ヘイズ・サマータイム(この土日はすっかりシーシャ漬け)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヘイズ・サマータイム(この土日はすっかりシーシャ漬け)

2015-07-12 20:49
  • 2

 はい、またシーシャパイプを購入しました。



 サハラスモークの「ウェイク(WAKE)」。
 所有している同じサハラスモークのパイプと違い、こちらのボトルはほぼ透明です。刷りガラス加工されているライン部分が絶妙なアクセントを効かせています。
 このボトルは、はっきりと内部を見ることができるので、水の調整がすごく楽です。吸っている時も、中の煙の動きをダイレクトに見ることができるので、楽しいです。
 で、吸っているフレーバーはこちらになります。





 先週に引き続き購入したヘイズの「サマータイム」。
 マンゴー、パイナップルといったトロピカルフルーツのミックスフレーバーです。
 ローマンの「アイボリーコースト」と似通った味ですが、若干味を薄めたかんじの味わい。とはいえ、薄味気味な分、ローマン「アイボリーコースト」独特のゴムを燃やしたような香りのクセを抑えたかんじに仕上がっているので、ポストの地位に立つには十分だと思います。煙の量も多く、喫煙の満足感は高め。悪くないフレーバーだと思います。
 これは氷を入れて楽しみたいフレーバーですね。もう夏になると室温でボトルの水が温まっちゃって、せっかくのトロピカルな味わいも爽快感なくなっちゃうんで。






 土曜日に、国内の通販で購入したフレーバーが届きました。
 上の写真を撮った後、あれこれ買い出しをしてから大阪に向かいました。
 まずは梅田のRAS。上で紹介した「ウェイク」の購入ついでにシーシャを吸ってきました。



 高ニコチンのフレーバーブランド「ニルヴァーナ」。それからフマリのレモンミント。



 レモンミントは、この総グラス製のパイプで吸いました。Lavooというブランドのものなのですが、これ結構高額なんですよね。
 しかしながら、煙はしっかり出るし、何よりディヒューザーつけてないのに音がすごく静か。個人で使うとなるとガラス製ゆえに扱いが大変そうですが、いい仕上がりのパイプには違いありません。

 RASでシーシャを満喫した後、心斎橋のバー「旅人の家」というところに行って来ました。最近ひょっこりTwitterでフォローされたのですが、そこでもシーシャを扱っているということで、前から行ってみたいと思っていた店です。
 そしてそこでもまたシーシャ。



 MYAのティアラに、フッカーフリップ。前からどちらも知ってはいたのですが、どれも今回初体験です。ファンタジアのキューバンモヒート、スターバズのブルーミストを吸わせてもらったのですが、いずれもクリアな煙をしっかり味わうことが出来ました。
 ……が、かれこれ連続して4本もシーシャを吸っていたせいか、結果的にダウンしてしまいました。ブルーミストを吸っていた時、急に気分が悪くなり、体中から大量の汗が噴き出してきました。トイレを借りて、その後は店の座敷席で朝5時前まで寝かせてもらっていました。ほんと申し訳ない限り。
 自重しなかった結果がこれだよ! ……みなさんも吸い過ぎには気をつけて。

 今回はシーシャとビールを堪能してきましたが、「旅人の家」の本領は、旅行のコンテンツです。マスター自身も海外旅行を何度となく経験している人で、店内ではマスターのみならず、いろんな人の海外で撮って来た写真やツアー情報、はてはワールドワイドな飲みのお誘いなどで溢れかえっています。他に、日本国内のイベントポスターなどもたくさん掲示されていました。海外旅行に興味のある人ならば、シーシャを吸う吸わないにかかわらず、おすすめできるお店です。
 僕もまた行きたいなと思っています。
広告
×
ガラスシーシャのボウル部分を詳しく見てみたいのですが、どんな構造になっていますか?
61ヶ月前
×
>>1
返信遅くなってしまいました、ごめんなさい。
この時使わせてもらったガラスシーシャのボウルはファンネルボウル同様の構造だったかと思います。底から一つ穴がすこし突き出して出ているアレです。
60ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。