アルファーケル・樹液ガムフレーバー(ようやくminecraftフォーラム鯖に鉄道が開設?!)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アルファーケル・樹液ガムフレーバー(ようやくminecraftフォーラム鯖に鉄道が開設?!)

2013-11-17 14:55

     いや、普通のガムフレーバー頼んだのにさ……ラインナップにないフレーバー送りつけてくるってどういうことさwww
     ……いやまぁ、たまたま気になってたフレーバーだけどさ……('A`)



     ちなみに、今回注文したところはこれで二度目の品違い発送です。ちょっと今後考えないとなぁ、いろいろ……。

     さて、このアルファーケルの「ガム・マスティック」フレーバー、タイトル通りマスティックという木(和名コショウボク)の樹液とガムのミックスフレーバーです。
     マスティックはギリシアのヒオス島に生えている木で、この樹液がいろいろと薬効があるということで古来から親しまれてきたのだそうで。しかしながらヒオス島でしか採取できないということもあり、日本ではかなりマイナーです。

     実際に吸ってみたところ、生木の香りがガツンときます。これは……好みの分かれる香りでしょうね。いかんせんいまのシーシャムーブメントは「食べ物の香り」「甘い」が主流だから、こういう非食物系の香りが受け入れられるかどうか微妙なところです。同じ非食物系でも、花のフレーバーはわりと受け入れられるんですけどね。ジャスミンとか。
     しかし口に広がる爽快さはミントフレーバーにひけをとりません。やがて吸っているうちにガムフレーバー由来の甘味がほのかに感じられるようになります。けども、あまり高頻度で煙を吸っていると、生木の香りに負けて気分が悪くなってしまいそうです。
     でも、アップルティーとの相性は抜群によかったです。伊藤園のやつを買ってきて飲みながら吸っていたのですが、リンゴの甘い香りがマスティック独特の鋭い香りを和らげてくれたというか。
     今度は、前に何箱か買ってるナハラのカラメルフレーバーとミックスして吸ってみたいと思います。ちょっと思いついたので。


     さて、遅ればせながら、11月9日、minecraft非公式日本ユーザーフォーラムマルチサーバーの新天地、第二ホームマップが開放されました。



     かねてから第二ホームマップに鉄道を敷く計画を立てていた僕は、開放されたその時から駅の整地にとりかかりました。
     そこから線路を伸ばし、もう一つの駅を作り、短いながらもようやく路線として供用できるにいたりました。




     線路はスポーン地点から東西南北四方向に敷設されている路線があったので、そのうち東側に伸びる路線に接続しています。その接続地点に設置した駅がこの「東ホームタウン」駅です。
     ここから、うちが敷設していく南方面の路線と、もう一人が現在計画を立てている北方面への路線に分かれます。しかしながら、もう一人の方は今のところ連絡がつかず、北方面への路線工事はまだ始まっていません。



     南方面への路線は途中まで複単線、つまり三本の線路を延ばす計画でいます。
     計画通りに敷設が進めば、真ん中の路線は東ホームタウン駅からノンストップで南に敷設予定の単線路線に行く快速専用線となります。
     いまのところそこまでは敷設が終わっていないので、途中までしか線路を敷いていません。
     東ホームタウン駅を東に出ると、短いトンネルを通ってひたすら真っすぐな路線を走っていきます。その先にあるのが、スポーン特別区域の南東境界付近、「区界(くざかい)湿原」駅に到着します。





     「東ホームタウン」駅とは打って変わって簡素な駅です。
     上の画像左側に伸びている階段は、スポーン区域の南東境界のガラスポール付近まで伸びています。そこから少しばかり尾根伝いに南にいくと、「区界みはらし公園」という広場になります。もとあった山を簡単に整備して作った展望台しかありませんけどね。



     展望台からはスポーン区域南側に聳える山々を超えた先に広がる平野を見渡すことが出来ます。
     本当は開放後にこのあたりが開発されるものと思っていたのですが、予想に反してまだ手つかずの状態です。でも遠からずここも大きな建物が建つようになるんじゃないかと思っています。




     そんなわけで、駅と路線、そして区界みはらし公園をDynamapに反映させました。
     第二マップで最初の鉄道路線ですね。
     「区界湿原」駅から先は、南の平野のおおよそ外縁部を通って大きく西に針路を向け、その先の湖からは単線で南西へと伸ばしていきます。「区界湿原」駅の次の駅では、また分岐を作って南への支線を作る予定でいます。こちらは将来的に南側にあるゲート都市とつなげる予定でいます。
     路線名ですが、線路を延ばす方向から「南方開拓鉄道」と名づけました。
     いまのところゲート近辺の開拓に留まっている現状ですが、うちの路線の敷設を期にゲートから遠い場所の開拓が進めばいいなぁという願いもこもっています。
     今後も水たばこをふかしながらぼちぼち敷設を進めていくので、フォーラム鯖参加者のみなさんよろしくお願いします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。