QMA14(MAXIV CORD)総評
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

QMA14(MAXIV CORD)総評

2019-04-21 23:56
    前作まで各モードについて1つずつ講評を書いてたような気もしますが、筆不精ゆえ今作は
    1回でまとめてやることにします。

    今作の評価を端的に言うと、
    コナステ導入によりぼっちプレーがやりにくくなったが、時間帯やモードを選べばまだまだぼっちプレーもできるので1年を通して楽しめてプレーできました。良作。

    (1)正答率について
     ほぼドラゴン組で総合正答率約71%と前作とほぼ変わらず。

    得意ジャンルの☆5の問題を覚えるより、苦手ジャンルの☆3~4の問題を覚えるのが総合
    正答率upの一番の方法・・・と分かっている、分かっているのですがそういう対策をほぼ
    できずに終わりました。
    問題を撮るのをなるべく減らすには分かる問題を増やすことですので、デジカメの寿命を延ばすためにも次回作は、重い腰を上げて苦手ジャンルに取り組むかもしれないです。(言うだけならタダ

    (2)検定試験
     1人で黙々なモードなので、結構重宝してました。全テーマの2/3くらいは最低でも1回
    SSSを取るまでやりました。検定のBGMもコナミ検定を選んだ時に流れるBGMも良かった
    ですね。
    よくプレーしたテーマは、「法律」「アニマル」「日本の中世史」「世界地理」でした。
    次回作ではもう少しアーカイブ検定を増やしてほしいところ。

    (3)リコードアリーナ
    稼働初期に「キャラバトルでも予習ができる」という神アプデがあって、ぼっちプレーしたい
    のにトナメetcで人とマッチしてウザいなー、と感じた時に予習フル購入のキャラバトルを
    やってました。このアプデが無かったら今作の評価はもう少し下がっていたでしょう。

    内容ですが「テンプレ構成が見つかると一気につまらなくなる」と概ね自分が予想していた
    通りでした。ただ、例えば
    ①同じリコードは使用不可(1枚まで)
    ②各属性、少なくとも一定枚数以上入れる
    ③レベル1のみ使用可能
    などなど条件(縛り)を付けて、どんなデッキ構成にしようかと試行錯誤し、同じ条件で対戦もまた一興で、このモードはなかなかポテンシャルを秘めていると思うんですよね。
    リコアリを担当しているスタッフには次回作も是非、頑張っていただきたい。

    (4)店内対戦、サークル
    深夜に1時間だけ理系○×HARD縛りをやっただけでおしまい。一人で黙々とやるのが好きで
    ツイッターで募集をかけるのも、募集に乗ってあれこれやりとりが面倒、時間合わせも面倒
    なので次回作もほとんどやらないでしょう。

    (5)通常トナメ
     深夜帯に予習をフルに購入
    →招集がかかるまで、ロスタイム予習約90秒をフルに活用
    →COM8人とマッチし勝ち負けを気にせず、出てきた問題をゆっくり考えて解答

    というこの至高のモードをコナステの導入により一気にやりにくくなりました。深夜帯でも
    優勝回数+1狙える程度に普通に人と当たりましたね。ここがマイナスポイント。
    人と当たりすぎてウンザリした時はリコアリのキャラバトル、検定試験をやってました。

    (6)WANTEDトナメ
     プレーヤー、稼働している台数の減少によりフルゲートにならずCOMが入るのが日常茶飯事
    で空いた枠に強いCOMを入れるのは悪くはないですが、如何せん調整不足に感じました。
    リコアリのキャラバトルで各キャラの得意、苦手ジャンルを設定したから、次回作はCOMが
    入る時はちょっとだけ1つのジャンルが強く、ちょっとだけ1つのジャンルが弱いといった
    ような特徴のあるCOMを入れるのはどうでしょうかね。

    (7)Limitedトナメ
    約1週間前に内容を知らされて、開催までひたすら特定のサブジャンルを対策して参戦、
    そして廃プレーというスタイル。このモードが無かったら宝石賢者にはなれなかったですね。
    付け焼刃なので常日頃対策をしている人たちに普通に踏まれましたが、そこそこ善戦し、
    楽しくプレーできました。
    次回作は1ジャンル限定トナメ、1サブジャンル限定トナメに、1形式限定トナメもあればいいですね。

    (8)協力プレー
     何で稼働初期から常設しなかったのか。この一言に尽きますね。
    前作まで協力プレーをメインにやっていた人はトナメやリコアリに移行するだろうと思ったのでしょうが、それは大きな間違いで他のゲームなり趣味に移行するだけでした。
    協力プレーは予習1周に固定でおいしくないので、私は協力プレー関連のミッションをクリアする時だけプレーしてました。

    次回作は、早くて23日(火)の深夜にプレーできるかな。ただ最初は、実機でプレーする
    よりもプレーした方からの情報や感想を見る方が好きなのでもうちょっと後になるかも
    しれません。

    以上です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。