ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

自転車で北海道を縦断してみた(2014 夏)Part0.33 前日・輪行・青森編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自転車で北海道を縦断してみた(2014 夏)Part0.33 前日・輪行・青森編

2015-08-01 16:48
    お久しぶりです。
    夏休み入ったし、またちょくちょく書き進めていきます。

    Part0.33と0.66で北海道走り始めるまでの事書いて、
    北海道編はPart1から始めるよ。


    -8月10日(出発前日)-


    出発前日ということで、ちょっとばかしやることが。

    まずは髪の毛を切りに行きます。
    普段1ヶ月半に1回ぐらいの感覚で切りに行ってるんですが、
    3週間〜1ヶ月ぐらいで「切りたい…切りたい…」ってなるので、
    できるだけ出発直前に切りたいと思っていまして。

    しかし起きると土砂降り、傘挿してても下半身ずぶ濡れ
    そんな状態で髪の毛切りに行って、帰りにちょっと買い物もして、帰宅。

    下半身がほんとにずぶ濡れ。
    絞らなくてもズボンと靴下から水が溢れ出るぐらい。
    もう本当にすごい雨だった。
    すごかった。(小並感)

    帰ってきた後は雨が止むのを待って、
    でも結局止みそうになくて、小雨になったタイミングを見計らって
    荷物を持ってべべの家へ。

    それからその荷物を段ボールに詰めて、タクシー呼んで郵便局へ。
    自転車だけでも大荷物なのに、
    あれだけの装備を抱えて輪行なんか無理に決まってますからね。
    最低限の手荷物だけ残して、函館の郵便局に送っちゃいます。

    で、発送の手続きが終わって、この日のやることは終了。
    出発に備えて寝るだけです。
    寝るだけなんですが…


    -8月11日-

    午前1時。
    まだ起きてます。
    帰省中に撮り溜めてたアニメを観てたらこんな時間に。
    そしてまだ見終わってない。
    ちなみに残響のテロルがめっちゃ好きでした。

    出発予定は4時半ぐらい。やばいですね。

    というわけで、電気をつけたまま3時間ほど仮眠。
    頭はすっきりしたけど身体がばっきばきになりました。

    シャワー浴びて、べべと合流して京都駅へ。
    京都駅から普通電車をを乗り継いで、
    北海道、ではなく青森を目指します。
    北海道の前に青森を観光する予定なのです。

    というわけで電車に乗り込む。




    こんな感じ。べべはサイドバッグ1個だけ手で持ってます。
    バックパックがちょっと容量不足だったようで。

    あ、輪行する際は、他の乗客の方の迷惑にならないようにしましょうね。
    人が少ない車両探したりとか。
    先頭車両のこの部分は、スペース広いし車掌さんみたいに出てこないしで、
    自転車置いてる人よく見かけますよね。

    今回の旅行中、親切な方に
    「車いす固定するスペースに置いたらいいよ」
    って教えて頂いて、そういうスペースがある時はそこに置いてました。
    あのスペースに自転車おいて輪行してる人って今までみたことなかったけど、
    車いす利用者がいない時は誰も使わないわけですし、
    輪行にはちょうどいい気がします。

    それはさておき。
    京都から新快速に乗って米原到着。



    ここで1時間半の乗り換え待ちなわけです。
    朝ご飯食べようかと思ってたんですけど、
    近くにコンビニがない他のお店は閉まってる
    キヨスクもまだ開いてない、みたいな状態でして。
    いっつもすぐに乗り換えて改札出たことないから知らんかったけど、
    米原ってこんな田舎やったんやな…。

    ってことで、ただただ1時間半ぼーっとするだけ。

    そんなこんなで次の電車乗って、
    敦賀→金沢と来て、



    富山。また1時間待ち。

    からの、



    直江津。

    快速くびき野に乗って、



    日本海を眺めてたら新津駅到着。
    ここで最後の乗り換え。
    の前に、そこそこ時間あるから晩ごはん。

    コンビニでカップ麺食べた後…



    ハーゲンダッツ ショコラミント。
    これ今年もまた売り始めましたよね。めっちゃうまい。
    チョコミントのこと歯磨き粉っていうのやめろよ!!!

    で、電車乗って、ガタンゴトンと揺られること2時間ちょい。
    終点の鼠ヶ関に到着。



    僕ら以外にもチャリダーが3人、バックパッカーみたいなおっちゃんが1人、
    計6人で駅舎内で1泊。
    チャリダー3人のうち2人は途中からずっと同じ電車に乗ってて、
    東北の方に走りに行くんだとか。
    もう1人は、自転車サークルでの旅行中怪我をしてしまって、
    走れなくなったので1人で先に帰る途中、とかだった気がします。

    ちなみに乗務員の人たちも併設の宿舎に泊まってました。
    次の日の鼠ヶ関始発の電車に乗って帰るらしい…。
    お疲れ様です。

    寝る前に朝ご飯買っておこうってことで、
    なんかちょっと遠目な最寄りのコンビニへ。
    遠いのは困るけど、徒歩圏内にコンビニがない米原よりは評価できる。

    雨降ってたので折りたたみ傘使用。早速役立ってる。

    で、その帰りにこんなものを発見。



    こんなもの見ちゃったらさあ…。



    やるしかないよね。

    というわけで、左半身は新潟に、右半身は山形にいました。
    なんかちょっと、よくわかんないけどなんか嬉しい。テンション上がる。

    そんでまあ日付が変わる頃にはみんな寝る準備を終えまして。

    おやすみなさい。また明日。


    -8月12日-

    おはようございます。
    時刻は午前1時25分でございます。
    もちろん始発はまだまだ先です。

    じゃあそんな時間に何してるの?

    当然の疑問だと思います。
    お答えしましょう、なぜこんな時間に起きてしまったのか。
    より正確には、なぜ一人だけ寝付けないままこんな時間になってしまったのか。

    蚊です。

    加賀でも散々ぼくを苦しめた蚊が、ここでもまた襲ってきたわけです。

    耳元で
    ぷんぷんぷんぷん、手足をちくちくちくちく、
    煩いやら痒いやらで寝られたもんじゃありません。

    というわけで、他のみんなが熟睡する中、
    起こさないようにそっと抜けだし、虫除けスプレーを求めてコンビニへ。

    無事虫除けスプレーを入手し、
    みんなを起こさないように念のため離れた場所で身体中に吹きつけ、
    顔とかにも手に吹いてから塗り込んで、

    これでやっと寝られる!

    と幸せな気分で目を瞑りました。



    確かに噛まれなくはなった。
    でも噛む場所を求めてぼくの周りをずっとぷんぷん飛び続けやがるんですよね。

    ずっと。ずっと。ずっと。

    ぷんぷん。ぷんぷん。ぷんぷん。

    …ダメでした。

    もうほんとに寝付けなくて、雨がぱらつく外を散歩してみたり、
    雲ばっかで何も見えない空を見上げてみたり、
    そんなことしてたらみんなが起き上がりはじめました。
    ほんの数分しか寝られてない。

    蚊はこの世から1匹たりとも残さず殺し尽くしましょう…。
    戦争だ…。

    とまあそんなわけで、ここからまた、ひたすら電車に揺られるわけです。
    先述の通り、目指すのは青森県は八戸駅。

    寝ぼけ眼で、景色を眺めながら寝て、起きて、寝て、起きて…
    な感じだったので全然写真がないわけですが。

    鼠ヶ関で一緒だったチャリダーの皆さんも
    途中までは一緒の電車の違う車両に乗ってたりで、
    みんなで3分とかのシビアな乗り換えを頑張ってクリアしてました。

    とりあえず眠かった。
    そんで八戸着いた。


    Part0.66に続くよ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。