• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2019/10/24
      1回も放銃していないのに負けた?

    その仕掛け、本物ですか?

    2019-10-23 15:0023時間前
    110pt
    109f285562965c3605994e7c462e03760b1dbce4
    牌譜

    上家の仕掛けは二筒:麻雀王国チー打四索:麻雀王国でした。

    43671a7e4d00192b65e7a80602462a5b53282b04

    四萬:麻雀王国手出しの後、九筒:麻雀王国ポン打西:麻雀王国です。

    563b3c1d9a1acbedfa2820c2261c60a7ef042985

    更に二筒:麻雀王国ポン打東:麻雀王国で3副露です。
    あの仕掛け、本物ですか? それとも偽物ですか?
     
  • 自分らしく打つとは?

    2019-10-22 12:005
    110pt
    自分らしい麻雀を打ちたいと思います――

    「自分らしさ」とは一体何だろうか? 

    自分が思い描く「自分らしさ」と、他人が
    イメージする「自分らしさ」は得てして違っていたりするものだ。

    1f35db4f255f55b57e9fde32a8eb8fe5192f422e

    ~黒沢咲の場合~

    「セレブ打法」という名から、優雅な手作り
    高打点志向の強い打ち手を想像する人が多いだろう。

    実際にその通りである。ただ
    「黒沢らしい」といえば聞こえは良いのだが――
     
  • 第11章 酷使

    2019-10-21 16:003
    110pt
    エピローグ

    ・第1章 お1人様でも安心
    ・第2章 鶏が先か、卵が先か
    ・第3章 アルバイト
    ・第4章 デビュー
    ・第5章 時間泥棒
    ・第6章 都会のオアシス
    ・第7章 待遇と出会いと
    ・第8章 麻雀で食う
    ・第9章 麻雀のプロ

    ・第10章 洗脳


    店長「木原、明日から夜番に行ってくれ――」

    店長にそう告げられたのは月の半ば頃だった。
    別に夜番は苦ではない。むしろ来客で慌ただしい昼番よりも

    まったりとした夜番のほうが働きやすいまである。
    大嫌いな街宣(ティッシュ配り)もやらずに済む。ただ――

    店長「出勤時間の1時間前には店に来るように――」

    という謎のミッションを課せられた。

    (え、夜番のみんなはそうしてなかったような・・・・)

    しかし新入社員の僕は抗う術を知らず
    いわれるがまま1時間前に出勤することになった。


    夜番に来て違和感を覚えたのは卓回しだった。
    来客が多い昼は積極的にスタッフが卓に入り卓数を伸ばそうとする

    夜は卓割れしたお客さ