ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

自転車で北海道を縦断してみた(2014 夏)Part0.66 青森・フェリー編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自転車で北海道を縦断してみた(2014 夏)Part0.66 青森・フェリー編

2015-12-05 21:31
    …お久しぶりです。
    前回の記事で『Part0.66に続くよ!』と書いてから早4ヶ月。
    筆が遅い上に内容も稚拙で申し訳ない限りですが、
    最初の記事にも書いたとおり“備忘録”みたいなものなので、まあ許してやってください。
    備忘録やのに色々忘れすぎて内容スカスカやん!
    みたいなツッコミも、耳が痛いのでやめてください。

    そんなわけで。

    -8月12日-

    前回八戸に着きました。
    八戸できのさんに拾って貰って、きのさんのお宅に向かい、
    自転車積み込んだバモスから別の車に乗り換えて。

    八食センターってところに来ました。
    なんか市場みたいなところ。

    あ、言い忘れてたけどこの日全然写真ないです。

    海産物いっぱい並んでるし、野菜も確かあったし、
    青森のお土産とか九州のお土産とかいっぱいあった。
    鯨の竜田揚げ(?)あったから思わず買っちゃいました。
    久々に食ったけど鯨美味いよ…。和歌山県民のソウルフード…。
    ※ソウルフードとか言うほど和歌山県民鯨食べてません。
     ただ太地町って小っちゃい町には世界有数の鯨の博物館があったりします。


    で、一番気になったのがこれ。



    せんべい汁。せんべいなのに、アルデンテ!!

    …なにそれ?

    普通のせんべいを想像してたので「え、なにそれ…」って思ったけど、
    どうやら小麦粉とかそば粉とかを使ったせんべいらしいです。
    それならわかる、というか美味しそう。

    で、この後宿にチェックインして荷物置いてから、晩ごはん。
    おそらく八戸のメインストリート的なところの居酒屋さん。

    そこそこお酒に強いべべが色々飲まされ、
    きのさんは笑いながらビールを飲み、
    お酒に弱いぼくはほんの少しのアルコールと疲れから眠くなる。
    そんな感じの晩ごはん。

    いちご煮っていう青森の郷土料理を出してもらったんですが、
    べべがめっちゃはまってました。
    ウニとアワビが入ったお吸い物なんですが。

    自分はウニもアワビもちゃんとしたものを食べたことがなかった上に
    ウニに関しては若干の食わず嫌いが入っていたのでちょっと尻込みしましたが、
    普通のお吸い物なので普通に美味しかったですよ。
    具材がやたら豪華なお吸い物。

    さて、ご飯も食べたし時間も遅い、宿に戻ってあとは寝るだけ、と思いきや。

    宿とは違う方向に車を走らせるきのさん

    それどころか暗い山道をどんどん登っていく

    …これ、どこ行くの?

    答えはカーステレオが教えてくれました。

    「いつも通りのある日のこーと♪ 君は突然立ち上がり言った♪」

    選曲と同時に歌い出すきのさん。

    「「「こーんーやーほーしーをーみーにーゆーこーおー♪」」」

    知ってる曲はついつい歌いたくなるぼくとべべも歌い出す。

    車内に響くむさ苦しい男3人の歌声。

    もう皆さんにもお分かりですね?

    そうです、天体観測です

    ちなみに一連の流れはかなり脚色してます。

    というわけで、きのさんのお知り合い(?)が主催する
    ペルセウス座流星群を観ようの会(?)にお邪魔してきました。

    どうやら月が明るすぎて天体観測にはかなり不向きな空だったらしいんですが、
    めっちゃ流れ星見えましたよ。
    人生で初めて流れ星をみたらしいべべがすごいはしゃいでて面白かったです。
    いやでもとにかくめっちゃ星空綺麗だった。

    ちっちゃいお子さんを連れたご家族なんかもいて微笑ましかったし、
    あと頂いたインスタントのコーヒーがめっちゃ美味しかった。
    ああいうところで飲むコーヒーってクソ美味いんだよな…。

    そんなこんなで天体観測終わって、宿に戻って、寝ました。
    べべのツイートによると、
    電気を消して1分もしないうちにぼくは寝息をたてていたらしいです。

    そりゃあな、鼠ヶ関では全然寝てないからな…。


    -8月13日-

    この日も青森。
    夕方のフェリーで北海道に向かいます。それまで観光。

    まずは蕪島。



    こんな感じでいっぱいウミネコがいるの。
    めっちゃニャーニャー鳴いてる。
    えびせん持ってたり蒔いたりしたら寄ってくるから、
    みんな近所のコンビニで買ってくらしい。
    餌付けするべべさんの図。

    そんで蕪島神社。



    漁業の守り神らしいです。
    特にこれと言って何があるってわけでもないけど、
    ぼくもべべもおみくじで大吉を引いたのでちょっと思い出深い。
    そういや最近全焼したとかってニュースでやってましたね。
    放火の可能性があるとか。なんとも腹立たしい。

    ちなみにここ、蕪“島”といいつつ完全に陸続きなんですけど、
    昭和17年に旧海軍が2年がかりで埋め立て工事したらしいですよ。
    Wikipedia先生が教えてくれた。

    んでお昼ご飯。
    ドライブイン的なところで海鮮丼とラーメンを食べまして。



    べべはここでもいちご煮。



    いちご煮ラーメン。
    …いちご煮単体はそりゃ美味しいし、ラーメンももちろんおいしいけど、
    冷静に考えてお吸い物にラーメンぶっ込むってどうなのよ???
    って思ったけどどうやら美味しかったらしいです。
    めっちゃ美味そうに食ってた。

    それからデザートに早生蕎麦ソフト。



    しっかりお蕎麦の味がしたよ、かといって濃すぎて嫌な感じでもない。
    なかなか美味しかった。
    こういうご当地ソフトってどうしても食べたくなるよね。

    そしてお次はここ。
    種差海岸。



    国の名勝に指定されてるとこです。



    めっちゃ綺麗な芝生が広がってて。



    でっかい海もあって。



    こういう岩場、なんとなく男心をくすぐりますよね。



    こういうことをしたくなる。




    海、ほんとでっかい。

    あ、もちろん芝生でもめっちゃはしゃいでましたよ。



    べべがウミネコ追い回したりとか。

    まあそんなこんなでいい感じに時間が経過しまして。
    フェリー乗るために港に移動〜。
    何港だったか忘れたけど。

    無事港について、乗船手続き済ませて、
    車から自転車おろすよ!って段階でちょっとしたトラブルが発生。

    詳しい話はめんどくさいから省くけど、
    なんとべべの輪行袋とぼくのメッセンジャーバッグがちょっと溶けてましたw

    まあ別に使用に大きな影響はないから問題ないね。

    で、乗船。
    輪行袋に入れて持ち込めば手荷物扱いになるから追加料金取られないんですけど、
    ここでまた問題発生。

    階段狭い。自転車持ち込めない。

    2人ともフェリー乗ったことなかったから知らなかったけど、
    階段めちゃくちゃ狭いの。
    大きさ的にはちゃんと規定のサイズ以内に納まってるけど、どう考えても持ち込めないの。

    いやこれどうすんだよ…。
    って思ってたらバイクとかの整理してるおっちゃんが
    この辺置いとけばいいよ〜って場所つくってくれて、
    壁際に置かせてもらってロープとかで固定しときました。なんとかなった…。

    そんでようやく客室入って、荷物置いてデッキ出たらしばらくして出航。



    いざ北海道〜

    デッキめっちゃ風強かった。

    乗ってた時間は4時間くらいかな、
    すぐに日が沈んで真っ暗になったし、しばらくしたら電波も入らなくなったしで、
    割と暇でしたね。ゆっくりできたと言えばゆっくりできた。

    そんなこんなで函館着。
    ようやっと次回はPart1、北海道編の始まりじゃよ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。