• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 第16回サマーナイトフェスティバル(GII)優勝は清水裕友 ガールズケイリンフェスティバル2020優勝は高木真備

    2020-07-13 01:48

    中国勢の勢い止まらずですね。松浦悠士が一気にカマシて先行し、後方から新田祐大が捲って先頭に出るも、松浦の番手から出た清水裕友が新田を追走しゴール前で差すというなんか凄い展開でした。

    手に汗握る展開というのでしたね。

    ガールズケイリンフェスティバルは、スタートの遅い児玉がまさかのS取りで、周回中は枠なりの並び。意外な展開でびっくり。そこからいつも通りの先行をしたのが梅川風子、追走は石井貴子でゴール前石井が差して優勝かと思われたところ、ズバッと差したのが高木真備でした。

    ゴール前の差し脚は男子選手並みのパワーでした。これもまたびっくりの展開でした。

    競輪は進化するスポーツとCMで謳っていますが、まさにその通りの競輪が見られたシリーズだったと思います。

    また2週間ぶりの9車立てレースとなって、新鮮な感じが非常にしましたね。

    競輪ファンの方々もそのように思われたから、売り上げも良かったのだと思います。

    次の9車立てレースはオールスター競輪です。

    それまでは7車立ての競輪をお楽しみください!

    016d190bae30a975266892d371c4ed70525eb732

    《ダッグアウトから》

    8レース

    300勝の和田健太郎
    f5fddf80e2f54fdb8ca3cebe4c66da1d317079f5

    「(松坂)洋平がレースが上手いなって思って見てました。(300勝は)できたらいいなと思っていたけど、こんなに早くできると思いませんでした。11走しっかり走っての結果だと思うし、今、南関の選手が前で頑張ってくれるおかげで、自分の1着も増えていると思うので本当に感謝しかないです」

    ガールズケイリンフェスティバル2020 決勝

    11レース
    0f4e7b63a0c8bfa1ac7f3e61388ad1a162343690e8ffb9d5ff60b45729b8c55c1f31a6bfc94e9b9116dd363148ac7eb2baca572312188fd0141e2893

    ●優勝の高木真備
    83c6a7bb21c9bec97f7abcec53485678d38786fe

    「最近はずっと無観客の中だったんですけど、今回はずっと顔見せから名前を呼んでくださったお客さんもいて嬉しかったです。今年はガールズグランプリを優勝したいと思っているので、後半戦はそれにつながるレースができるように頑張りたいと思います」

    2着の石井貴子
    a716ea8787af39396f124589c81f18e6326b591b

    「捲り合戦になるのかと思いきや、梅川選手が思い切って駆けていって、少し反応が遅れた部分もあったんですけど、自分で追いかけようと思って行って、昨年だったら碧衣ちゃんを合わせて優勝だったんですけど、今回は高木選手がすごい勢いできたので、彼女が強かったです。3月のコレクションに続き2着でしたけど、3日間中2日間は自力で動いたし、現状のタイム差とかも把握できたので、上位陣との差を埋められるようにトレーニングして、オールスターは勝ち切れるように準備していきたいと思います」

    3着の児玉碧衣
    a531e0d7b2a069f11bdfb3384a918dc70df7dbf4

    「悔しいというより勉強になったという感じでした。また、やり直してきます!」

    4着の梅川風子

    「並び次第でどう動こうかと思っていたので、周回中にこれかなと決めました。風も皆が行くのを迷うくらい強かったので、もう行くしかないと思いました。オールスターでは、私はSNS等やっていないので、お礼はレースでしか言えないので、初めて選んでいただいて、めちゃくちゃ感謝しているので、その気持ちを込めて走りたいと思います!」

    5着の小林優香

    3日間通して、自分らしくない走りで、不甲斐なかったですね…。勝ちたい気持ちは強いけど、身体とマッチしてなかったというか、もう一度コーチと話し合いたいと思います」

    6着の小林莉子

    「もう力不足のひと言でしたね。また練習頑張ります!」

    7着の鈴木美教

    「難しかったですね。帰って、また練習してきます」

    16回サマーナイトフェスティバル(GII)決勝

    ce76e954907ba669f1764e2c122ba271f769c3507dd384060e26bc910e9b54870fed9bd022769cf366eee133dfcc489b638623eb2564aabdd8c2b7a8

    12レース

    ●優勝の清水裕友
    b3913544afb97d0b31a3eb223950534bd2ee52dd

    「打鐘で中団が取れたのでそこでためるかなと思ったけど、すかさず松浦さんが行ってくれましたね。ちょっと打鐘3コーナーでは口が空きかけました。ホームで(落車の)音がして、誰が落ちたかはわからなかったけど、新田さんが迂回していたように見えたので来ないかなと思ったら、バックですごいスピードで来ましたね。一応、ふったけど対応しきれなかったです。そこからは新田さんを目標に行きました。前回の宮杯で、正直、脇本(雄太)さん、新田さんに勝てないかもって思ったので、今回は厳しいと思っていたし、優勝できて嬉しいです。それに9車の競輪は楽しかったですね。こうやってオリンピックに出る選手にも駆け引きで勝てるというのが9車の楽しさですね」

    2着の新田祐大
    84b042ef2b7e23eb71bd205be43a74e64495ee52

    「先輩たちにも言われたし、自分でも感じたのはいい時の自分の走りに戻ってきて、決勝を迎えられたと思います。走れる機会は少ないので、そこをしっかりものにできるように、力を度胸をつけて、オールスターに向けて、全力でいきたいと思います。いつも以上に声援が後押ししてくれました。地元っていいなって本当に感じました」

    3着の稲川翔
    ce854d158c680b49f19480f393a36d700fc2369f

    「前に踏むしかないと思って、単騎なんで気持ちを強く走らなきゃと思っていて、ゴール勝負したかったけど、届きませんでしたね」

    5着の佐藤慎太郎

    「最初の2歩、3歩目はついていったんですけど、落車を避けた時に、吉澤(純平)の前が空いていて、新田がそこで勢いをつけようと下におりながら行ったんですよね。そこでもうひと段階スピードがあがったところで対応できませんでした。悔しいですね! あれで僕がついていけば、新田の優勝だったと思うし、悔しいですね。また練習します」

    6着の松浦悠士

    「いいかかりだと思ったんですけど、新田さんが強すぎましたね。個の力で勝負は現状は難しい、僕も今日は自分の残れるポイントで駆けて、いいかかりで、このまま行けると思ったところで、新田さんに次元の違うスピードで行かれました。最後は本当に清水君が抜いてくれてよかったです」

    7着の郡司浩平

    「一回に先頭に立って、新田さんが来るのか松浦さんが来るのかで組み立てようと思ってました。松浦は前を取っても、もう一回行けるチャンスがあるんだろうという組み立てだと思ったので、あとは自分がどう捌いていくんだろうというところだったので、それができずに内をすくわれて終わってしまったのは本当に残念です。今日はいい経験になったと思うし、次に活きると思います」

  • 第16回サマーナイトフェスティバル(GII)&ガールズケイリンフェスティバル2020二日目レポート

    2020-07-12 03:19

    準決勝やガールズケイリンフェスティバルも見どころ満載な二日目でした。

    そして6レースの寺崎浩平は最速の1勝を挙げ、明日最終日は10レースで寺崎-脇本の福井超強力ライン結成です!

    これはぶち込む価値はありそうなところですが、オッズがどうなるかですね。

    その他も決勝以外のレースは面白いと思います。

    どこが面白いって、このレースは後ろがいないから一気に捲って高配当だな…とか。

    この連携ならこの後ろとか、結構具体的にレースはありますが、内緒。

    番組を見て探してください!

    結構ワクワクしますよ。本当に。


    さて決勝。

    ガールズケイリンフェスティバルの決勝は児玉VS高木VS梅川の様相になるのか?それとも小林優香がパワー競走に持ち込めるのかどうかか、石井貴子、鈴木美教、小林莉子が追い込むのかでしょう。

    調子を見ていると、児玉、高木、梅川は良さそうだし、小林はトレーニングの疲れが残っていそうです。

    後は長年の経験と勘を活かしこれ!という選手にぶち込んでみてはいかがでしょう?当然責任は取りませんが(笑い)

    サマーナイトフェスティバルの決勝は松浦-清水-岩津VS新田-慎太郎VS郡司-内藤に吉澤、稲川がどう絡んでいくのかでしょう。

    郡司も今回仕上がっていますよね。

    三つ巴+単騎のスピードバトルを十分に堪能しましょう!

    笑顔が相変わらず素敵な河端朋之せんしゅ♡
    fee030a2174d5562136fee599ebbb795163fc4a8



    お願い!決勝進出へ
    86fec7d501d5300ccb0bc9b79c8b6f87a230f625

    残念!決勝進出ならず。柳原真緒


    《ダッグアウトから》

    6レース
    46c90d79c482f26365203207a562e5f1d23eb4b98d2ded55a019e936b6d07825dafe9f8a86420c4a

    ●寺崎浩平が1
    58ce6b01226284426d3b1da143fd47bdac77bb33

    「今日はカマしたかったので、捲りになっちゃて失敗、そこはよくなかったです。明日はまた気持ちを切り替えて頑張ります!」

    サマーナイトフェスティバル 準決勝

    7レース
    8ebc853a1fba0b7fc8bcbd94131e11ff9bf66baecad2bbac7459c5f458ffd825053608a46746edb5

    1着の郡司浩平
    3df1424db02f7027632ed974c04297dbbd8ac594

    「打鐘で切って、突っ張るくらいの気持ちでいました。それで行かれたら、そこから上手く立て直して何とかと思っていたけど、でも、突っ張れましたね。僕は僕で、内藤さんは内藤さんで、お互いに仕事ができたのでよかったと思います。逃げ残れたのは、自分で言うのも何ですけどできすぎですね」

    2着の内藤秀久

    「自分もついていたし、郡司が気持ちよく仕掛けてくれましたね。2人で力を出し切れたのでよかったと思います。今日はレース前も無だったんですけど、それがよかったのかもしれないですね。頭じゃなく身体が先に動いた感じでした」

    3着の松浦悠士

    「郡司さんと内藤さんが強くて上手かったですね! 行けるかなと思ったんだけど、ちょっと身体と自転車がマッチしていませんでした。調整はちょっと失敗でしたね。僕が乗れたのは南(修二)さんが平原(康多)さんを止めてくれたおかげです」

    8レース
    fa1c40d78f4c16f6346180725af94b44d69eb5b949a90a8388aa5ec579990970f2b9cb8c41f0bd9f

    1着の稲川翔
    925fcf256b213021fec9d30e69050b9c2e3bc713

    「もう、とにかく連携を外さないことだけ考えていました。村上(義弘)さんが後ろだったし、後ろにもチャンスがあるように早めに追い込まなきゃって思ったんです。もう必死過ぎて後ろを見る余裕はなかったですね。前回の宮杯のイメージで抜きにいっても抜けないワッキーのイメージでいたんですけど、前回よりワッキーの調子が悪いのか自分の調子がいいのかわからないけど、ちょっと、うーん、ワッキーはもう残すとかいうレベルの選手じゃないし、でも、人気を考えると申し訳ないですね」

    2着の清水裕友

    「松本(貴治)君のおかげで、岩津さんと乗れました。ここで出て行くのは早いかなと思った悩んだいたら、村上さんが離れていたので、そこに入らせてもらいました。脇本さんの場合は、もう脇本さんに行かれるのはしょうがない、その番手でを狙うくらいじゃないと脇本さんはスピードが違い過ぎますからね。焦っても行けないので、落ち着いて行きました」

    3着の岩津裕介

    「これ以上ないくらいバッチリな感じで松本が駆けてくれました。裕友も出ようかどうしようか迷っているようだったのでそこはヒヤっとしましたね。ホームでまだ松本が余力があるなら、そこで3人でってなったけど、松本ももう1周行った後でしたからね、きつかったと思います。今回はいい感じで入れているし、れーすも見えているし、自分のいいところが出ていますね」

    9レース
    fefcac5fb71fbea2eab3a8834d45c5e4e2297a4dfae79f3972af99222c0e692e675e31c4e4df9df6

    1着の新田祐大
    c6ea886d0ab99830d5dbd0c3f9efe119b046bfcb

    「晋也が果敢に攻めてくれました。彼は勝ち上がれなかったけど、彼の力強い走りは、地元をはじめ全国のファンの皆さんがアピールできたと思います。自分としては初日に失敗しているので、初日のようにはならないように気合いを入れて自分たちの走りをしたいと思います」

    2着の佐藤慎太郎

    「晋也が頑張ってくれましたね! 晋也のペースが上手で、吉澤も弛めばカマしてきたと思うけど、晋也がカマしたくないようなペースで駆けてくれました。新田の踏み出しも強烈で、抜ける感じはなかったですね。あと1勝、決勝もチャンスあると思うので頑張りたいですね」

    3着の吉澤純平

    「新田が車間を空けた時に、自分は詰まったので、タイミングが取れずに中途半端な感じになってしまいました。自転車を変えてきて、取手記念の時よりもいいですね。決勝戦は単騎なんで狙って頑張りたいです」

    ●先行した高橋晋也
    445f3c380224134bdfeabbea4ae053e9d4480e46

    「キツかったです。でも、楽しかったですね!」

    ガールズケイリンフェスティバル2020

    予選2

    10レース
    eb0adb00a2f892274f0faf7c721cb463f8700e29318f9229cb81c278f1ee902b1a3f080bbc241bb7

    1着の高木真備
    c0b20e04f3e2f78500c099918dee1f7fb92e33dc

    「フタされたけど、引くつもりはなかったので、そこは冷静に構えて走りました。落ち着いて走れているし、練習してきたことが出ていると思います。決勝は、ここで勝てらた自信になると思うし、頑張りたいです」

    2着の柳原真緒

    「昨年のサマーナイトも12点で微妙だったんです(苦笑)」お祈りポーズも残念ながら決勝進出ならずぅ。

    3着の鈴木美教

    「先に長澤(彩)さんが動いてくれたのでそれに乗って、あとは強い真備さんを見てという感じでした。脚の感じはすごくいいです。色々試していたんですけど、今回フレームを戻したことが一番いいですね」

    11レース
    6fc7b4e2585dc5999a062989ed058ec1654a89e549f2c03bb452674a0edb33b96f52171f3930bbec

    1着の石井貴子
    6ed012a313ba4107209a0faa97c81bce7d9fff94

    「車番が梅川さんの隣だったのと、勝ち上がりのことを考えて、流れに乗っていきました。初日にしっかり自分の体調も把握できているし、問題はないと思います。決勝は積極的な走りをできたらと思っていますし、精一杯頑張りたいと思います」

    2着の梅川風子

    「自分のタイミングで仕掛けられたけど、後ろがもつれたおかげかなと思います。決勝もしっかり自力で戦いたいと思います」

    3着の小林優香

    2日間通して反応はあまりよくない感じがします。なんとか決勝にギリギリ入れたので、優勝狙って、スピードあるレースをしていきたいです」

    12レース
    5316235cdcfc470cca23aaa7988e1b19df1007f00c7e6f93209bd027598c5c45f28f0054a37308d3

    1着の児玉碧衣
    3117fb256785a43fb379cd115b3bbdaa00748d55

    「顔見せの時は降ってなかったけど、レースになったら雨で前が見えなくなるくらい降っていたんですけど、太田りゆさんが来た時にサトミナ(佐藤水菜)が張りながら行って、バックで寛子さんが行ってくれたおかげでコースができました。サマーナイトを優勝して、連勝記録も伸ばして、賞金1億円も突破して、気持ちよく帰りたいです!」写真の指は一億円獲るぞ!です。

    3着の小林莉子

    「前が見えないくらいの雨だったけど、初手で児玉選手の後ろだったのでついていくだけだと思いました。でも、けっこうギリギリの戦いだったので、なんとかしのいだという感じです。決勝は自分らしく自在に、最後差し切りたいと思います」

  • 第16回サマーナイトフェスティバル(GII)&ガールズケイリンフェスティバル2020初日レポート

    2020-07-11 10:29

    雨がばらつくコンディションの中、限定のお客様を迎えての開催となりました。

    色々と制限はありますが、バンク内から声援が聞こえると、ホッとしました。

    さて、レースは、1レースから見どころ満載でしたね。寺崎浩平の番手村上義弘の差し脚や、松坂洋平、松谷秀幸の強烈なブロック、新田祐大、脇本雄太を出させない中四国連携など、競輪らしさが存分に見られ、レースを堪能された方は多かったのではないかと思います。

    女子も、アグレッシブにレースが動いていましたね。さすがトップクラスの競走でした。

    二日目は男子は準決勝3個レース、女子は予選2で、決勝進出に向けて熱いレースが展開されるでしょう。

    男子の負け戦は、堅いところに行くかどうか、勝負レースが多そうです。6レースの寺崎が勝つと最速の1勝となるようですGIIの。

    SNFGKFを楽しみましょう!

    次の9車立てはオールスター競輪までありませんよ!

    c35d6344133805918eb091f351a5379a673c3b34

    特別選抜予選選手紹介

    ccbf7857c4911884c3d20eb314f35eb1f36b1b2d

    坂井洋


    2c1972d65bca5f1f7050dbc2c40f961a685ba37c25ca095fd87fb26725969dec8dbf120842ffc9c73ffdc833d5b5291b4ce97cd99a81ce517dc09c67

    最近流して撮るのが流行っているらしいので流してみました。基本、報道目的の写真は流さないですけどね。流して撮ったら写真における正確な場所、時間がわからなくなるので嫌いです。
    好きで撮る分には楽しくていいのですが。

    096449e11a51d4fa6fe027ab21c6ec32d5471715
    最後方から伸びた庄子信弘。

    18cb29c7461ab169aef30ca514b5fef0a718fb9a0d91f9d3ec489df30374fa9debed5cdbcdd17e40

    新田、脇本を捲らせず1着。ラインの力ですね。清水裕友。




    《ダッグアウトから》

    1レース

    1着の村上義弘
    cb6e681a14a248f816a6e8e05601eff407b21711

    「寺崎が自信をもって先行してくれました。結果的に誰にも捲られてないので、よかったです。直前に、スリッピングコンディションっぽくなったし、きつかったと思います。今日は寺崎の頑張りのおかげです。46歳最初のレースで1着取れてよかったです」

    2着の山田英明

    「人任せのレースは絶対にやらないようにと思ってました。寺崎が踏めば切らなくてもいいし、どっちかなと、3分線だし、シンプルに考えていました。(菅田)壱道が来たので、張っていったら、自分のタイミングが取れなくて、捲り追い込みになってしまったので後ろには迷惑をかけてしまいました。松川(高広)が前で頑張りたいって言ってくれたけど、ムリに自分が前をまわらせてもらったので、行きたかったですね」

    3着の寺崎浩平

    「すごい重かったですね。出し切れたのはしっかり出し切れたけど、最後は脚がなかったですね。終わってみて、緊張していたんだって感じました。もう少しこの雰囲気になれて、明日はリラックスして頑張りたいです」

    2レース

    1着の岩津裕介
    2bd59bec91b7bc8c9e6e0e6b48188c0ec596caf0

    「(取鳥)雄吾は出るのにだいぶ脚を使っていたし、休みたいところでシュン(岩本俊介)が来たんで、雄吾は全然休めなくて最後はきつそうでした。僕は流れが向きましたね」

    2着の小林泰正

    「一番いいところが取れて、来ないなら来ないで腹くくるしかないかなと思っていたけど、打鐘過ぎだったし、しっかり踏ませてから行こうと思って、外が空いたら行こうと思ったけど、全然出るタイミングがなくて、最後突っ込んでいきました。稲川さんが行かないところを行こうと思って、外に行ったのですかさず内に行きました」

    3着の稲川翔

    「もうちょっと伸びるかもと思ったけど、あんまり伸びませんでしたね。最後のコース取りを失敗といえば、失敗かもしれないけど、でも、2人で決めるなら内かなと思ったんで。こうして勝ち上がれているツキを活かして頑張りたいですね」

    3レース

    1着の原田研太朗
    175c24eb28174f6febd1db67b936e207e1105f64

    「太田(竜馬)がすごかったです。全然話してなかったんですけど、あんなに早く行ってくれるなんて思ってなかったです。太田も早く踏んでくれたし、稲毛さんもすごいスピードだったので、前に踏ませてもらいました」

    2着の南修二

    「全て稲毛(健太)に任せていました。脚は大丈夫ですし、また明日頑張ります」

    4レース

    1着の渡部哲男
    96288f7227d43fd2e7b55adceceb256e76ce280c

    「(佐々木)豪もやるべきことをわかっていて、動いてくれたので、豪のおかげですね。切った時にスピードがあがったので、豪は本当は吉田が行ったところを行きたかったかもしれないけど、自分で行く展開になりましたね。ずっと流れが悪かったので、今日はそれを払拭する1走りになったと思います」

    2着の山崎芳仁

    「もう一回晋也を向かい入れて、もう一回踏んだところで勝負だなと思っていました。晋也も頑張っていたんで、その外を伸びたらいいなと思って頑張っていましたけど。最後は必死に踏んでいたんで、どっちが2着かわからなかったですね。でも、どっちが2着でも地元なんでいいですからね」

    3着の高橋晋也

    「途中まではよかったけど、ちょっと見過ぎてしまいましたね。ホームで吉田(拓矢)と一緒くらいに出ればよかったです。でも、そこから切り替えて、行けてはいるので、フレームも体調も問題ないですね」

    5レース

    1着の吉田敏洋
    d9eef3d29b842a5e74840808f22514c6241f094f

    「何もしてない、最後20m踏んだだけ()。全部、深谷がやってくれました。空いていた期間によかれと思って試したことが全部裏目に出てしまった感じで、なので、今回はそれを元に戻してきました。なので、調子が悪かったということはないけど、結果はともなわなかった感じです。深谷に出られて、がっつり見られたら、やっぱり出られないですよ。そこは深谷のオーラの勝ちでした」

    2着の深谷知広

    「あんまり何がなんでも先行って考えてなかったのが、逆にいい流れを呼びましたね。ずっと後ろを確認しながら踏んでました。先行選手としてやるべきことはやれたと思います」

    6レース

    1着の松谷秀幸
    f112f69d4609140ff361b333ce5ace70309a7073

    「浅井(康太)が外並走になってくれたんで、いい展開になりましたね。でも、浅井は絶対に来るだろうし、それは絶対に止めようと思っていました。前で頑張ってくれた(鈴木)裕と後ろをかためてくれた大塚(玲)のおかげですね」

    2着の吉澤純平

    「前も踏んだり止めたりだったんで、それを見てからっていう感じになりましたね。最後はもう坂井(洋)ごめんと思って外を踏ませてもらいました」

    7レース

    1着の鈴木竜士
    4f57e21773b90451ecc249f8e49a23df1aaa4626

    「いつでも車間が空くくらい、いい勢いで森田(優弥)が行ってくれました。もう誰が来ても止めてやろうと思ってましたね。森田を残したかったけど、残せなかったですね。もう少し落ち着いてもよかったのかな。次は2人で勝ち上がれるように頑張りたいですね」

    2着の岡村潤

    「(渡邉)雄太的には行くのをもうツーテンポ遅らせてもよかったんですけど、鈴木竜士にタイミング的にいいところで来られましたね。もう一伸びと思ったんですけど、鈴木竜士が楽そうだったので、コースが空いたので行かせてもらいました」

    8レース

    1着の庄司信弘
    cbb459208511ba39bc4ecf1e6e347753c32ad771

    「若手2人が削り合ってくれて、いい展開になりました。最後は(佐藤)友和がどこのコースを踏むか見てから、踏みました。思っていた以上に外伸びてくれましたね」

    2着の内藤秀久

    「松井(宏佑)がレース前に緊張していたみたいなんで、声をかけて落ち着かせたのがよかったのかなと思います。自分が年上だし、そういうコントロールするのは自分の役目かなと思ったので。あいつらしい気持ちのいいレースをしてくれましたね」

    9レース

    1着の清水裕友
    e529a2d79b4ed8f299543b85972e46eb1ade6449

    「今日はついていくことに集中していました。松本(貴治)さんもかかっていたし、その上を松浦さんが行ったので、後ろについていってきつかったですね。ビジョンを見た時に一本棒だったので、これは松浦さんとゴール勝負だなと思いました。しっかりワンツーでよかったです」

    2着の松浦悠士

    「ゆっくり様子見ていこうと貴治と話していたんですけど、強めに踏んでくれましたね。ちょっと早いかなと思ったんで、タレてきたので、前に踏ませてもらいました。しっかりラインで戦ってワンツー決まったのでよかったです。対脇本(雄太)さんで言えば、イヤなイメージを植え付けられたかなと思います」

    3着の郡司浩平

    「一回動いてあの位置が取れたので、しっかり仕掛けたかったけど、前が強過ぎて行けなかったですね。もう少し行けていてもいいけど、レースの流れは見えていますね」

    10レース

    1着の高木真備
    dfcdaf79b6feaa513326a28abc7d507adae00be8

    「大久保(花梨)さんが行って、その後ろから柳原(真緒)さんも来ていたので、自分も踏みました。しっかり1着取れているし、自信になりますね。身体も軽く感じるので明日以降が楽しみです」

    2着の太田りゆ

    「真備の後ろが取れたので、真備さんが行くならそのままついていくし、行かないなら自分で行こうと、作戦が何個か考えてました。今日はなんとしても3着以内にと思っていたので、結果的にはよかったと思います。落ち着いてレースはできました」

    3着の細田愛未

    「前についていったけど、本当は柳原の後ろについていきたかったですね。身体の感じはいいので、明日は楽しみですね」

    11レース

    1着の梅川風子
    f870043f109d070d83648fa84d00828d1502295a

    「先行、捲り、どっちでもと思っていたら優香に入られて、そこは失敗でした。でも、すぐに切り替えて、脚をためていた分、最後は伸びましたね」

    2着の鈴木美教

    「強い人の後ろと思ったので、並走になっても頑張ろうと思いました。でも、バックではけっこう落ち着いていましたね。前のフレームに戻したんですけど、やっぱりこっちの方がいいですね」

    3着の小林優香

    「展開も踏み出しも悪くなかったけど、ちょっと疲れが残って入ってきているので、2人に抜かれているし、修正していきたいと思います。ここの長い直線を活かして走らないといけないですね」

    12レース

    1着の児玉碧衣
    80ecec6e600412a27eba9b96f36c8cda23cb4151

    「中団取れたと思ったら、2人あがってきて、早く下げないといけないって思って下げました。行かないとって思ったタイミングで(長澤)彩さんが行ったので、彩さんを目標に踏んでいきました。落ち着いて見てましたね。いい調子できていると思います」

    2着の石井貴子

    「奥井(迪)さんは絶対に行くし、思っていた通りの展開になりました。その上を行かれるのはしょうがないというか、さすがクイーンですね。私もあれくらいの地力がほしいです。明日の方が点数が高いし、頑張ります」

    3着の小林莉子

    「ちょっと脚を余して終わってしまったのが悔しいです。児玉が行った時に一緒に行けばよかったですね。明日はしっかり頑張りたいと思います」