『Kobukuro Live Tour 2017 心 inレクザムホール・大ホール2日目』(中編・ネタバレ有り)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Kobukuro Live Tour 2017 心 inレクザムホール・大ホール2日目』(中編・ネタバレ有り)

2017-08-22 14:20
    中編です。


    危険・警告危険・警告危険・警告危険・警告危険・警告注意危険・警告危険・警告危険・警告危険・警告危険・警告


    ネタバレ全開の日記です。今後の公演に参歌されるファミさんの閲覧は、自己責任でよろしくお願いいたします。


    -MC-

    小「“Kobukuro Live Tour 2017 心 in 香川レクザムホールファイナル”へようこそ!コブクロでーーす!!ギター&コーラスの小渕健太郎です。最後まで、どうぞよろしくね!」

    黒「ヴォーカル担当の黒田俊介です。」

    小「香川には普通のツアーではホント久しぶりで、アコースティックツアーでは一度来ましたが、ツアーでは2009年のCallingツアー以来、何と8年ぶりになるんですね。みんな元気でしたか!?」

    観客「はーーい!!\(^o^)/」

    小「昨日も2000人、今日も2000人、満席の香川2Daysです。香川の人!どれぐらい居ますか!?」

    そのあと小渕くんが四国を順番に聞いていってる間に、黒田くんが何やらソワソワ。。(笑)

    黒「あー!小豆島行きたーい!!」

    小「???何や、それ。急にどうした?(汗)」

    黒「小豆島行って、オリーブオイル飲みたーい!!」

    小「飲むんかい!料理に使おうや。。と言うか、そういうのは、ちゃんとLive前に済ましておけよ。Live中に“小豆島行きたい!”とか、おかしいやろが。Live前に行ってくれば良かったやないか。」

    黒「“Live前に行けば”って、その方がおかしない?何で俺、小豆島からLive会場に直行せなアカンねん!」

    観客「(笑)。」

    小「そう言えば、今日小豆島から来てくれた人も居ますか?」

    何人かの客が「はーい!」って手を挙げる。

    黒「どうやって来るん?船?」

    観客「フェリー!!」

    黒「ん?」

    観客「フェリーー!!」

    黒「ゴメン。ちょっと何言うてるか、わかれへん。」

    小「こら!聞いといて、それはおかしいやろうが!(苦笑)。」

    黒「でもね、今日はきっと、いいLiveになりますよ。」

    小「おっ!何か有ったんですか?」

    黒「前、香川来た時に“クロワッサン餃子”食べたかったのに食べられへんかったから、今回は何としても食べたい・・・みたいな事を昨日のLiveで言うたんですよ。そしたら今日、いろんな人から山程クロワッサン餃子が差し入れで届いて!いやー、テンション上がりましたよ!」

    小「美味しいもんね(笑)。」

    クロワッサン餃子・・・テレビで何度も紹介されてるらしいんですが、恥ずかしながら知らなかった(^_^;)
    なので、ポカーンって感じで聞いてました(笑)。

    小「ここでメンバー紹介します!オンベース!ヒロオ!!オンパーカッション!ラムジー!!オンドラムス!小田原豊!!fromレベッカ!」

    ヒロオさん・ラムジーさん・小田原さんのカッコいい演奏に、飛び交うヒューヒューの声!

    黒「このカッコいい流れで、よっしーさんに行くんか(笑)。」

    小「(笑)。オンキーボード!よっしー!!」

    よっしーさん、華麗にジャスティン・ビーバーの曲を弾き語り、最後は面白フレーズで締め・・・流石です(笑)。

    黒「ジャスティン・ジージーやな(笑)。」

    小「そして、我がバンドのバンドマスターです!オンギター!福ちゃん!!」

    福ちゃんの、華麗なギターテクに場内大拍手!!

    小「そしてストリングスのメンバーです!1stバイオリン!漆原直美!!2ndバイオリン!藤縄陽子!!ビオラ!渡邉智生!!チェロ!原口梓!!」

    産休を経て戻ってきた藤縄さんに「お帰りー!」の声が飛び交ってました^^

    小「そして、お客さんでーす!!みんな、今日最初から、(リストバンドの光が)すっごい綺麗ですよ!今回はね、演出って言うんですかね?それを僕ら側から発信するだけじゃなくて、皆さんの方からも手を振っていただいたり、笑顔いっぱいで手拍子してくれたり、そしてリストバンドを買ってくれたお客さんはそれをピカピカ光らせてもらって、お客さん側からも発信してもらおうっていう、今回の試みでございます!」

    小「僕らから見れば、皆さんが居るそちら側がステージです!どうか一緒に、最高のLiveを作り上げてください!今日は最後まで、よろしくお願いします!!」

    “そちら側がステージ”って言われて、「いやいや、ステージちゃうやん!」って心の中でツッコんだのは内緒(^_^;)

    黒「あっ、皆さん。ずっと(ライトを)点けっぱなしにしてると電池切れるんで、指示が無い時は消しといてくださいね。俺、リハから点けっぱなしにしてたら、点かへんようになったあせあせ(飛び散る汗)

    電池切れのリストバンドを、前方の観客に向けてポーンと投げ入れた黒田くん。貰った人いいなぁぴかぴか(新しい)

    黒「やるわ。もう点かへんけどね(笑)。それ、あげるけど、その代り今後一切他の2人組のLiveには行ったらあかんで( ̄▽ ̄)」

    小「何で、2人組限定やねん。」

    黒「バンドとか3人組とかはええけど、他の2人組のLiveだけはアカン!」

    小「それ、、どの2人組を想定して言うてんの?(笑)」

    黒「それは、、ホラ、片方がタンバリン持ってる(笑)。」

    小「こら!特定されるやないか!」

    黒「るんるん駐車場のネコは~るんるん

    小「アカンて!(汗)」

    黒「るんるん駐車場のネコは~るんるん

    小「早よ、アクビせぇよ!先、進まれへんやないか!」

    黒&観客「(笑)。」

    小「って言うか、お前もタンバリンぐらい持てよ!昔、俺がタンバリン買うて来てお前に渡したら、1回やって、すぐに俺に返したやないか。何か俺の足にタンバリンくくりつけて。俺、ハーモニカとギターとタンバリンって、何演ってるか解らんようになるわ!(笑)」

    観客「(笑)。」

    もう~、、相変わらずの黒田くんのゆ●ネタ面白すぎるけど、毎回ヒヤヒヤするわ~(苦笑)。

    黒「って言うか、小渕さん。そんな汗かくんやったら、何で長袖着んねん。俺は半袖やのに、汗っかきのお前が長袖て、おかしいやろ!」

    小「長袖を着たいの!」

    黒「スタイリストも、毎回制汗スプレーしてくれてるけど、あれ完全に無駄ですよね(笑)。」

    小「ちゃんと毎回、スタイリストと一緒に、どの衣装が一番そのツアーで映えるか、凄い考えて選んだ服着てんねんから、そんなイジんなや!」

    黒「あっ、ごめんごめん。そうか、、お前なりにいろいろ考えて、その服にしてるんやな。そうか、、これからは、あんまりバカにせんようにしとくわ(笑)。」

    小「??バカにしてたの!?いや、毎回イジられてるとは思ってたけど、あれはバカにしてたの??」

    黒「あっ、すみません。気づいてませんでしたか?毎回、はっきりとバカにしてました(笑)。」

    観客「(笑)。」

    そんな爆笑MC(笑)から続いて始まったのは、個人的に思い入れが有りすぎる、この曲!

    5.紙飛行機

    小渕くんの喉の不調による活動休止を経て、2013年に開催された“One Song From Two Hearts ツアー”。
    あのツアーで演奏され、その時に飛ばされたハート形の紙飛行機の演出。。
    あの演出が、俺にとって最高の出会いまで演出してくれた、本当に大切な曲。
    久しぶりに聴けて、凄く嬉しかったです!

    『ときめきの風が吹いたらその気持ち折り畳んで 怖がらずに飛ばしてごらん 信じて 恋は紙飛行機 あなたの胸に届け紙飛行機』

    6.HELLO,NEW DAY

    最新シングル『心』のカップリング曲。
    かなり好きな曲なんですが、隣のお姉さんがソプラノ歌手ばりの高音でコーラス部分を熱唱していて(笑)、そっちが気になってしまいました(^_^;)

    7.SUNRISE

    さすが“アサヒもぎたてpresents”!CMソングは定番のセトリ入りですね。
    スポンサーさん大事です!!(笑)
    そして、やっぱりいい曲だなぁと、音響のいい狭いホールで聴く事によって再確認☆

    『SUNRISE 浴びる光の色が今日を創り出す STARLIGHT 海の向こう側で明日を描く星に光届ける SUNRISE FOR STARLIGHT』

    ただ、、実は少~しだけ黒田くんの声が調子が出ないなぁ、、と感じていました。
    その原因(?)は、この直後のMCの時に判明する事になります。。(笑)

    -MC-

    小「先は長いので、どうぞ座って聴いてください。」

    小渕くんの指示に従い、着席する観客一同。
    そして小渕くんがいつものように曲説を始めようとしたその時、、

    黒「ヘークション!!(激しくクシャミ)」

    小「えーっ!?」

    観客爆笑!!ステージ上でクシャミするアーティスト初めて見たww

    黒「アカン。ここ何か飛んでる。たぶん、うどん粉が飛んでるわ(笑)。」

    小「飛んでるか!」

    黒「誰~?今、手打ちしてる人(笑)。tOKi mekiの辺りから、おかしかったねん。。」

    小「(笑)。えー、、『紙飛行機』『HELLO,NEW DAY』『SUNRISE』聴いていただきました。どうもありがとう!」

    観客拍手!!
    と、、その拍手の中、スーッと黙って舞台袖に消えていく黒田くん(^_^;)
    やっぱり、うどん粉が飛んでて我慢できんかったんかな(笑)。

    小「えっ!?・・・小豆島に向かったんですかね(笑)。」

    観客「(笑)。」

    小「今頃、裏で“チーン!”って鼻かんでるんだと思います。あいつが思い切り鼻かんだら、ここに居るみんな振動でピョンって跳んでまうわ(笑)。」

    小渕くんが何とかトークで場繋ぎしてる中、黒田くん何食わぬ顔して戻ってくると、ストリングスの横にちょこんと着席(笑)。
    照れ隠しにふざけながら戻ってくるとことか、小学生男子かww

    小「ちょいちょい!笑点みたいになってるから!円楽師匠みたいになってるから!!」

    黒「ん?何か有った??」

    小「いやいや(汗)。Live中にステージから居らんようになる事って有る?(苦笑)」

    黒「裏で思い切りクシャミしたら、今日食べたうどんが鼻からビヨ~ンって出てきましたよ(笑)。」

    前方の客「汚い・・・。。」

    黒「ん?汚い??冗談やないか!そんな、いくらでっかいクシャミしても、鼻からビヨ~ンって、うどんなんか出ぇへんわ!」

    小「そうやで!ちょびっとだけ出てきたんを、ビヨ~ンってこんな長いうどんが出てきたって言うた方がオモロイやろ?」

    黒「小渕さん小渕さん、違います(苦笑)。長さの問題じゃなくて、うどん自体出てきてません(笑)。」

    小「あっ、そうなん!?(笑)」

    小「え~、、皆さん楽しんでますか?(笑)本日のLiveは、1曲目から新曲をお届けしました。『君になれ』という曲です。どうでしたか?」

    観客大拍手!!

    小「届いてますか?」

    更に大きくなる拍手!!

    小「ありがとう!こういう(シングル)ツアーでしか出来ない事。まだ世に出てない新曲を、このツアーでは何曲か歌っていきます。次の曲も、新曲になります。『夏の雫』という曲です。コブクロの曲には、今まで季節をタイトルにした曲って無かったんですが、まさに夏に始まるこのツアーでお披露目できたらいいなぁって思って、作った曲です。」

    8.夏の雫(新曲)

    スクリーンに映し出されたタイトルの“雫”という文字の“下”の部分が風鈴に変わりユラユラ。
    それに合わせて流れる風鈴の音。。
    切ない曲なんですが、2人の歌声が何とも心地いい素敵な曲でした。
    アルバムで聴ける日を楽しみにしていよう。

    後編に続きます。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。