けんりき備忘録的今更Liveレポ② 2017年9月15日 『ウカスカジー ツアー2017 ポジティ部vsグッジョ部 in BLUE LIVE 広島』(後編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

けんりき備忘録的今更Liveレポ② 2017年9月15日 『ウカスカジー ツアー2017 ポジティ部vsグッジョ部 in BLUE LIVE 広島』(後編)

2018-12-15 11:01
    後編です。


    バンドメンバーと共に大歓声で迎えられた2人。
    「桜井さーん!」「GAKUさーん!」の声が飛び交う中、いきなりあの曲の前奏が始まり場内狂喜!

    12.勝利の笑みを君と(ウカスカジー)

    今までゆったりモードで聴いてたのは何だったのかと思うぐらい、あっという間に前方はぎゅうぎゅう詰めのプチモッシュ状態で、歌って跳んで叫んで・・・とにかく熱狂!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

    ♪肩を組んで叫ぶこのミュージック♪で実際に肩を組んでピョンピョン跳ねながら歌う桜井さんとGAKUさんが、もうヤバいぐらいカッコいい!

    『高い壁だろうとも どんな相手であっても 飛び越え勝利の笑みを君と 高い壁だろうとも どんな相手であっても 奪いに行くんだゴールを日本exclamation ×2

    続いて始まったのは、これまたウカスカジーを語る上で絶対に欠かせないあの曲。

    13.手を出すな!(ウカスカジー)

    最初の♪おっおーおーおおおー おっおーおーおーおーおおおー♪で、すっかり場内は1つに顔(笑)ぴかぴか(新しい)

    手を出すな!って叫びながら、みんなで手を出しました(笑)。
    何これ楽しすぎる\(^o^)/

    超絶盛り上がった2曲が終わり、次に始まったあの名曲の前奏に、俺の心も更に踊り出すほっとした顔

    14.Anniversary(ウカスカジー)

    この曲ホント大好き!
    韻の踏み方もrapの歌詞も最高。
    Happyでピースフルな曲なのに、何だか少し切なくって、サビの桜井さんの暖かい歌声に泣きそうになる(ノд<。)゜。

    『厳しい冬は去り 今日はAnniversary 悲しかったことも思い出にしちゃうくらい 今日は笑って 笑って いたいから』

    GAKU「ヤバいね!広島!スゲェ盛り上がってんねexclamation ×2

    桜井「うん最高!」

    観客「イェーーイexclamation ×2\(^o^)/」

    桜井「そして、ここで我等がバンドアミーゴ達を紹介させていただいてよろしいでしょうか?」

    GAKU「まずはベースアミーゴ!藤谷一郎exclamation ×2ドラムアミーゴ!脇山広介exclamation ×2ギターアミーゴ!設楽博臣exclamation ×2キーボード!鍵盤アミーゴ!SUNNYexclamation ×2

    GAKU「そして、お客さーんexclamation ×2

    観客「イェーーーイexclamation ×2\(^o^)/」

    GAKU「こら!“お客さん”って呼ばれて、返事してんじゃねーよ!みんなお客さんじゃないんだからな!まさか客のつもりで来てんのかexclamation & question違うでしょ!“コーラスアミーゴ”だろexclamation & question

    観客「(笑)。」

    GAKU「みんなチケット買うのにお金払ったと思うけど、あれは入場料じゃなくて参加料なんだからな!みんなメンバーなんだぞ!解ったexclamation & question

    観客「はーーいexclamation ×2(^o^)/」

    桜井「今日みんな、どういう関係性の人と一緒に来てんだろうね?」

    GAKU「聞いてみようか?彼氏彼女と来ましたーって人!」

    おぉ、結構手が上がる。リア充ばくは・・・いや、何でもないです(笑)。

    GAKU「居るねー(笑)。じゃあ友達と来ましたーって人!家族で来ましたーって人!」

    次は“お一人様で来ましたーって人!”って聞かれると思って待ち構えてたのに、1人参戦は聞いてもらえませんでした(笑)。

    桜井「じゃあ、これから結婚する予定の相手と来ましたーって人!」

    最前列近くのカップルが手を挙げるのを見て、桜井さんもGAKUさんも「お~っ!」と嬉しそうな反応☆

    GAKU「これは凄いね!でも、今彼氏と彼女の挙手するタイミングが違ったねww」

    桜井「大丈夫?若干気持ちに温度差を感じたけどww」

    GAKU「ワハハハ!(爆)うっそ!おめでとう!みんなで祝福しよう!2人に拍手!」

    暖かい拍手に包まれる場内(^^)

    GAKU「じゃあ、そんな2人にこの曲を贈ろう!『Celebration』exclamation ×2

    15.Celebration(ウカスカジー)

    このカップル、ホント羨ましい!
    桜井さんとGAKUさんにお祝いされて歌まで歌ってもらえて・・・もう幸せになるしかないですね!ぴかぴか(新しい)

    『Celebration (Yeah Yeah) Celebration(Oh Yeah Yeah Yeah) 今日は特別な日 (今日は特別な日) この星に生まれ出会った二人に神様が微笑む日』

    GAKU「今回のツアーではね。ちょっと、普段あんまりやんない事をしたいなと思って。みんな、桜井和寿がどんな風にして曲を作るのか見てみたくない?」

    えっexclamation & questionえっ?えっ?それって、、もしかして。。
    大きくどよめく場内。みんな俺と同じ気持ちなんだろうな。

    GAKU「それから、俺はいつもrapやってるけど、rapの詞の作り方とか興味ない?今から2人で20分で1曲作ってしまおうって企画なんですけど。」

    やっぱりかーーーーexclamation ×2exclamation ×2exclamation ×2ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
    スゲェ。本当に今日来て良かったうれしい顔

    観客のあまりの喜びぶりに、桜井さんは思わず苦笑いあせあせ

    桜井「大丈夫かな。そんな感動する感じのやつとか期待しないでよ!(笑)」

    GAKU「コードとかテンポとかは、今からクジ引きで決めます!僭越ながら、わたくしが引かせていただきます!」

    GAKUさんによる厳正なるクジ引きにより、“曲調はメジャーな感じで、テンポはスローな感じ”に決定!

    桜井「スローか。。歌詞どうしよっか?」

    GAKU「広島にちなんだ歌詞とか入れよっか。何がいい?」

    観客から一斉に「カープ!」の声が上がる(^_^;)

    桜井「カープはちょっと。。(苦笑)」

    ですよね(笑)。桜井さん、よくぞ言ってくれた!
    ってか、ウカスカジーはサッカー応援ユニットなんだから、せめてここは“サンフレッチェ”とか言うべきでしょ!(^_^;)

    それでも観客の一部からは、カープを推す声が。。さすが広島ですね(苦笑)。

    GAKU「わかったわかったあせあせ(飛び散る汗)カープって“鯉”だよね?“こい”繋がりで、こっちの“こい”にしよう。」

    GAKUさんがホワイトボードに書いたのは“恋”という文字。
    GAKUさん流石!素晴らしい折衷案!ぴかぴか(新しい)

    そこから約10分。観客の穴が開くような熱い視線の中、アコギを爪弾きながら曲作りに没頭していた桜井さんがボソッとつぶやく。

    桜井「だいたい出来たかも。」

    どよめく観客。早っ!

    GAKU「うん。rapも、もうだいたいOKだよ。」

    更にどよめく観客(笑)。

    桜井「♪歯にひっかかった紅生姜が取れない~ 昨日食べた もみじおろしのせいかなぁ♪」
    桜井さん作の歌詞は、完全にふざけ切ってたけど(笑)、メロディーはこんな短時間で作っても、流石の一言!
    あっ、でもサビのメロディーが♪ドレミファソラシド♪だった事に気付き、そうなるともう歌詞が“ドレミファソラシド”しか浮かんでこないらしく(笑)、GAKUさんと協議した結果、そのまま♪ドレミファソラシド♪がサビの歌詞&タイトルになってしまいました(^_^;)

    16.ドレミファソラシド~即興ソング~

    桜井「♪ドレミファソラシド~ 僕は君に恋してる~♪」

    むりやり、まとめたな(笑)。
    でも面白かったし、曲作りする桜井さんとGAKUさんを目の前で見られるというレア体験でした!(^o^)/

    17.遠くに行くぜ~Walk this way(ウカスカジー:エアロスミスのカヴァー)
    18.HAPPY HOUR(ウカスカジー)

    タイトルまで韻を踏んでる(笑)エアロスミスのカヴァーに続いて始まったのは、遊び心満載の超ハッピーソング『HAPPY HOUR』!
    こんなに歌のお兄さんの如く可愛く踊る桜井さんが見られるのは、この曲だけ!(笑)
    間奏の時のカズダンスもお見事でしたうれしい顔
    途中からきっとラットの2人と公式マスコットのミファンダも登場し、もう盛り上がる盛り上がる右斜め上右斜め上
    生ミファンダやっぱり可愛い\(^o^)/

    ♪M~I~F~A~M~I~F~A~♪って大合唱しながら、みんなでDance Danceexclamation ×2
    ステージ上も客席も全員が最高の笑顔で歌って踊って・・・とにかく楽しかった!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

    最高にハッピーな空気の中、桜井さんが満面の笑みを浮かべながらマイクを手に取る。

    桜井「何かさ、HAPPY HOUR歌いながら、“俺いい歳して何やってんだろう?”って思うよね(笑)。」

    GAKU &観客「(笑)。」

    いえいえ、、ミスチルLiveじゃ決して見られない可愛すぎるダンスやステップを見せていただき、ご馳走さまですww

    桜井「それでは次は、この年齢にふさわしい曲をお届けします。」

    19.My Home(ウカスカジー)

    マイクスタンドを握りしめながら歌う桜井さんの表情が本当に本当に優しくて、歌声が暖かくて、胸がいっぱいになりました。。

    『思い通りにいかない日があっても こうして元気でいれんのは 戻ってくる場所 それがここにあるから あるから ドアを開ければ暖かな微笑みが待っている My home 愛すべきMy home なんて素晴らしい人生だ』

    次に始まった名曲の前奏に、思わず起こる感嘆の声。

    20.春の歌(ウカスカジー)

    元々はFM802の春のキャンペーンソングだったので、ウカスカジーとして歌うために作られた曲では無いんですが、個人的には『勝利の笑みを君と』と並ぶウカスカジーの最高傑作だと思う。
    GAKUさんのrap、桜井さんの熱く優しい歌、歌詞、メロディー、、全てが神がかってると言っていいぐらい素敵な曲ぴかぴか(新しい)

    『春風 木漏れ日 さくら舞い散る道 いくつもの出会いと別れ 握りしめて歩こう 遥か遠くに住む君に届くように さぁ風に乗って響け この春の歌』

    21.縁 JOY AMIGO(ウカスカジー)

    この曲も本当にテンション上がる、曲名そのままに楽しさいっぱいの曲。
    GAKUさんのrap、キレッキレでした(^o^)/

    GAKU「最後の曲です!“mi-chi”exclamation ×2

    22.mi-chi(ウカスカジー)

    この曲ホント大好き!
    ウカスカジーの曲は基本的に前向きな歌詞が多い(と言うか、ほぼそれのみ笑)んですが、この曲は上手くいかない事の方が圧倒的に多い俺の人生に凄くリンクして、胸に熱いモノがこみ上げてくるのです。。

    『ゴールをもっと低くして 「これで良し」としてしまえば 胸のモヤモヤに付き纏われずに過ごせるんだろうが たまに行き止まりにはまったり 壁に当たったりする この人生(みち)が好き なんか生きているって気がするんだ』

    GAKUさんと一緒に「He~y!」「Ho~!」の掛け声、めちゃ楽しかった!ぴかぴか(新しい)
    最高!

    ここて本編終了。
    アンコール編に続きます。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。