• クリ奨再考

    2019-06-17 06:27
    クリエイター奨励プログラム(以下「クリ奨」)は、アイテム系他サイトの配信収益と異なり、他サイトのアイテムに相当するギフトが投げられなくてもスコアはつく。

    生放送におけるクリ奨は、おおよそ想定されるところは、ギフト及び課金広告が7割程度の還元率で、これは他サイトと比べ非常に高いと思われる。
    またギフトや課金広告がなくとも、来場数とコメント者数でスコアはつく。

    スコアの算出方法は公開されていないので、あくまでも想定されるものとして記すと、以下のようにクリ奨スコアは算出されていると思われる。

    (総来場数+コメント者数)×登録率+(ギフトポイント+課金広告ポイント)×0.7

    上記の数式に、カテゴリ別の基礎スコアやチケット広告を含む公式順位の変動、「顔出し」や「クルーズ」等の公式タグ付け、タイムシフトの利用などが関係していると思われる。

    一見他サイトと比べ、収益が得られそうなシステムであるが、「プレミアムアカウント費の一部」という分母が決まっている関係から、月初めの配信はスコアが高くつき、下旬にいくにつれて、1回の放送のスコアも低くなり、上旬・中旬の放送スコアも減少していく。
    さらに同等の放送を毎日行わないと、スコアの減少幅は広がってしまう。

    以上のような理由から、他サイト比べ必ずしも配信収益が得られるシステムとは言い切れない。

    しかし、ふわっちでは獲得ポイントの現金への交換は30000ポイントからであるのに対し、クリ奨は10000スコアからである。

    ふわっち等他サイトで大きな収益を得ている配信者は、もとはニコ生などで人気のあった配信者が中心で、ふわっち等で配信デビューしてもそうそう収益は得られない。

    アイテムの売上高はShowroomが1位、17が2位、ふわっちが3位であるが、Showroomはアイドル・モデル系配信者が多いためであろう。17についても事務所所属者が多く、過日、梅宮アンナも配信していた。

    ふわっちはShowroomや17と比べると還元率はベターなようで、一般配信者が中心である。

    しかし配信業あるいは配信でより多くの収益を得るためにはニコ生は登竜門ではあると思う。
    また中堅配信者にとっては、他サイトよりも少しでも収益を得ることが可能な場であり、過疎配信者はスコアの現金化は難しいにしても、ニコニコポイントに交換すれば1.3倍のポイントが付与され、リスナー時にギフトを贈るなどの事が可能になる。

    ニコ生配信者もタイムシフトはつけたくない、顔出しはしたくない、クルーズは来てほしくないなど色々考えがあると思う。それぞれの無理のない範囲で上記の算出目安を参考に、配信を楽しみ、少しでも収益やポイントを手にできるよう参考になれば幸甚である。




  • 広告
  • ニコニコ(く)を前に、憚りながら一般アカウントコミュニティーに関して

    2018-06-23 19:40
    予定では6月28日よりニコニコ(く)が始まる。

    よって6月28日以降に会員登録した場合、GINZAではなくニコニコ(く)が会員番号の後につくものと思われる。

    6月28日以降は、作成されるコミュニティーもプレミアム・一般ともに、ニコニコ(く)のコミュニティーとなるのだろう。
    今回の改正でどこまで変わるかは不明だが、現在のGINZAにて昨年9月から一般アカウントでも1つまでコミュニティーが作成できるようになり、プレ垢を持っていれば一般アカウントコミュニティーをフォローし、放送権限設定で自分のプレ垢を○にすれば、配信にも使用できる。

    大手の方にはまず不必要なことだが、過疎配信者の場合コミュニティーレベルが1のままで、コミュニティー解散になってしまうこともあるが、一般アカウントでコミュニティーを作成しても、プレ垢でコミュニティーを作成しても、最初はコミュニティーレベルが1になるのである。

    よって、一般アカウントで作成したコミュニティーを、自分のプレ垢でフォローするとその時点でレベルが2になる。
    逆にプレ垢で作成したコミュニティーを、一般アカウントでフォローしてもレベルは1のまま。利点はフォロワーが1人でもいれば解散にはならないというだけである。

    なのでGINZAに関していえば、過疎配信もしくはこれから配信を始めようかと思うが、リスナーから沢山フォローが得られる自信が無い場合、プレ垢だけではなく一般アカウントも取得しコミュニティーを作成して配信することをお勧めしたい。

    なおクリ奨に関しては、放送者となるプレ垢の方で登録が可能なので、一般アカウントコミュニティーで配信しても、写真付き証明書のコピーや、写真無し証明書2通の写しの提出などは不要である。

    ニコニコ(く)が始まったら、新しいプレ垢を取得し実際に試してみたい。


  • 過疎配信だからわかる新配信時代の広告効果

    2018-04-21 12:43
    ニコニコ生放送も新配信に移行し、6時間まで無料延長が可能になった。
    これまで広告ポイントに応じて、配信者に与えられていたシルチケ・ゴルチケの役割は終了した。
    では新配信時代に広告は、自分の応援する放送に閲覧者を集める効果だけであろうか。
    大手配信者ではわかりにくいと思うが、過疎配信だと新配信時代の広告の別の効果がわかりやすい。
    以下の画像を参照されたい。







    クリ奨は原則総来場者数に依存して配点される。
    しかし、【本当に「一杯のかけそば」になった放送】では来場34名コメント23で予想スコア26点。
    一方、「おじさんの懲りない過疎放送」は来場30名でコメントは0であるにも関わらず、予想スコアは2点高い28点となっている。
    総来場数で劣り、コメントも0であった放送の方が、クリ奨の予想スコアが高いのである。
    この要因は見る限り、宣伝ポイントの差によるものとしか考えられない。
    【本当に「一杯のかけそば」になった放送】は宣伝ポイント500に対し、「おじさんの懲りない過疎放送」は宣伝ポイント2000となっている。

    もちろん広告のポイントが全てスコアに加点されるわけではなく、小さな上がり幅であることは否めない。しかし大手配信者では何万もの広告ポイントを得る人も多い。そうなると来場者数と広告ポイントで、クリ奨のスコアはより高いものとなるだろう。

    新配信時代の広告には、人を集めてクリ奨が最もスコア付与に依存する、総来場数の増加に貢献するだけではなく、広告のポイント数そのものもクリ奨スコアに反映するのである。
    既に承知の配信者も多いと思うが、めったに広告されない過疎配信者はようやくそのことに気付いた。

    クリ奨のスコアを上げるには、広告のできないスマートホン配信よりもパソコンでの配信が良いという事だろう。