連珠を自習しようぜ☆(^~^)<その2>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

連珠を自習しようぜ☆(^~^)<その2>

2019-06-01 17:24
    「 画像が出ねー☆ 萎えた☆」

    「 時間が経てば出るのでは☆?」




    https://twitter.com/haisaresu/status/1134653296763920384

    「 今日もネットに落ちていた詰め連珠で自習しようぜ☆?」

    「 ネットには何も落ちていない☆ 誰かが意図してアップロードしたものだぜ☆」

    「 また棒を置くの?」

    「 あっ、画像が出た☆」

    https://ch.nicovideo.jp/kifuwarabe/blomaga/ar1712929

    「 連珠の説明は前に書いたので、一度書いた説明は 省いていくぜ☆」




    「 棒四 を作れば 詰み なのだった☆
    麻雀でいう 聴牌(テンパイ)より強いから、和了(ホーラ)と言っていい☆」
    「 棒四 を作る前に邪魔されるのよ」








    「 勝ちから逆算すると、
    麻雀で言う 聴牌(テンパイ) 、
    詰将棋で言う 一手詰め(いってづ-)は、
    連珠での 三(サン)と 飛び三(ト - サン)☆」






    「 2石以上離れてるとか、
    2か所以上 切れてるとかだと 飛び三 ではないらしいぜ☆
    次 見逃されても 棒四 は作れず、まだ 飛び四 だからな☆」

    「 飛び三なら 絶対 邪魔するわね」

    「 一手詰めでなければ、
    詰め連珠 の初期局面で 三 や 飛び三 は 無い☆」

    「 逆に、一手詰め にまで迫れば
    三や 飛び三 が出てくるはずだぜ☆」



    「 わたしの独自調べでは 片側が止まっている 三連や 飛び三のことを
    眠三(ミンサン)と呼ぶらしいぜ☆」

    「 他にもパターンがあるかも知れないが、
    詰め連珠で出てくる 石が3つ並んでいる形は、 眠三 のはずだぜ☆」
    「 上図の青マスに黒が置けば、残った青マスに白が置くわよね」





    「 詰め連珠 の途中局面では 上図のように 黒石3つが直線上にあって、
    トビが2か所あるような形が ずっと現れるはずだぜ☆」

    「 詰め連珠 ではなく 四追い なのでは?」
    「 四追い 以外の詰め連珠があるのかだぜ☆?」





    「 用語が分からないので 仮置き しよう☆
    用語が分からないというのは ブログで不利だな……☆」

    「 詰め連珠は 上図の 三のようなもの を作りながら
    最後に  を作るゲームだと言える☆」

    「 三のようなもの を作りたいのだから、
    まだ 三のようなもの は無いと言える☆」

    「 三のようなもの は、 二のようなもの から作り出す☆
    だから 詰め連珠 は、
    三のようなもの を作っている間に 二のようなもの をたくさん作っていく
    ゲームだぜ☆」
    「 何言ってるか分かんない」
    「 用語が ぴっちり してないからな……☆
    思考を商売にしているところで 用語が ぴっちり してないのは
    違う文化の人間が 少ない可能性がある☆」




    「 この 二のようなもの に交差する形で 三のようなもの を
    伸ばしていけだぜ☆」

    「 初期局面に無かった石を使うのが 読み だろ☆
    どこに そんな石があるか 置いてみないと分からないぜ☆」




    「 黒とか白とか 置いていくのは 頭が しんどいので、
    とりあえず カラフル石 を置いて 五 を作っていけだぜ☆」
    「 この カラフル石 は都合の良い石で、
    あとで 白、黒 を決めることができる☆」

    「 もう 五 も置けなくなった」
    「 リクツの上で そんなはずは ないはずだが……☆」
    「 大丈夫か☆?
    リクツは よくできていても お父んのアタマが リクツ通りに動けるかどうかは
    別なんだぜ☆? 人間がボトルネック☆」




    「 おっ、置ける場所があったぜ☆」
    「 リクツより 視力が大事なんじゃない?」

    「 こんな カラフル石 で 白黒が 分かるのかだぜ☆?」

    「 まず、同じ色の石のうち、 五 と交差していない方を
    白く抜けばいい☆ やって見せよう☆」





    「 五 が ここにあると考えて……☆」





    「 使わなかった方を 白く抜く☆」

    「 まだ 赤と 橙の石が被っている☆
    同じ色のどちらかは 四 に使っているか、
    同じ色の両方 要らないかの どっちかだぜ☆」




    「 オレンジは要らないのかな☆」
    「 赤が 白抜き されてるんで、
    そもそも 置けないんじゃないの? 迷路の 行き止まりコースよ」
    「 行き止まりがあるから 迷路は 面白いもんな☆」
    「 カラフル石 を適当に置いていくだけで
    四追い は解けるものなのかだぜ☆?」
    「 置く場所が被ったり、脳内で色を覚えていられないこともあるだろ☆
    うまく行かないケースが出てきたときに また考えようぜ☆?」

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。