• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 第15回サマーナイトフェスティバル優勝村上博幸&ガールズケイリンフェスティバル2019優勝石井貴子!

    2019-07-16 03:14

    別府の夜の祭典はいかがだったでしょうか?

    ガールズケイリンフェスティバル2019は石井貴子が、捲りで勝負を決めました。

    そして第15回サマーナイトフェスティバルは連携した渡邉雄太の番手から差して優勝を決めた村上博幸でした。

    差し脚が切れていましたね。また渡邉雄太も強かったです。
    b74e1d44da6e6d5ebd59b29fdf8785b78709c38f

    次のビッグレースは名古屋オールスター競輪ですね。

    どのようなレースになるのか楽しみです!

    《ダッグアウトから》

    11レース
    e73c2b477a190e7975ed465a04e97f36465b9096f7b724b0306c2db1e34315799b3efa6a50922b2b

    ●優勝の石井貴子
    17a35b4103b47bb0ecb655c83e084abaa9a5056f

    「別府はすごく相性よくて、今回、不安になる度に『ここはどこだと思っているんだ、別府なんだか大丈夫』って思っていました。開催が終わってから、別府なんで美味しい魚か、今日は暑かったし冷麺が食べたいですね(笑)」

    2a19bce3e1b65a8b7a1bd460b10769277398dce6

    12レース サマーナイトフェスティバル決勝
    baaf149aaa1f12559c0987600b4e707dd0925d4d
    46a0281a3ea94dfde6156406db1a3a730bc64f0f

    b8eaa701ab35f12bcdcf9c8e0a24ff6b605228f4
    ●優勝の村上博幸
    be11ecb34d184d0e471b0099c4eb28682d38d5c7

    「渡邉君の好きなように走ってくれればいいって話してました。松浦が巻き返した時に渡邉君の前に入るのかなって思ったら、そのまま行ったし、そこで吉田君を楽には走らせないぞっていうような動きが、勝因につながったかなと思います。でも、一番は渡邉君が攻めてくれたおかげですね。自分としては、久しぶりに絶好過ぎて、4コーナーから緊張しました(笑)。最後は抜けたかなと思ったけど、ちょっと自分を信じ切れなくて手をあげられなかったですね(苦笑)。ここの前が空くってわかっていたので、ここに合わせてきたのでよかったです」

    2着の渡邉雄太
    1b4966eb511e7616cfa50edc29fc8d1a9c7fb71f

    「いいタイミングで行けたけど、もうちょっとでしたね。調子よくなってきたし、このまま仕上げれば、戦えそうな手応えを感じました」

    3着の園田匠
    f05dd310f8ddfdccdf80becec29c5bfd170f55dd

    「誠一郎さんも早めに仕掛けてくれたし、ちょっと誠一郎さんが滑ってしまったので、それがなければ捲り切れていたと思うし、ちょっとツキがなかったですね。でも、ある程度戦えたし、直線でも差し負けなかったし、次もつながる戦いだったと思います。新ルールは自分に向いていると思うし、気合を入れて練習をしてタイトルに向けて頑張りたいと思います」

    4着の佐藤慎太郎
    e7831c64e742822951bc21e49a8f741338c63ae7

    「吉田もいいペースで駆けていたんですけど、ちょっとだけ弛んだのかもしれないですね。松浦も行く気だっただろうし、ちょっとした隙をつかれたのかもしれないですね。松浦はいい選手ですね、やっぱり。3人で出切った時は優勝も頭をよぎったけど一番いいところで松浦に来られましたね。また次に向かって頑張ります」

    5着の小倉竜二

    「いいところで松浦が仕掛けてくれたけど、平原君の圧が内にあったので、そこに気を取られてちょっとずつ脚を削られていた感じでした。松浦の仕掛けを考えたら、自分も前に踏むべきでしたね」

    6着の松浦悠士
    760bace31ea490dfc689c1472b80c808d8a68344

    「やりたい走りはできましたが、脚が足らなかったですね。出切る時に脚を使ったので、最後まだもたなかったけど、このステージでもしっかりタテが通用するのはわかったので、今後また面白くなるかなっていう手応えは感じました」

    7着の平原康多
    07e1b5d37f3415d6c8e5de7d82d5134f24335a2f

    「自分のコンディション的には問題はなくなってきたので、あとは今日みたいな連携を上手くいかせるようになっていきたいです。自分も拓矢もお互いに悔しさはあります。拓矢もこの悔しさをバネに頑張ってもらいたいですね」

    8着の中川誠一郎

    「力が入り過ぎたのか滑ってしまいました」

    9着の吉田拓矢
    d8a8e43cf87cea62247644ad3e1e7781f62d59b3

    「僕がもっと粘れれば、あそこ負けないでバックを通過できればよかったんですけど。今回、踏めてはいたのでこれがオールスターまで維持したいですね」

  • 第15回サマーナイトフェスティバル&ガールズケイリンフェスティバル2019二日目レポート

    2019-07-15 10:16

    微妙な雨が降っていて、非常に中途半端な感じがコンビニ雨具を装着している身としては雨にぬれていた方がましなのか、汗まみれになった方がいいのか選択を迫れる1日でした。

    とはいえ、カメラが一番なので、雨具は装着しますが。

    a9adfde86eb10326d1c1300f99ad6cb776d72e62

    ガールズケイリンフェスティバルもサマーナイトフェスティバルもサマーナイトフェスティバルも振り返ると色々考えるレースとなりました。

    3ac16f0310d7f0361fe39c283d727c599cc6bc95

    選手のパターンをしっかり読むことがいずれにせよ、車券向上の近道ですね。

    色々な要因で選手たちのレース戦略も変わってきています。


    はたと思ったのですが、ガールズケイリンが昔の競輪に近づいているのではないかと思います。

    強い先行に強いマーク。ま、マークする側も自力脚がある場合が多いですから先行を残すことはないと思いますが、これで残すようになれば、昔の競輪だよね。


    ガールズケイリンフェスティバル2019
    二日目 予選2

    4レース
    cfad28ded47e7e2d7501c55a48bb57f315879cec5c4c940039f914f5f6eabf034bf17b41516ef72500ef01313e49eff6d440e2670c106a1fee3754705a7b1a163561ab570c7f2fbb996b5c8768926791

    1着の大久保花梨
    700de091548d7a4bc424c5f0c1d560968861a50b

    「サマーナイトフェスティバルで決勝に乗ることが目標だったので、嬉しいですね。明日は頑張ります!」


    5レース
    75bca7d44698795c37a55bcaa607b82e6d0a2b4a13f7e58bd36e1a83e12bafb7a11ae81ac3cbb4e110a7701835ea6f1fbc171f955b09f4e6ad6edb9555afff9435b64c6ed874bb2e5eda890f3b296381

    1着の小林莉子
    ca3b6a739556e51993047abf429a8fb8e23c024c

    「年末の立川で行われるガールズグランプリに乗るにはここは大事になってくると思うので、優勝だけを狙って頑張ります!」



    6レース
    7aa267cf17bf987c610469ba71955ceb73e1e47e8ee500e484c1007fd97ffc98c97acb713800b7dabc9386cb7cab347b62bf5fc21548ee195e53046fe87fd7dd1a448259f5f1d26bb3ba846aaa0797b6b26c6a8d75ef1521e87d799d3800627439b53f7b

    1着の児玉碧衣
    7bf92efc6c27e1474f35f69ed5dce2af6de86a65

    「昨日は重くって、今日はでも軽かったので、明日はもっとよくなると信じています。いいメンバーそろったし、オールスターにつながるいいレースをしたいと思います」



    サマーナイトフェスティバル準決勝

    10レース
    b4c1f25bbad926337a691fbf8c25a884d626b3b8d93019d02ab9f52c83d9d9853838d5897fead01bb6bc2f42d3aa0cc74b7907d33d1dd4f95dd285d01f99052beb3552242d60a4ba81fe1ebafbeb2c8e

    ●直線鋭く伸びて1着の小倉竜二
    be0075ce6e13c41ae86b064bae323847f83f17bf

    「(太田竜馬が)まさかの後方から行かないっていうレースになるとは(苦笑)。前がかかっていたし、行くタイミングはあったけど、あれは行ったとしても行き切れないパターンだったかもしれないですね。最後は、皆が太田を警戒してくれたので、内ががら空きになりました。あそこに突っ込み過ぎると危ないから、ちょっとバックを踏みながらコースを踏んでいきました」

    ●先行して2着の吉田拓矢

    「太田もいるし、先行って決めていました。残れたのは後ろのおかげです。素直に嬉しいですね!」

    3着の村上博幸
    6cda19e3aae28cad824c91fdd2736adbf9999f90

    「難しいレースでしたね。古性(優作)はタイミングばっちりでしたね。苦しいレースでしたが最後まで踏み切れたので、身体は悪くないと思います」



    11レース
    bb79b953b5554310de993ca10cb170abd48d5db516b2dad8538bc6672e668afe877981b6177947cf19189b759a80025234c243d6fcf97c8e71665c5cb075897562d9055794d6304c4fe3570db48b35a0

    ●最終バックから自ら捲っていった平原康多が1
    ce9bc1af256ff784ee529cb98fe1bee87b4456f6

    「木暮(安由)の気迫も伝わってきました。自分が前で動いていたら、2コーナーから行っていたけど、そこは木暮も頑張っていたし、待ちました。あとは、もうあそこから行かないとダメだと思ったので、行かせてもらいました。とりあえず南を越えないとどうしようもないですからね。もう一戦頑張ります」

    2着の渡邉雄太
    d7a782aed932e07890934f0be5b4130298a49909

    「行こうと思ったタイミングで、平原さんが振りながら出ていったので、それについていきました。決勝には乗れたけど、平原さんについていっただけなので微妙ですね」

    3着の佐藤慎太郎
    7d295f8a36f159fccaa9399fff8d5daa2239aeaa

    「雄太は前々に動くって言っていたので、その通りのレースをしてくれたと思います。今日のレースはすごいかかっていました。南もかかっていたし、平原の捲りもすごいかかってました。きっつかったー」

    ●先行した南潤

    「木暮さんを合わせ切るぞって思ったら、すかさず平原さんが来て、もうウワーって感じでした」



    12レース
    e0d998bf53db96e47c5bcb53603daffb4a080c3eed855b94b17d2b87bd23717d9e2a8d134a1860e118297ae30e7e9e3ae3dc6af1a670cc0d9efabc5fe9a464e95cd75f34f99da3f3f6ac875c204c8e16

    ●先行した山崎賢人の番手から1着の中川誠一郎
    c11b930047f76556ee9b4ce852cf59228449af96

    「最後に状態を直させてもらったし、あともう一戦頑張ります!」

    2着の松浦悠士
    aa4328201a0573ee5fa08e154b938c08f22ce5fa

    「思った以上に車間が空いたのがよくなかったですね。詰めた勢いで行けたけど、(原田)研太朗をつけていたのに、申し訳ないレースをしてしまいました」

    3着の園田匠
    532c8a0f3b1530c46783d04fc8d7546a27b77a29

    「前2人のおかげです。賢人はいいところで行ってくれたし、誠一郎さんが脚で負けることはないですからね」

    4着の簗田一樹

    「打鐘で行けるところがあったんですけど、そこで行っていたら、また変わっていたかもしれませんね」

    番外編
    eed47c99f2f3316bcc4a335d0e77ad2f253c37ba

  • 第15回サマーナイトフェスティバル&ガールズケイリンフェスティバル2019初日レポート

    2019-07-14 07:46

    今日の別府は雨だった。

    オープニングの開会式から雨。そして1Rは豪雨。

    よって、通常であれば1レースから撮影に入るところ、完全防備で雨対策をしなくてはならないので、時間的にとても無理でした。

    開会式関係が長かったからなのですがね。

    なので、3レースからバンクに入ると、かなりの雨が降っていました。

    そこからは12レースまでバンク内に。

    後半にかけては雨が小降りになって、助かりました。

    さて、サマーナイトフェスティバル&ガールズケイリンフェスティバル。

    サマーナイトフェスティバルは比較的堅く収まった感じはありましたが、ガールズケイリンフェスティバルは荒れ模様でしたね。

    天気のせいかな?とも思いましたが、それも少し違うように思えます。二日目はどっちに転ぶのでしょうね?

    天気が良いと嬉しいです。カメラが壊れる心配をしなくて良いからです。

    《ダッグアウトから》

    1レース

    1着の東口善朋
    cc16939cb004510a433674c74844326c2dd06f30

    「内が空いたのを見て、そこを行かせてもらいました。雨で自分の脚がどうかというのはわかんなかったですね」

    2着の渡邉雄太

    「(山田)庸平さんが気がついたらヨコにいて、そのまま行ってたらついていったんですけどね」

    2レース

    1着の簗田一樹
    4ac32a341bb7911a3a4a2597648694f5fbc10519

    「すんなり中団取れたし、あとは自分のタイミングで行くだけでした。なんとか2人でワンツーが決まってよかったです。自分の調子は悪くはないですね」

    2着の中村浩士

    「イメージ通りの展開だったんですけど、あとは簗田君がどこから行くかなっていう感じで見てました。最後は、椎木尾(拓哉)君も稲毛(健太)君を残し気味にいたし、なんとか突っ込めてよかったです」

    3レース
    77861429851f435601f318e7cec44a662dc5d23a

    1着の原田研太朗
    023a74e1f31b4addf681069211e62ff60a3b818b

    「あの位置なら捲りか先行かなって思ってました。窓場(千加頼)君も行く気だったし、捲りになりました。でも、雨で全然見えませんでしたね。今は太田(竜馬)君の頑張りが四国に勢いを与えてくれているし、一緒に高めていきたいですね」

    2着の池田憲昭

    「いつも湊さんは3番手かためてくれて、しっかり待ってくれるし、今日は自分が待とうと思ってました。最後は、これ以上待てないというところで行かせてもらいました。今日は雨がすごくて、湊さんも雨で見づからったんだと思います」

    3着の湊聖二

    「捲り追い込みだって思ったところで、ハラケンが行ったのでうわってなりました。番手の経験が足らんですかね」

    4レース
    0dc9e02841a8590b695134d34b54305d2a175912e0dd87df893666a94cab1c351123b97cf6641586

    1着の石井貴子
    3421d00370775fef23c02fe064d87b215861bf30

    2日目のポイントの配分がえぐいし、しっかりピリッとして頑張りたいと思います。今日は自力選手も多いし、私は来たとこ、来たとこ対応していくのに精いっぱいでしたね」

    5レース
    b074c1379b3cc1bfd3b82c46e31da99ae3f0366a

    ●久しぶりのレースになった高木真備が1着に
    405758b264ddc88d62bba929683cc34b4e805286

    「もうデビュー以来の緊張でした!」

    ●佐藤水菜

    「大きいレースで何もできなないよりは、今日は行けたのでよかったです」

    6レース
    82518a1227c002e4c0607941d26515cf8eca3f80152d5e46488e63caa428da07f04ee66bd4a7bb57

    1着の長澤彩
    5dc427e24e985d24cb375410b9733be9ae02cb02

    「雨ですし、(児玉)碧衣ちゃんもきつかったと思うので、今日はラッキーとしか言いようがないですね」

    7レース
    f51cbcb81415b520fc2bbfde8b39e9a9f1bc785c

    1着の内藤秀久
    1122c992a6b9656c916a9aa904104f9acd866c78

    「内にいった時に切り替えるような動きになってしまって申し訳なかったですね。次こそ岩本(俊介)君と一緒の時はなんとかしたいです。自分の調子はいいと思います」

    8レース
    a214814b8f0d7e4563b1119741ee7fe60240646323102bb9f5346ae4d64d29ea90422651266522c5

    1着の吉田拓矢
    7327112071a5c03b330dae516113cd08f04181ed

    「宮杯の時からセッティングやシューズを変えました。今日は落ち着いて走れたのが大きいですね。差されたかと思ったけど、逃げ切れたというのは大きいですね」

    2着の木暮安由

    「吉田君が落ち着いて走ってくれたことが大きいですね」

    9レース
    13ac6411faf28c29923b1a5fe8cfd22d142f1c6d

    1着の南潤
    ec3d00597262291d5c253bedba958fccc499b072

    「小松島はちょっと中途半端だったので、今回は中途半端なレースはしないって決めてました。ワンツーが決まったことは本当によかったですね。弟も11着できているし、僕も負けてられません。踏める距離は僕の方が長いですから。それに、ちょっと中途半端なレースをしているから、帰ったら注意言えるよう、いいレースしないとですね(笑)」

    2着の村上義弘

    「潤は1レース、1レース毎に成長しているのを感じるので、楽しみですね。」

    10レース
    8013751293d5823cec53574015387807bd266f51

    1着の園田匠
    a20050c955b376587f477c60668a851b8cb5ab5d

    「滑らなければもっとスムーズに追いかけられたと思うけど、前の新山響平のことも頭をよぎって、ちょっとヤバいかなってヒヤヒヤしました。でも、その後は立て直せましたね。古性(優作)はさすがでしたね。あそこですかさずに行けるのはすごいですよね」

    2着の岡村潤

    「(近藤隆司が)行ってくれるんだったら後ろで仕事をしようと思ったけど、ああゆうレースになったら、ちょっとシビアにいかせてもらいました。でも、また次に連携する時は頑張りたいと思います」

    11レース
    97b8b36579031a0fae18e4e429dd8298ea722eed

    1着の山崎賢人
    dbd7279d504686ae399bfb71f614b665e2b7d581

    「九州の大会で1着はよかったですね。もう自分が一生懸命過ぎて、いっぱいいっぱいだったので、あとは哲男さんが上手く走ってくれました。差されたかと思ったけど、1着だったのは嬉しいですね。久留米の時よりも脚は軽いです」

    2着の渡部哲男

    「来る前は調子は不安だったけど、走ってみたらそれが払しょくされました。賢人が落ち着いて走ってくれましたね」

    12レース
    9c0ed45935b3aba005602e6754f447503a60f7db565a2997402e2ac0695ed31845fd4183891fb6f9

    1着の清水裕友
    5900e6127dd7384d3ef7191b7b5254d3b03b8951

    「太田君のおかげです。すっごいかかってましたね! あのグイグイ登っていって、すごかった。もう離れるかと思ったけど、なんとかついていきました。」

    2着の佐藤慎太郎

    「平原康多君の後ろは本当に安定感があります! いつ仕掛けるんだろうとかっていう不安は全くないですからね。平原は力を出し切れずに終わるレースとかってないんだろうな。さすがですね。今日は番手で勉強になりました」

    3着の松浦悠士

    「最後は、裕友がもっていった時にいつ戻ってくるんだろうって思って、なかなか戻ってこないから、詰めようかと思ったところで裕友が戻ってきて、そこでバック踏んでからだったので、きつかったですね。そこは番手、3番手っていう経験が少ないから難しかったですね。でも、こうやって経験していけばまたわかることもあるし、」