ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ほかの枠で四川省やってみた

    2019-11-05 17:54
    2日ぶりくらいに四川省してみた。
    スマホ操作ゆえに腱鞘炎の左手は使わないのでその点は問題ない。

    一回目6400点 二回目5400点 
    うーむまあまあな点。
    でもやっぱり1万は相当うまくやらないと難しい印象

    早く操作すると押し間違えるリスクが上がるが
    ある程度覚悟の上やらないと無難な点しか出そうにない・・



    まあ腱鞘炎治ったら、本格的に頑張る。
    PCタッチパッドからスマホに変えたので左手を直接使う必要はないので
    やろうと思えばできるのだが、腱鞘炎から来るモチベの低下やら放送疲れ
    があるので少なくとも半月くらいは休止しようと思う。
     
    てかこれ放置して治るんかな・・・ちょっと心配
  • 広告
  • 自分なりの四川省のやり方について

    2019-11-05 12:46
    私が四川省するときにまず見るのは上辺で次が下辺そして横や中といった感じ
    横や中は目についた段階で消したりするので前後することもある。

    基本は視野を広く持ち、近くにあるものを優先して消していくのだと思うが
    目についたらどうしても離れたところに飛んで消しにいってしまい、結果無駄な
    時間を消費していると思う。80秒という時間は想像以上に短く、あれよあれよと
    いう間に終わってしまう。最大限無駄を省かないと高得点を出すのは難しい。

    でこぼこに掘ってリアス式海岸みたいにしてしまってわけわからなくなることもある。
    短期記憶能力というかだいたいどこにどれがあったかぼんやりとわかることも大事だ。

    リスナーの方が優秀なためもあり、2600点やら3300点ばかりしか出せないと
    結構自己嫌悪に陥る。うまいひとはいとも簡単に15000を軽く超えるスコアを
    連発してくる。自分が下手なのが最大の原因だろうけど、正直これは厳しいなと
    思える悪い配牌が続くこともある。単純な実力だけでなく運も多少絡んでくるところも
    このゲームが人気な理由のような気がする。

    腱鞘炎の治療にまだまだかかりそうだし、配信休止中に今後のことも色々
    考えていこうと思う。治ったらまた色々頑張りたい。
  • 左手の小指と薬指および手首の腱鞘炎と放送休止

    2019-11-04 02:342
    9月の下旬ぐらいから四川省というゲームをやっている。
    麻雀牌を消すゲームだ。

    ところが単純なようで時間制限内にたくさんの牌を消し高得点を出すことができない。
    最高点はPCのタッチパッドで11100点、マウスで8000点、スマホで9200点。
    やってるわりには全然伸びない。うまい人は15000や20000というスコアを普通に
    連続で叩き出したりする。上達の伸び悩みからか配信意欲が低下し、ゲームのし過ぎで
    腱鞘炎になるという事態になってしまった。


    配信を毎日毎日ダラダラしすぎて疲れがたまって行ったのもあるとおもう。
    そこでしばらく配信休止を決めた。
    復帰後はまた四川省放送をしたいとおもう。


    そして仕事もそろそろ探さないと・・・6月から当方ニート中である。
    時間の使い方は四川省においてもリアル生活においても非常に大事で難しいものだ。
    前途多難だが頑張っていく。