松尾スズキ監督「クワイエットルームにようこそ」(ネタバレ注意)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

松尾スズキ監督「クワイエットルームにようこそ」(ネタバレ注意)

2020-01-22 22:32
    すばらしかったです。
    松尾スズキ監督の映画は「ジヌよさらば~かむろば村へ~」が最初の出会いでしたが、かむろば村は途中で見るのをやめました。思えばあれは不幸な出会いだった。かむろば村は原作の漫画(いがらしみきお著)はすごくよかった(最終的なオチはよく分からなかったけど)。あの漫画はギャグもあるけどシリアスな部分が凄味だと思っていて、それを考えると映画はふざけすぎてる感じがして私はダメだった。
    でも、映画だって原作を知らずに見れば印象は違っていたと思う。多分好きになっていた。あと漫画は全部で4巻あるんですけど、それを二時間の映画に直すのは大変だろうし、制約もいろいろあったと思うわけで、それはもちろんすごい仕事だと思う。でも不幸ですね、自分は原作を知ってたわけで、もう原作で固定されてしまった。
    そういうわけで自分の中で松尾スズキは保留状態だったのですが、「クワイエットルームにようこそ」を見て、素晴らしいですね。素晴らしいと思いました。
    構成も上手い。役者も上手い。ちょっとまだ考えないと分からないところもあるけど。
    よかったです。
    このまま終わると大部分がかむろば村の話で終わってしまうので、どこがよかったかを考えてみます。

    ネタバレ注意

    とってつけたような褒めになるけど、旦那さんとケリをつけたのはよかったですね。
    すごい大きな悲しみで、ドラマとしてそこがいいですね。
    最後の自転車のやつもよかったですね。
    だからつまり上手いんですね、シナリオが。
    どのギャグが好きだったかというと、最初らへんのやつで、ゴポゴポを医者が「なにこれ?」っていうやつですかね。実はテキトーな医者という説明にもなっているけど、医者が言うのが面白かったですね。あとクワイエットルームでダンナがケツ丸出しにしてるのがよかったですね。
    役者は大竹しのぶが憎たらしくてよかったです。蒼井優もよかったですね。
    大竹しのぶは凄味がありましたね。マジで嫌なやつだったな。
    面白いアホが好きだったけど、自分は人に迷惑をかけるダメな存在で、それに気づいて旦那とケリをつけて、それでもまだ生きていくと言う。力強い話でした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。