屋の店長と相談してこのタイヤを選択しました。

    結果から言うとマラソンにしときゃよかった、って感じ。
    別にこのタイヤが悪いってことではないです。
    まあ詳しいことは追々。

    上の自転車の写真で気付いた人もいると思いますけど、
    タイヤが前後で違ってる理由もその時に。


    ・アーレンキー

    要するに六角レンチ。
    キャリアーを取り付けてるネジを締め直したりとかに使います。

    高いのから安いのまでいろいろあるけど、
    安すぎるのはネジ穴潰しかねないので避けた方がいいです。


    ・ドリンクボトル



    もうめちゃくちゃ使いやすい保冷ボトル。超オススメ。

    保冷ボトルなのに固くなくて飲みやすいし、
    保冷性能も必要充分。見た目も結構かっこいい。
    飲み口のところが外しづらくて洗いづらいのがネックだったけど、
    モデルチェンジして外すの簡単になったらしいので、
    もう文句のつけようがないボトルなんじゃないかな。

    買って絶対に後悔しない一品
    だと思います。
    今回の装備紹介で、ここまで手放しで褒めるのはこいつぐらいかもしれない。

    0.6Lのちょっと小さいサイズもあるので、お好みでどうぞ。


    ・携帯食



    北海道みたいな、“セブンイレブン 直進40km”とかいう
    頭のおかしい標識が乱立してるとこ走るなら必須ですよね。

    ハンガーノック怖い…。

    自転車用とか登山用とかの携帯食も色々売られてますけど、
    正直カロリーメイトが安定だと思います。
    美味しいし、どこにでも売ってる。必要なときに必要な分だけ食べられる。
    自転車屋の店長に登山用の携帯食オススメされて食べてみたけど、
    全然美味しくなかったんだよなあ…。

    あ、ちなみにメープルとチョコが好きです。
    ポテトはなんで売れると思ったのかわからない。
    今まだ売られてる意味もわからない。


    ・電池

    ライトとか、後述しますがランタンとかもあるので、ある程度。
    足りなくなったらその都度補充。


    ・バックパック



    これはべべが持っていた物で、ぼくはメッセンジャーバッグだったんですが。
    メッセンジャーバッグは、肩と腰への負担が辛すぎましたね。
    ロングライドはバックパックの方がやっぱり安定しそう。

    財布とか携帯、携帯食等々、
    使う頻度の高い物を適当にぽんぽん放り込んでました。

    このドイターのバックパック、
    ヘルメットを収納できたり、背中が蒸れないように工夫されてたり、
    色々と高性能なんですよね。
    これ以外にもいくつかモデルがあるので、
    ご自身にあったものを是非買ってみてください。
    ぼくも欲しい。

    あ、自分の持ち物じゃないので、べべがこのモデルだったかは不明です。
    たしかこんな感じの見た目だったなあとは思う。

    ---------------------------------------------------------------------------------------
    (11月3日追記)
    どうやらモデルどころかメーカーから違ってたみたいです。



    べべが持ってたのはこのメーカー。エルゴンさん。
    モデルがこれだったかはやっぱり定かじゃないです。

    あと上に書いてる「ヘルメットが収納できる」ってやつ、
    メーカー違ってたのでドイターのにもそんな機能あるかわかりません。
    まあこっちのエルゴンさんのも、全モデルそんなのついてるかわかんないですけど。
    どっち買うにしても、買う人は各自で調べてね。

    ---------------------------------------------------------------------------------------



    ・モバイルバッテリー

    超重要。

    充電できるような場所が都合良くその辺にあるわけでもないし、
    ぼくらは自転車ナビタイムとかGoogleマップとか使って、
    携帯でルートを調べる事が多かったので、ほんとに重要でした。
    10,000mAhのを2,3個ずつぐらい持ってましたね。

    詳しいことはまた別の記事で書くと思いますが、
    ほんとにこれを持っててよかったと思える場面がありました。


    ・服、インナー、靴下

    走ってるときに着られて、観光の予定もあるから普段着にも使えて、
    ついでに安くて使い潰せる、そんな感じの服。
    ユニクロ
    ってことでユニクロでポロシャツ数枚とハーフパンツ数枚購入。

    ぼくは半袖のサイクルジャージ2枚とビブショーツ1枚を持ってたのでそれも。

    あとインナーは、観光だけの予定の日用に普通のを数枚、
    自転車乗るときは、



    こういうやつ。

    お尻にパッドが入ってて、痛みを軽減してくれます。
    ビブショーツは高いけど、これなら安い。

    ぼくらが持ってるのはこのメーカーじゃなかったと思いますけど、
    正直どこのでもそんな変わらないんじゃないかな。
    これを2,3枚。

    靴下も3組ほど。

    なるべく少なく抑えてコインランドリーで洗濯した方がいいです。
    よく「洗剤持っていって公園とかで洗う」みたいな記事みかけますけど、
    サイクルジャージならともかく普通の服はまず乾かないです。

    逆に言うと、サイクルジャージで観光もするぜ!って強者なら、
    夜洗えば翌朝には乾いてるので荷物めっちゃ減らせます。


    ・ヘルメット



    “自転車乗りたるもの、いついかなる時もヘルメットを着用すべし”
    みたいな意見には、正直個人的には賛同しかねるんですが。

    まあ走る距離が距離ですし、少しでも怪我を防げる可能性があるなら、
    被っといてそ損はないんじゃないかと思います。


    ・アイウェア



    これは本当に必須。
    車が小石はね飛ばしてくるし、
    山を下ってたら小さいコガネムシみたいなのが顔に突撃してくるし、
    何度こいつに目を守られたことか…。

    レンズの色は違うけどフレームはこれです。
    でも自転車にはこいつより他のフレームの方がいいかも?

    レンズは、晴天・昼間用の色が入ったやつと、曇天、雨天・夜間用のクリアレンズ、
    その2種類は最低でも欲しいところ。

    安価なのでもいいから持っといた方がいいです。


    ・サイクルグローブ



    手の疲れを軽減するために、こいつは必須ですね。

    ボロボロだったので出発前に新調しました。

    それまで愛用していたCHIBAのとあるモデル、
    生産が終わっただか輸入が止まっただかで売っていなくて、
    仕方なく店長のおすすめだったこれを購入。
    あんまり乗り気じゃなかったけど、実際すごい使いやすかったです。

    まずフィット感がすごいですし、雨の時も滑らない。
    あと透湿性にも優れてて、蒸れにくいんです。
    勧められるには理由があるんだなあ、って感じ。
    フルフィンガーのモデルもあるので、お好みで。

    春秋用にフルフィンガー欲しいですね。


    ・レインウェア

    できる限り雨の日は走らない方向でいきたいんですけど、
    走ってる途中に降り出してきたら困るので。防寒着にもなるし。
    自転車用のはめちゃくちゃ高いから、適当に安いのでいいと思います。


    ・折りたたみ傘

    イギリス人じゃあるまいし、レインウェアで町を歩きたくはない…。
    ってことで。
    実際何回か使いました。


    ・タオル

    色々使えるので数枚。
    具体的には銭湯とか。


    ・常備薬

    ロキソニン最強。
    あとは胃腸薬とかですね。
    途中でサロンパスとかも買いました。


    ・ビニール袋

    洗濯前の服を隔離したり、ゴミ袋に使ったり。
    タオル同様なにかと重宝します。


    ・歯磨き・洗顔・シェービングセット、爪切り

    いついかなる時も身だしなみは整えなければならない。


    ・サイドバッグ



    安心と信頼のオルトリーブさん。

    どんだけ激しい雨に降られようが、
    「さすがオルトリーブだ、なんともないぜえ!」
    って感じ。

    世界一周とかしてる人も使ってるぐらい、
    防水性だけじゃなく耐久性も高いです。

    他と比べて高すぎるってこともないし、迷ったらこれにするべきなのでは。

    ちなみにべべは



    フロントにもサイドバッグを。


    ・ドライバッグ



    サイドバッグだけじゃ足りない、どう考えても足りない!
    ってことでこいつも。

    やっぱり完全防水だぜ。

    キャリアのサイドにサイドバッグをかけて、
    こいつは上に積んでロープで固定してました。


    ・テント



    2人用。

    2人用を2人で使うと狭いです。


    何を言っているかわからないと思うが、おれも何を言っているかわからない。

    アウトドア派な人には常識なのかもしれないですけど、
    テントとかの○人用って、○人が寝られる広さですよ、って意味なんですよね。
    つまりぼくとべべが寝転がると、もうほとんどスペースないんですよ。

    まあ荷物を外に出してさえおけば脚を伸ばして寝られるので、
    問題ないと言えば問題ない。

    他のテントを使ったことがないので、比べてみてどうかはわからないですけど、
    設営がめちゃくちゃ簡単なので、
    「テント張るのなんて初めて!」
    みたいな人でも余裕です。実際ぼくらがそうでしたし。
    あとなんだかんだ快適でしたよ。

    他にも何種類かサイズ展開しているので、用途に合わせてどうぞ。


    ・グラウンドシート



    テントの下に敷くやつ。
    テントを直接地面に置いちゃうと、穴空いちゃったり水が浸みてきちゃったりするので。

    テント内が手狭だから靴履かずに動けるスペースを増やしたい、って言うのと
    1枚がだめになっても代えがきくように、ってことで2枚持ってました。


    ・ペグ



    テント付属のペグはなんとなく頼りないのと、
    ペグハンマー使ってなかったせいで何本か曲がっちゃってたので、
    北海道旅行前に新調。

    安心と信頼(らしい)のソリッドステーク。
    どんな地質でもお任せあれ、
    なんとコンクリートにだってペグダウンできちゃうぜ!
    まあそんなところにペグ打つ機会はなかったですけど。

    ほんとは地質とかに合わせて長さ変えるべきなんですけど、
    めんどくさいしよくわかんないから1種類だけ。

    後述しますがテント意外にも用途があったので、結構な本数持ってました。
    割と本気で重いのが難点。


    ・ペグハンマー



    これ使わないとペグ打ちめんどくさい上に曲がっちゃう。
    抜くのも楽になるよ。


    ・タープ、ポール





    テント以外のペグの使い道。

    さっきどっかで書いた気がするけど、雨の日はあんまり走りたくなかったので、
    「こいつあれば自転車雨に晒さないで済むし、
     テントの中に籠もる必要もなくなるじゃん!」
    と思って購入。

    結論から言うと、
    想定とは違った使い方になったけどめちゃくちゃ役に立った。
    ていうかなかったら色々やばかった。
    タープだけ、ね。

    なおポールは役立たずの模様。


    ・シュラフ



    伸縮性高くてめっちゃ快適。
    こいつに入ったまま胡座もかけます。

    最初は「安いから」って理由で
    某有名アウトドアブランドの封筒型のを買ったんですけど、
    やっぱり寝袋と言えばこのマミー型ですよね。
    使い心地もいいしコンパクトに纏められるしいい感じ。

    これは#3ですけど、他にも色んなモデルがあって、
    最低使用温度が-31度ぐらいのやつとかまであります。
    すごい。
    使用環境に合わせてどうぞ。


    ・マット



    シュラフが掛け布団なら、こいつは敷き布団ですね。
    これがないとゴツゴツした地面が痛いし、熱もってかれて寒いし、
    もう絶対必要だと思います。

    空気入れて膨らませるだけ。
    空気入れとか使えないけど、平均的な肺活量あったら余裕です。

    最初はシルバーマット使ってたけど、嵩張るのでこっちに替えました。


    ・枕



    こいつも空気入れて膨らませるだけ。
    なくても特に困らないけど、あったら快適です。

    パンパンに膨らませるより、若干空気少なめの方がいい感じ。


    ・クッカー、携帯コンロ、ガスボンベ、箸、スプーン他、マグカップ













    当初は北海道一周の予定だったので、
    「一周するなら食費節約しないとお金厳しいな…」
    ってなって購入。

    しかし諸事情で2週間ほどしか北海道にいられなくなりまして。
    「とりあえず稚内まで(縦断)を目標に、その後は行けるところまで行こう」
    ということになり、お金に多少の余裕ができたので、
    あんまり使わなかったですね。

    ラーメン茹でたり、ご飯炊いたり、味噌汁作ったり、わかめスープ作ったり、
    そういうのは何回かしました。美味しかった。
    メニューからわかるとおり、スプーンフォークナイフの出番はなかった。

    箸は割と使い勝手よかったですよ。
    なにより名前が好き。和武器。かっこいい。

    カセットガスジュニアバーナーは、
    名前が示すとおりカセットガスジュニア用なので、
    普通サイズのカセットガスを使うとちょっとがたつきます。
    まあちょっとだけなので、特に問題はないです。


    ・テーブル



    「料理するならちゃんとちゃんとテーブルに並べたいじゃん!」
    って思った。

    あのときはそう思った。

    1回だけ使ってめんどくさかったからやめました。



    ・椅子

    快速旅団さんの BabyDack ってやつを購入しました。
    組み立て式のちっちゃい椅子ですね。

    なんとなく重宝したようなしてないような…?

    座り心地は悪くないです。
    気になる人はググってくださいー。


    ・ランタン



    北海道旅行前に購入。
    それまでは自転車のライトとかで代用してました。

    いい感じに明るいし、自立するし、吊り下げられるし、いい。
    明るさは無段階調節できます。素晴らしい。


    ・ツーリングマップル



    ライダー御用達の地図。
    必需品とすら言われてたり。

    ライダーハウスの情報とか、路面状況とか、なんか色々載ってます。
    携帯でルート検索してたからあんまり使わなかった気がする。

    あ、それから、ライダーさんのブログとか読んでると
    「どこのコンビニでも売ってます」
    とか書いてるけど、売ってないので注意してくださいね。

    コンビニ見かけたらとりあえず寄ってみたけどどこにもなくて、
    結局Amazonで買って札幌のコンビニで受け取ったので。
    事前に買ってから行くことをオススメします。


    ・HO



    こいつは割とどこのコンビニにも置いてます。

    北海道の情報誌みたいな感じ。
    温泉の無料券とか割引券がついてて、無料のとこ2箇所入れば元が取れます。

    ただ自転車の場合は、
    本来予定していたルート上にない温泉に寄る場合、
    バイクと違ってかなり時間を使うことになりますし、
    予定が大きく狂うことも無きにしも非ずな気はします。

    やっぱり事前に買って、温泉も予定に組み込んだ方が無難ですね。


    ・輪行袋

    北海道までの行き帰りは輪行だったので。



    ひとまずこんな感じでしょうか。

    たぶん、自転車で旅行してる人たちの中ではかなりの重装備ですよね。
    快適さを犠牲にしたくなくていろいろ欲しい!って思った結果、
    荷物が多すぎて移動の快適さを失ってしまった感。

    その上使用頻度の低い物が多すぎるという。
    まあでも楽しかったらなんでもええんや。


    なんか他にも思い出したら追記していきます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。