ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

自転車で北海道を縦断してみた(2014 夏)Part2 東室蘭〜千歳〜札幌
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自転車で北海道を縦断してみた(2014 夏)Part2 東室蘭〜千歳〜札幌

2015-12-11 15:15
    −8月16日−

    4日目。
    千歳まで90kmほどの行程。
    あ、写真全くないです。

    予定通り7時に起きだして、朝ご飯作ったりテント撤収したり。
    朝の散歩中の奥様方やおっちゃん達にちょいちょい声をかけられたり。
    他の地方ならこんなことあんまりないけど、北海道の人は旅人に慣れてますね。

    この日はほとんど高低差のない道のりなので楽々。

    特に面白い出来事とかもなくて…。

    あ、お昼ご飯に立ち寄ったコンビニ(たぶんセブンイレブン)で、
    気まぐれに女の子ガチャ引いたら水メタ引いちゃって、べべが悔しがってましたね。
    パズドラのお話。

    “たぶんセブンイレブン”の語感の良さ。

    スイスイじゃん、もうあと数キロで宿泊予定のライダーハウスじゃん、ってところで、
    わたくしまたしてもパンク。
    今までパンクとかほとんどしたことなかったから、
    こんなに頻発されるとお兄さんびっくりですよ。ほんと何があった。

    めんどくさがって雑な処理してたら無駄に修理キット消費しました。反省。
    まあ千歳で買い足せばいいよね。チューブも1本買い足したい。

    そんな感じでパンク修理済ませて、ちょちょいっと数キロ走って、
    18時にライダーハウス到着。
    「千歳ライダーハウス」っていうそのまんまなネーミング。
    一泊素泊まり1,000円

    オーナーのおばちゃんがめっちゃフレンドリーで面白い。

    ざっと見回した感じ自分達以外の宿泊客はまだ1人だけでした。

    荷物を置いたあとはまず自転車屋さん。
    Google先生にお尋ねしたところ、
    近くに千歳で唯一のスポーツサイクルの専門店があるとかで。

    ところが困ったことに、行ってみると閉まってる。定休日でもないのに。
    張り紙がしてあって、どうやら大会参加でどっか行っちゃってるみたい。不運。

    ツーリングマップルと同じく札幌で調達することにして、
    おばちゃんに教えてもらったお店で晩ごはんです。

    その名も天ぷら倶楽部。
    1000円以下でボリュームたっぷりのおいしい天ぷらが食べられて、
    ご飯のおかわりも自由。漬け物もたしかおかわり自由。
    割とまじめに最高のお店ですよ、牛丼チェーンなんかより全然いい。

    そしてやっぱり写真はない。

    そんでライダーハウス戻って洗濯とお風呂の準備。

    まずは洗濯。
    コインランドリーで同じ宿に泊まるらしいライダーさんと遭遇。
    鈴菌感染者でした。1200のバンディットだったかな。油冷のやつ。
    スズキはあんま好きじゃないけど、関西の大学生さんだったので親近感。

    雑談しながら洗濯済ませて、一緒に銭湯も行って、
    宿に戻ったら宴会が始まってました。

    自分達3人含めて全部で7人。
    軽バンで北海道一周中のおっちゃんに、
    東北から来て北海道上陸直後にiPhoneが原因不明の故障を起こした、
    YAMAHAの大型(覚えてないけどFJR1300とかだったかな?)乗りのお兄さん、
    関東からきたトラッカー乗りのお兄さんと、
    さっきのスズキ乗りの大学生さん、
    そんで自転車で北海道縦断中の2人。

    そのままお菓子食べたり酒飲んだりしながら、
    あの辺は走ってて楽しいとか、あそこは道が最悪だったとか、
    自転車乗りが一日かけて走る距離(100km)をバイクなら1時間足らずで走れるとか、
    そういう他愛もない話を1時ぐらいまでしてたかな。

    解散して寝る前に記念写真も撮ったけど、
    その写真がこの日唯一の写真なんやけど、
    みんな連絡先知らなくて許可取りできないので載せません。

    すごい!一枚も写真がない!

    次の日いくよ!

    走行データ
    ルート:東室蘭〜千歳
    走行時間:4時間40分
    走行距離:92.72km
    平均速度:19.8km/h

    あ、薬局で温湿布入手しました。


    −8月17日−


    この日はちょいちょい写真あるよ。

    目的地は札幌。というかフォロワーさんの家。しろいぬくん。
    距離は50kmほど、ちょっとした山はあるものの道のりも比較的楽、余裕ですね。

    そうやって余裕ぶっこいてたら50km走るのに5時間半もかかるという事態。
    走行データ見てもらったら分かるけど、走ってた時間は3時間ほど。
    一体2時間半も何をしていたのか…。覚えていない…。

    それはさておき、何事もなく(?)札幌に到着、待ち合わせ場所でしろいぬと合流、
    ご実家にお邪魔させていただく。

    とりあえずお母様がとてもお綺麗でした。

    「お昼ご飯食べた?食べてない?じゃあ是非食べてって!」
    みたいな流れでカレーとサラダをご馳走になって、



    これがまためちゃくちゃ美味いの。

    美人で料理がうまいとかなんだよそれ、最高じゃねーか…。羨ましいぞ…。

    さて。
    お昼ご飯をご馳走になったあとは、札幌市街へ。
    Amazonで注文して送っておいたツーリングマップルをコンビニで受け取り、
    自転車屋さんでチューブとパンク修理キットを買い足し、
    夕方からちょろっと札幌観光。



    大通り公園とか




    三大がっかり名所の一角とか、



    HTBショップとか。
    あ、このステッカー買いました。
    あとれおさんにちょっとしたお土産も買ったのに、
    会う機会何度かあったのに忘れててまだ渡せてません(2015年12月11日現在)

    そうこうしてると日が暮れて暗くなってきたので晩ごはん。

    京都駅に拉麺小路ってあるじゃん、あんな感じのが札幌にもあって、
    適当に歩き回ってたらやたら元気のいい客引きのお兄さんに遭遇。
    めっちゃノリがいいの。
    席空くの待ってる間もちょいちょい話しかけてきてくれて退屈しない。

    「お兄さん方どこからいらっしゃったんですか?
     京都から!自転車!すごいですね!
     (ちょっと声を潜めてニヤニヤしながら)ちなみにお食事の後はすすきのですか?
     え?僕?僕すすきの大好きなんですよー!月一です!」

    みたいな。

    すげー楽しいけど飲食店の目の前で風俗の話はやめろw

    そんな感じのお店でした。
    密かに彼のことを札幌のケンコバって呼んでます。
    声とか見た目とかちょっと似てるの。

    あ、ラーメンはこんな感じ。



    海苔乗ってるけど、割とスタンダードな札幌ラーメンて感じですかね。



    べべはスープまで完食。すごい。

    食後のデザートは山中牧場さん。



    こういうのとか、



    こういうのとか、



    こういうの食べた。

    とっても美味しかったです(小並感)

    帰り道でしろいぬの同級生に遭遇して、
    しろいぬが「どこ行くの?」ってきいたら「ちょっとすすきの」って言ってました。

    「ちょっとすすきの」
    これなんか響き良くないですか?

    ぼくらはすすきのとか行ってないですよ、お金ないし。
    かわりに「ちょっとすすきの」に対抗して(?)「ちょっと北大」してきました。
    頭良さそうな人いっぱい歩いてた。あと道とか広くてすごい。
    例の有名なクラーク像とは別のクラーク像もありました。
    終わり。

    その後みんなで温泉。
    卓球コーナーがあったので風呂上がりにやったらべべに負けて、
    悔しくて再戦申し込んだらまた負けて、
    そんな感じで5連敗しました。
    卓球はクソ

    で、しろいぬ宅に戻って、
    2時ぐらいまで修学旅行の夜みたいなテンションで話して、
    寝ました。

    走行データ
    ルート:千歳〜札幌
    走行時間:2時間57分
    走行距離:51.09km
    平均速度:17.2km/h


    Part3に続きます。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。