• このエントリーをはてなブックマークに追加
8月7日(木)20:30〜「篠田元一 オンライン作曲塾 第五回」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

8月7日(木)20:30〜「篠田元一 オンライン作曲塾 第五回」

2014-07-31 10:59
    講師の篠田さんが、ゆかりのあるアーティストと楽曲分析、音楽トーク、ライブ・セッションを繰り広げる「篠田元一 オンライン作曲塾」。
    第五回のゲストはロック・バンドSOPHIAや自身のバンドRayflowerで活躍するキーボーディスト、都啓一さんです!
    意外にも本番組はじめてとなるロック・キーボーディストとのトーク・セッション。今回はどのようなお話が飛び出すのでしょうか?
    放送は8月7日(木)20:30〜を予定しております。ぜひ、ご試聴よろしくお願い致します〜

    ↓入り口はコチラ
    http://live.nicovideo.jp/gate/lv188045659

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    <出演者>
    d721b4d9d806f6c8a439539a86ef3a8337c202b4

    講師:篠田元一 (Motokazu Shinoda)
    作曲家・編曲家、ピアノ/キーボーディスト
     大学在学中にピアノ/キーボードを笹路正徳に師事。自己グループにてレコード・デビューを果たしプロの道へ。その後は、自己の音楽制作事務所モトミュージックを拠点に幅広いジャンルの楽曲提供/音楽制作を手掛けている。『PIVOT』(zizo)、『Floating Colors』(日本コロムビア)、『Foresight』(COOL SOUND)と3枚のソロ・アルバムを発表。ジャズ、クラシックなどのジャンルを超えた鮮烈かつ斬新なサウンドで高い評価を得る。ピアノ/キーボーディストとしての演奏活動では、自己のユニットThprim(スプライム)<2枚のアルバム・リリース>などでのライブ活動の他、冨田勲『源氏物語交響絵巻』『イーハトーヴ交響曲』などの国内外公演においても名門オーケストラとの共演やレコーディングに参加。加えて『実践コード・ワーク』をはじめとする記録的なベスト・セラー、ロング・セラーを誇る音楽書籍も多数執筆。シンセサイザーの開発アドバイザー、音色やデモ制作など活動は多岐に渡っている。
    日本シンセサイザー・プログラマー協会理事


    849308a8f656300ca9a3edb57ad2ffd35931935b

    ゲスト:都啓一 (Keiichi Miyako)
    都 啓一(みやこ・けいいち)
    1971年10月6日、兵庫県生まれ。
    1995年、SOPHIAのキーボーディストとしてメジャーデビュー。
    バンド活動の傍ら、数多くのアーティストのプロデュース、楽曲提供、アレンジ等を手掛け、映画、舞台、ドラマ、ニュース番組等へ劇中音楽の楽曲提供も多数行う。
    2009年、ロックバンド「Rayflower」を結成。
    2010年、デビュー15周年を記念したSOPHIAの全国ツアー直前に「ろ胞性リンパ腫」が発覚。ツアー終了後、SOPHIAは活動休止となる。
    闘病生活の末、2011年寛解との診断を受け、同年8月には日本武道館にてSOPHIAとして復活ライブを成功させる。
    近年では様々なミュージシャンのライブサポートにも積極的に参加。精力的な活動を行っている。
    著書に「ガンでもくじけない ―誰かのために生きることー」がある。
    オフィシャルサイト●http://www.keiichimiyako.com/

     
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。