• このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter

ブログ・メルマガ

  • 判断要素の優先順位を考える

    親番で5巡目にテンパイ。変化も豊富な牌姿だがどうするか? 打牌選択の最終的な目的は  より良い順位を獲得すること  であり、 「打点」 とか 「待ちの良さ」 とか 「点数状況」 とか 「他家の動向」 とか 「場況」 などは、目的を達成するための判断要素に過ぎない。 ここでは 「打点」「点数状況」 を 最重要判断要素として取り上げリーチを選択する。 2番手の選択、打 テンパイ外しとは僅差だと思う。 僅差の選択時に、他の判断要素を考慮して決定する時もある。 判断要素の優先順位を考える メインの判断要素を 「待ちの良さ」 だったり 「他家の動向」 だったり 「場況」 にするのはおすすめしない。 あくまで選択Aと選択Bを比較して 僅差だと思った場合の判断要素として考えた方が良い。 例えばドラ無しの手牌だったとしよう。いくら の 「場況」 が良く見えたとしてもテンパイ外しの一手になるし  ドラ ドラ1含みでも 「打点」 に不満があるなら 打 テンパイ外しを選択することをおすすめする。 目に見えない情報よりも目に見える情報を優先せよ 場況厨、打点厨、好形厨 な...

    13時間前

    • 0 コメント
  • 点数状況判断のスキル

    麻雀5大スキルの1つ「点数状況判断」 南場に入ったから局進行重視 とか 着順落ちのリスクがある相手には放銃しない とか 自分視点中心の判断も大事ですが 他家予測も「点数状況判断」の大事な大事な要素です。 オーラス、上家からリーチが入っています。 マンガンは耐えますが、ハネマン放銃だとラスENDです。 どうしますか? 天鳳なんだから気合オリだろ!! いや、安全牌が無いから渋々押すね と考える前に、下家のリーチを 「点数状況判断」のスキルを使って予測しましょう! よーく見てください。下家の条件は何ですか? ハネマン直撃? 倍満ツモ? その可能性はありますが 打点のレンジを予測せよ 2600リーチで東家直、ツモなら1300-2600以上条件 西入狙いの可能性 も十分考えられるのではないでしょうか? 判断要素A ハネマン放銃を避ける 判断要素B 安全牌が無いから押す 判断要素C リーチの打点レンジは広い 判断要素D 着順アップ となると、判断要素B、C、Dの合わせ技で この巡目なら、やや全ツ寄りの判断になりそうです。 もしも仮に東家が34100点以上持っていたら おそらく2600程度の打点では曲げてこないでし...

    2日前

    • 0 コメント
  • 【雀魂】熱闘!王座の間! vol.11

    上図のイーシャンテン、ドラの を切るか切らざるや? 頻出のシーンですね。 みなさんも一緒に考えてみて下さい。 (牌図A) ドラ切りのメリットは? ドラ切りが早ければ早いほど 鳴かれにくく、放銃になりにくいのは間違いありません。 また、ドラを切ることによって 他家の警戒心を煽ることができるかもしれません。 つまりこの手牌で、早めのドラ切りは 失点機会を減らすことにフォーカスした選択 といえます。 しかしながらドラを鳴かれてしまうことによる 失点リスクも、無視できない程度にあると思います。 順位点の大きなルールはドラ切りも有力な選択肢 対面はドラ 切りです。雀魂は順位点が全て 素点は順位を獲得するための1つの手段 に過ぎません。 ちなみに対面がどんな手牌 (牌図B) からドラを 切ったかというと、このリャンシャンテンからでした。 競技麻雀などでポイントの累計を競う場合や 順位点が少ないルールだとドラの早切りはNGですが 雀魂ルールならドラ切りも有力な選択肢だと思います。 案外鳳凰卓や王座の間では、そこそこ強い人の ほうがドラの早切りを多用する傾向があるような気がします。 ドラの早切り...

    3日前

    • 0 コメント
  • 倦怠期の話

    今日はRMUクラウンという大会に出場してきます。 今日トーナメントを2回勝って、明日 トーナメントを2回 も勝って、明後日も トーナメントを2回勝ってようやくベスト8ですね。 先は長いですが、精一杯頑張ってきます! 今日の記事は過去記事を加筆修正したものです。 長く麻雀をプレイしていると「 倦怠期」が訪れることは誰しもあると思う。 初めて雀荘で働いた時、あれほど楽しかった麻雀も、 初めて東風戦で打った時、あれほど刺激的だった麻雀も―― 刺激によって脳は快楽を覚える。脳へのご褒美も 何度か繰り返すたびに、色あせて感じるようになってしまう。 人間は記憶を積み重ねることによって、刺激に慣れ、 また新たな刺激を求めようとする生き物なのだと思う。 ゲームに飽きるのではなく成長を実感できなくなるから飽きていく たまーに僕が配信で言ってることは梅原大吾氏のパクリです(笑) 成長を実感できる瞬間っていつだろうか? きっと多くの人は、成果が目に見えて表れたときではないかと思う。 天鳳でいえば昇段、特に自己最高段位を更新したときは、 目に見える成果として成長を実感できることもある...

    4日前

    • 0 コメント
  • 他家の行動を予測せよ

    南3局、ダブ をポンしてイーシャンテンです。 みなさんは何を切りますか? 、 、 、 が打牌候補に挙がると思います。 この中で1つだけ選んでほしくない牌があります。 それは何でしょうか? NG打牌は です。 どの選択も一長一短あるのですが―― の長所は弱要素 たぶん を選択する人は、筋で が 出やすくなることをメリットに挙げると思います。 点数状況で他家の打牌は変化する 例えばこの場合、上家の親はラス目です。 自分の河は、まだ端牌と字牌しか切られていません。 ダブ ポンとはいえ、自分を警戒して 手狭に受けることがあるでしょうか? いや、無いですね。 反語を用いて強調するくらい考えにくいと思います。 を切るくらいなら を切って 両面変化を逃さない構えにした方が良いです。 1副露は他家に評価されないもの あなたが思うほど他家は警戒せず、むしろガンガン 被せてきます。筋待ちのメリットが少ないと考えましょう。 少し点数状況を変えてみました。 この点数状況であれば、上家は自分にアガられたくない はずなので、自分を警戒して手を曲げる可能性があります。 また がドラだったりした場合も 切り筋 待ち...

    5日前

    • 0 コメント
  • 【Mリーグ】新戦力分析・U-NEXT PIRATES 鈴木優 2

    昨日の続き です。 2着目で迎えたオーラス、マンガンツモ条件です。 マンズの場況も若干良さげなので、 を打たずに を打ったほうが良さそうです。 マンガン確定でダマテンに受けます。 ここまでは良いとして ラス目である対面の仕掛けをどう見るか? ・3着とは7500点差 ・トップ目が親なので次局は無さそう この局でラス抜け条件を満たす マンガンクラスの仕掛けと予想するのが普通です。 巡目が深くなっても鈴木選手はダマテンを続行します。 テンパイした直後ならともかく、この巡目で トップ目の親からマンガン直撃があり得ると思いますか? それは舐めプなんじゃないかな? いくらなんでも相手を過小評価しすぎでしょう。 3着目の下家はマンガン放銃ができない リーチに相当押し返しにくい点数状況のはずですよね。 対面はマンガンテンパイならオリることは無い。 ハネマンの可能性は残りの素材的に相当考えにくいです。 ならばここは、どこかのタイミングで記念にリーチ。 対面からも出アガリ裏1のハネマンも合わせて逆転を狙うべき でしょう。 チートイツイーシャンテンから ドラ をポンしたシーンです。 え―― これ凄くね...

    6日前

    • 0 コメント
  • 【Mリーグ】新戦力分析・U-NEXT PIRATES 鈴木優

    今日の記事はU-NEXT PIRATES・鈴木優選手の闘牌です。 ※第11期天鳳名人戦より 上家の2着目が2副露したシーンです。 誰の目から見ても明らかなマンズの染めですね。 対してトップ目親番の鈴木選手は この巡目にイーシャンテンで をプッシュしています。 この巡目でこの牌姿、トップ目なら ピンズかマンズに手をかけてしまいそうですよね。 別に親権に固執する点数状況でもなさそうだし・・・ 下家にドラの ポンが入ったシーンです。 あの は、いつからトイツだったのか不明ですが がトイツで のブロックを 壊しているのだとしたら相当な手牌ですよね。 おそらくあの も、前巡の打 時 ターツ落としの最中に引いてきた牌だろうと予想できるはず。 下家の2副露目、かなりテンパイっぽい。 仮に下家が ポンでイーシャンテンだとしたら―― から3シャンテンで打 ポンで2シャンテン →  ポンで1シャンテン ということになる。あり得ないことはないが 考えにくいですよね。テンパイ濃厚と読むのが普通でしょう。 しかし鈴木選手はイーシャンテンで を勝負! テンパイ打牌候補の も も 下家に対して超危険牌にもかかわらずです。 最高...

    1週間前

    • 0 コメント
  • 最強戦の話

    麻雀最強戦全日本プロ代表ベスト52 同一メンバーで2半荘行い ポイント上位2名が勝ち上がりのトーナメント戦 1回戦は2着→1着 2回戦は1着→1着 と、危なげなく勝ち上がり、迎えた3回戦も 東場まで4万点を超えたトップ目で好調を維持していた。 ここで勝つとベスト8、ABEMAで代表決定戦となる。 予選はトーナメント3連勝条件 今日の2次予選もトーナメント3連勝条件 勝ち上がればベスト8で1半荘のトーナメント つまり トーナメントを7連勝 したもの同士が集まって 決勝は半荘1回のトップ獲り その勝者が最強戦ファイナルに進出できるシステムだ。 最強戦の特別予選もMリーガーが複数回 出場したり、女性限定の予選が増えてきたように思う。 我々のような2軍以下の男子プロにとって 麻雀最強戦は非常に狭き門となっているのが現状だ。 そのこと自体に全く不満はない。 むしろ機会均等、公平である必要などは感じない。 麻雀最強戦も興行なのだから、運営はより 視聴者を稼げる人材をキャスティングしていくべきだろう。 とにかく、ここまで来ること自体が僥倖中の僥倖であり このチャンスを逃せば、2度と最強戦に出ることは敵わない。 そう思いな...

    2022-09-19

    • 2 コメント
  • 特南の歩き方 牌譜添削version

    今日の牌譜添削はJさんです を切ったシーンです。 を使う構想は無い気がしますがどうでしょう? は重ねればホンイツを狙えると思います。 をポンして―― このシーンも や を 使う構想は描かないほうが良さそうです。 手は自然と入るものではなく創造するもの もう少し序盤の過ごし方は練習した方が良いでしょう。 手役を狙うというよりも、打点を意識する ということです。 を打ったシーンです。 おそらくチャンタを狙ったのだと思いますが―― 手役を狙うよりも、打点を意識する 大事な話なのでよく聞いてください。 チャンタは門前、または複数のドラ、あるいは 役牌、三色、ドラ等を複合させて初めて高くなります。 つまり打点を狙って を打ったとしたら門前狙いです。 ただテンパイを目指すだけではなく ただアガリを目指すだけではなく―― 配牌をもらったら、しっかり構想を練り 自分にとって有利になる未来予想図を描きましょう。 僕なら第1打は でチャンタは真っ先に見切ります。 打 としたシーンです。 手役を狙うよりも、打点を意識する これも大事な話なので聞いてください。 この手は ドラ2のチャンス手 じ...

    2022-09-18

    • 2 コメント
  • 未来予想図Aと未来予想図Bの比較をする

    今日の記事は過去記事転載です テンパイですがドラも何も無い 待ちも決して良いとはいえませんが―― 記念にリーチ してみましょう。マンズの場況が良さげなら話は別ですが、 今回はそうでもありません。 未来予想図の比較をせよ 未来予想図A・即リーチ 未来予想図B・ダマテン 未来予想図C・ テンパイ外し それぞれの未来予想図を比較するのです。 マイナス未来とマイナス未来の比較をするときだってあります。 頑張っても打点が狙えないようなら、その他のメリットを活かしましょう。 ピンフになったところでなぁ・・・  これも先制のメリットを活かして即リーチで良いと思います。もちろんテンパイ外しも有力です。 これはドラ1がありますね。 リーチドラ1は即リーチ  という考え方もありますが ドラ含みだとツモの価値が高まる 500-1000が1000-2000 といったように、ツモアガリで打点上昇が期待できますし、出アガリでも ドラ無しピンフとドラ1ピンフの価値も大きく違います。 というわけでここは 打点アップの未来を期待してテンパイ外し。 これはドラ無しの手牌ですが 手役が2ルート 期待 できそうで...

    2022-09-17

    • 0 コメント

生放送

動画

5:23

孤立牌優先順位の法則

再生412 コメ0 マイ0

44:10

麻雀AI「爆打」 vol.2

再生2,331 コメ3 マイ2

65:29

麻雀AI「爆打」 vol.1

再生3,150 コメ17 マイ9

54:02

進撃の天鳳 八段降段戦

再生5,643 コメ223 マイ15