【デレマス】2017年が佐城雪美祝福年だった件
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【デレマス】2017年が佐城雪美祝福年だった件

2017-12-31 23:59
    

    初見の方は初めまして。
    そうでもない方はお久しぶりです。木原です。
    およそ1年ぶりくらいのブロマガ投稿です。

    どうしてこんな年の瀬にブロマガを
    投稿する気になったかって?
    私は時間の使い方がヘタなんだよ。仕方ないね。


    それでは本題に入ります。


    記事の題名にもあるように2017年は私と担当にとって
    とても重要な一年となりました。

    皆さまは「アイドルマスターシンデレラガールズ」という
    長寿のソーシャルゲームをご存知でしょうか?

    プレイヤーはプロデューサーとなり
    作中にアイドルとして登場するキャラクターを
    必要に応じた課金によってプロデュースをすることで
    輝かせていこうというとてもやりがいのあるゲームです。

    かくいう私もそんなプロデューサーの一人なわけで
    当然プロデュース対象のアイドル=「担当アイドル」との
    日々を大事に生きております。

    そして、その担当アイドルの一人である10歳の女の子

    「佐城雪美」



    そう。
    2017年は彼女にとって今までにないほど
    多くのプロデューサー(以下P表記)の目に映る機会の多い
    記念すべき一年だったのです!一年だったんだよ!!

    アイドルマスターシンデレラガールズ(以下モバマス表記)
    には総勢199名ものアイドルが登場しますが
    そのすべてを二次元キャラクターに命を吹き込んでくれる
    声優さんが演じてくれているわけではありません。
    稼働して6年にもなりますがまだまだ演じてくれる
    声優さんのいないアイドルはたくさんいるのです。

    我担当アイドル佐城雪美も声優さんのいない
    俗にいう「声なし勢」だったりします。
    理由はなんかもう色々な事情が関わってくるので
    今回は深く追求しませんが声優さんがいないということは
    派生にしてメイン(なんだそりゃ)コンテンツである
    CDデビュー(個人的にここが一番大事)や
    ライブイベントなどの催事に参加できる機会は
    必然的に無くなります。
    少ないのではなく「無い」のです。

    そんな「佐城雪美」がPたちの目に触れる機会の多かった年。
    それが2017年だったんです。

    以下その概要


    まず1月にはモバマス内において17年度最初(たしか)の
    イベント、アイドルLIVEロワイヤルのメダル報酬
    最上位景品として新規のSRカードが実装されました。
    17年最初のイベントの目玉景品というかなり幸先のいい
    スタートを切ります。


    懸命に雪かきをする姿がかわいらしい一枚。


    つづく4月にはおよそゲーム稼働から「584日ぶり」という
    氷河期を乗り越え
    「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」(以下デレステ)にて全世界待望のSSレアが新規に
    追加されました。
    デレステにおいてSSレアが実装されることは
    何らかの形で声優さんが与えられることと同義であると
    Pたちは理解していたのでこの時の衝撃は忘れられないものとなりました。
    そして爆死ないしスカウトチケットを目前に慢心していた
    雪美Pたちを絶望のズンドコに叩き落したスカウトチケット前倒し販売事件もまた忘れられない出来事となりました。

    この画像は多くの雪美Pに希望を与えた。
    しかし同時に絶望も与えた。慢心は罪だった。備えよう。



    つづく7月31日にはモバマス内においてこれまた待望の
    「水着Rカード」が実装されました。
    この日まで彼女に水着カードはありませんでした。
    他のジュニアアイドルたちのほとんどがビキニ系の水着だったにもかかわらず何とも健全なワンピースタイプの水着という
    佐城雪美のイメージに合った姿に雪美Pたちは激情に身を焦がしどうかしました。特訓後はおへそ見えたけどね。


    佐城雪美はお嬢様なので私用の水着は清楚系です。



    そして11月30日にはデレステにてモバマス内で
    実装されていたものの流用ですが新規のSレアが期間限定
    アイドルとして追加されました。
    まさか一年のうちに二度も新規雪美を追加されるとは夢にも
    思っていなかった雪美Pたちは春に続きまたも
    激情に身を焦がしどうかしました。

    冬シーズンにぴったりのイラストは多くの雪美Pたちに
    希望とやすらぎを与えてくれました。








    以上です。







    おっとそこのあなた。

    「よくわかんないけどこれだけ?」

    いま、そう思ったでしょう?
    いえいえ、「これだけ」ではないんです。
    これらの出来事はデレマスというコンテンツ内に
    おいて声なし勢にとっては破格の扱いなんですよ。

    幾多の魅力あふれるアイドルがひしめく環境から
    これだけの出番を貰った。
    これらの出来事は佐城雪美にとって
    とても重要な出来事だったんです。

    この小さなマドモアゼルを見つめ続けてきた
    全世界の雪美Pたちは確信しました(私はした)。

    2017年はまちがいなく彼女にとって
    「最良の一年」であった、と。



    ここまでいろいろ書きましたが私がとにかく一番に
    この記事を読んでくれた人に伝えたいのはただ一つ。
     


            














    佐城雪美はいいぞ――。













    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。