素早く作るには…
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

素早く作るには…

2015-08-02 08:27

    先日、1stPlaceさんがIA&ONEの新曲PVを公開しましたが、
    そのステージを作ってました。

    ちなみに在宅ワークで、担当の方以外との意思疎通は一切なしです。(そうそうたるメンツなのに、なんともったいない)

    以前にもステージづくりの仕事をやったことがあるのですが、その時の経験から
    とにかく出来うる限り作業時間を短く、ということを心がけました。それでもギリギリだったけど。(そういやモーション担当さんの労力を考えるにしても、2キャラ分だよねコレ…)

    早く作るためのメイキングいってみます。

    1.アイデア出し
    いきなり3Dで作れるわけないので、ラフを何枚か描いて提案です。

    カラーで素早く描くのにBlackInkを使いました。


    スクラッチやコンセプトアートに特化した2DCGソフトということで試してみたけど、
    円や矩形のランダム拡散+筆圧でグラデーションマップに対応した色が塗れるブラシは素晴らしい。特に自然物ざくざく描くのに効果絶大でした。すっごい早くて快適。
    他のソフトでも実装してほしい

    2.自然物のモデリング
    ラフを数枚提出して、返事も待たずに作り始めます。一案除いて無駄になるわけですが、自然物のモデリングは経験不足で、試しに立体にしてみないとつかめない部分が多いので。
    ↓試しに作った自然物



    これらはZBrushでスカルプトして、3D~coatでテクスチャで作ったわけですが、
    自然の岩とかに関してはZBrushでは作りこまず、数万ポリに抑えて(リトポもしない)、3DCで自動でUVつけてスマートマテリアルで塗りつぶしだばあ。とやります。スカルプトだけでは岩の質感を出すだけで相当な時間を費やすのが目に見えてたからです。(カメラもほとんど寄らない遠景を作るのに、な)
    岩の質感には、B2Mを使います。画像から即座にそれっぽいPBRテクスチャを作れます

    精度を必要としない質感づくりには、スカルプトより画像のほうが早い。
    まあ、MMDではPBRの恩恵はないのですが

    3.植林
    立体的に入り組んだ岩に木を植えるのは、一本一本コピペでは恐ろしい手間なのもすぐわかるでしょう。
    あーブラシで撒けたらなー
    メタセコでは、選択した頂点にオブジェクトを配置できるプラグインがあったので利用しました。

    大小の木をなるべくバランスよくランダムに、かつある程度意図した場所に配置…

    4.水





    エフェクト無し。UVモーフで滝が動く程度です。
    ここが一番きつかった。これまでの時間節約を全部消化した感じ
    ビームマンPの水エフェクトを改造できたらよかったんですがねー(;ω;)何度もトライしては頓挫してるんですよ…


    他にもいろいろありましたが、公開できるのはこんな感じです。

    今回は力及ばない部分もいっぱいありましたが、
    さらに技術を磨いて、ハデで見応えあるマップを作りたいと思いました。

    あとメールチェッカー仕事しろほんとにふざけんな


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。